戦国自衛隊1549

1979年に千葉真一や夏八木勲などが出演した『戦国自衛隊』のリメイク。元々原作の映画化だったが、今作ではリメイクと言っておきながらアイデアのみ流用した形でほとんどオリジナルのようだ。

03年、人工磁場発生装置の実験中に神崎二尉(鈴木京香)の判断ミスでシステムが暴走。的場一佐(鹿賀丈史)ら実験部隊は1547年の戦国時代にタイムスリップしてしまった、というところから話は始まる。

05年、過去が変えられた反動で現代では「ホール」が出現。このままでは現代はホールに飲み込まれてしまうという。同時に再び条件が整い、過去へのワープが可能な状況になったということで的場一佐らを救出するため過去へのワープを実行することになった。そこで的場の部下で部隊が解散したことで自衛隊を辞めていた鹿島(江口洋介)を連れ戻して自衛隊一行は1549年にワープ。しかし、そこでは織田信長として歴史上存在しないはずの城を築いて戦国の世に君臨している的場の姿があった…。

 

てなわけで、過去にワープしてしまった自衛隊が戦国の世を支配。それを止めるために(救出するために)、別の自衛隊が過去へ行って両者が戦うという展開。また、自衛隊が過去に飛ばされたのと入れ替わりで現代にやってきて2年間現代で過ごすという奇異な運命をたどることになった戦国武将七兵衛(北村一輝)、「歴史は自動修復する力を持っている」などという設定もおもしろく、本物の自衛隊の協力を得ただけあって映像も迫力がある。細かいことを考え出すといろいろと文句が出てくるが、何も考えずに楽しんでみればかなり楽しい映画であった。

特にこれといったメッセージ性があるわけでもないのでもうこれは楽しんだもん勝ち、気楽に見れば良い映画である。評判が悪いのは細かいとこまでいちいち考えてしまうからだと思われる。娯楽大作なんだから気楽に見ればけっこうおもしろい映画であった。

特別装備版  標準装備版 

印象度★★★★☆

戻る