インシテミル 7日間のデス・ゲーム

2010年公開。米澤穂信の小説の映画化。ホリプロ50周年記念作品として制作され、メインキャストは全員ホリプロ所属俳優となっている。「バトル・ロワイアル」以降デスゲーム系に定評がある藤原竜也を主人公に 綾瀬はるか、石原さとみ、 阿部力、平山あや、石井正則、大野拓朗、武田真治、片平なぎさ、北大路欣也の10人がメインで、彼らが密室空間で7日間のデスゲームを繰り広げる。

小心者のフリーター結城(藤原竜也)はバイトを探している際に、須和名(綾瀬はるか)にこんなバイトがあるんだけどどう思うかと話を持ちかけられる。それは時給11万2000円の超高額バイトで1週間の心理実験とだけ内容が明かされていた。舞台となる暗鬼館に連れてこられた10名だが、部屋にはそれぞれ凶器が用意されていた。また「事件」が起きたら誰かが「探偵」となり「犯人」を名指しし、多数決で賛成を得られればボーナスポイントが入ると不穏な説明がされる。翌日、西野(石井正則)が銃殺されているのが発見され、犯人は誰なのか疑心暗鬼の壮絶なデスゲームが始まる…。

といった感じで段々メンバーが減っていくわけだけど、最初の段階で何でこの中に犯人がいると考えてしまうのかとか色々行動に無理があり、一応どうなるのか分からない緊迫感はあるが、終わり方もあっさり。振り返ってみれば事務所内の序列で出番や扱いが綺麗に並んでいる感もあり、どうにもイマイチ。それでも一応単純に犯人が1人で最後に突如サイコさん化するみたいな陳腐な展開ではなく、そこそこ色々な状況が積み重なっての顛末だったのでそれなりに面白かったけどまあ1回でいいかなといった印象だった。

インシテミル 7日間のデス・ゲーム Blu-ray & DVD プレミアムBOX (4枚組) [初回限定生産] 初回BD&DVD4枚組  インシテミル 7日間のデス・ゲーム Blu-ray & DVDセット (3枚組) BD&DVDセット3枚組  インシテミル 7日間のデス・ゲーム [DVD] DVD 

★★★☆☆

戻る