ベスト!モーニング娘。1

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
LOVEマシーン つんく つんく ダンス☆マン 7thシングル 最高1位 売上164.7万枚
抱いて HOLD ON ME! つんく つんく 前嶋康明 3rdシングル 最高1位 売上49.7万枚
恋のダンスサイト つんく つんく ダンス☆マン 8thシングル 最高2位 売上123.0万枚
サマーナイトタウン つんく つんく 前嶋康明 2ndシングル 最高4位 売上41.7万枚
ハッピーサマーウェディング つんく つんく ダンス☆マン 9thシングル 最高1位 売上99.1万枚
I WISH つんく つんく 河野伸 10thシングル 最高1位 売上65.5万枚
恋愛レボリューション21 つんく つんく ダンス☆マン 11thシングル 最高2位 売上98.6万枚
Memory 青春の光 つんく つんく 前嶋康明 4thシングル 最高2位 売上41.1万枚
真夏の光線 つんく つんく 河野伸 5thシングル 最高3位 売上23.5万枚
10 モーニングコーヒー つんく つんく 桜井鉄太郎 1stシングル 最高6位 売上20.1万枚
11 ふるさと つんく つんく 小西貴雄 6thシングル 最高6位 売上17.1万枚
12 Say Yeah!‐もっとミラクルナイト‐ つんく つんく 小西貴雄 新曲
13 DANCEするのだ! つんく つんく ダンス☆マン 3rdアルバム『3rd‐LOVEパラダイス‐』収録曲
14 Never Forget つんく つんく 小西貴雄 4thシングルC/W、2ndアルバム『セカンドモーニング』収録曲
15 愛の種 サエキけんぞう 桜井鉄太郎 桜井鉄太郎 5万枚限定インディーズ手売り販売作品、1stシングルC/W

リリースデータ

2001年1月31日 初登場1位 売上226.0万枚 Produced by つんく
15のみ桜井鉄太郎
Zetima

メンバー

中澤裕子
飯田圭織
安倍なつみ
保田圭(1〜9,11〜14)
矢口真里(1〜9,11〜14)
後藤真希(1,3,5〜7,12,13)
石川梨華(5〜7,12,13)
吉澤ひとみ(5〜7,12,13)
辻希美(5〜7,12,13)
加護亜衣(5〜7,12,13)
 
福田明日香(2,4,8,10,14,15)
石黒彩(1,2,4,8〜11,14,15)
市井紗耶香(1〜5,8,9,11,14)

モーニング娘。1stベスト盤。3枚のオリジナルアルバムの後にリリースされた。デビューは98年なのでベスト出すのはまだ早い気がするがこのグループほど特殊形態であるところも他にないし7thシングル以降大きく路線が変更されたので既に初期が「懐かしい」と感じるレベルにまで達していたので特に「早すぎ」とは感じなかった。ただ石川、吉澤、辻、加護ははじめてのアルバムがベスト盤という事に。結果的にはこの後初代リーダー中澤が脱退したので区切りのベスト盤ともなった。1度ブレイクの波もなくなりかなり厳しい状況に追い込まれながら2ndブレイクを果たした辺りのつんくのプロデュースっぷりはすさまじかった。人気も絶頂期だったためダントツの大ヒットとなり200万枚を越えた。これまでオリジナルは『LOVEマシーン』『恋のダンスサイト』の後に出た3rdアルバムですら80万程度が限界だっただけにこれはすごい。

曲順はけっこうこだわっているみたいだ。LOVEマシーン以前と以後をうまく交互に入れている。確かにリリース順に並べると後半が異様に変わりすぎ、バカすぎ、ふざけすぎ、ノリすぎとなってしまうから賢明だ。13を入れたのは何故か知らんが14は福田の脱退を受けてつんくが書き下ろし福田メイン他コーラスで歌わせた曲ということで収録されたようだ。

元々シャ乱Qロックボーカリストオーディションかなにかで平家みちよがグランプリ。シャ乱Qはたけのプロデュースでデビューするも泣かず飛ばず。一方落ちたメンバーで結成されたのがモーニング娘。である。インディーズで『愛の種』を制作して手売りで5万完売してデビューしたわけだがここまではつんくは全く関与していなかった。いざメジャーデビューということでつんくが登場しているわけである。

ベスト!モーニング娘。1

印象度★★★★★

戻る