ゴールデンスランバー

2010年公開。仙台で総理の凱旋パレードが行われる当日、青柳(堺雅人)は大学時代の旧友である森田(吉岡秀隆)に呼び出されて会うことに。だがどうも森田の様子がおかしい。やがて森田は恐るべき陰謀を語り、直後に総理が爆破で死亡。森田に「とにかく逃げろ」と言われた青柳はわけも分からないまま暗殺の犯人にされてしまい逃亡生活を送ることになってしまう。

基本的は国家レベル(と思われる)の陰謀で総理暗殺犯に仕立てられた主人公が、信じてくれる仲間や出会った協力者のサポートを借りて逃げるという逃亡劇だが結末は安直な予想通りの展開にはならず、最後までどう着地するのか分からなくてハラハラした。またシリアスな逃亡劇ではあるんだけど随所にコミカルな要素があるので、あまり重くなく、それでいて中身が詰まっている感じなので非常に見ごたえがあった。たださすがに原作小説の要素を詰め込みまくったみたいなのでテンポが速くて余韻が無いというか、少し物足りない感じもした。

キャスト陣もどれも魅力的。当時の恋人を演じた竹内結子が一応はヒロインということになるが、なんだかすっかり子持ちの役が定着しつつあるような…。年齢的にはまだ独身の役もバリバリやれるはずなのに、この年は月9にまで子持ち役で出ていたし、選ぶ方にもなんかそういうイメージがあるんだろうか?印象的だったのは気まぐれで青柳を助けることにした神出鬼没の通り魔殺人鬼を演じた濱田岳。

あとマスコミ報道の怖さという点もさりげなく、しかしバッチリと描かれている。意図的な犯人報道というか。配達業者に勤めていた青柳は2年前に当時の人気絶頂アイドル(貫地谷しおり)を偶然暴漢から救って一躍ヒーローになってマスコミ取材を受けて謙虚に答えていたという映像が残っていたんだけど、暗殺犯になった途端にその時の映像を流して「この時も時々人を見下したような表情を見せていましたね」などとコメンテーターは都合よく好き勝手なことを言い出して、一瞬表情がゆがんだところで映像を静止させて視聴者に印象付ける。こういう「いかにも犯人」報道は日常茶飯事で行われているが、それを見た視聴者は疑いなく信じてしまう。こんなんだから俺は基本的に報道というものを常に60%くらいしか信じないようにしているが、そこら辺をうまく描写している点も印象的だった。

DVD     Blu-ray

★★★★★

戻る