犬と私の10の約束

08年公開。「犬の十戒」を基にした映画。主人公が中学生から20代半ばまでを描いているため、前半は福田麻由子、後半は田中麗奈が演じている。家に迷い込んできた犬をソックスと名付けて飼い始めたあかり(福田麻由子)だったが、母(高島礼子)は犬の十戒を遺言として残してまもなく亡くなってしまう。ソックスのおかげで哀しみを乗り越えたあかりはやがて成長して動物園で働くようになるが、仕事が忙しく徐々にソックスへの態度が冷たくなっていく。

基本的には超サクセス。けっこう色々な事が起こり、ほろ苦いこともあるけど最終的にすべてはハッピーエンドに向かうし、登場人物が目指した夢も全て叶う。夢のような展開だが、最終的には感動できるし、変に現実感を出して独立した開業医がうまく立ちゆきませんでしたとか、ギタリストになれませんでしたとかあきらめましたとかなってもこの場合は興ざめするのでこれがいい。満足度の高い夢物語だ。

豊川悦司の父親役の好演も印象的だが、前半を好演している福田麻由子は特に印象深い。クールな役が多かったが、無邪気で明るい役どころなので眩しい限り。田中麗奈に成長するのもそっくりなので、深田恭子、広末涼子、綾瀬はるかの幼少期をやっている中でようやく1番しっくり来る役者の幼少期役が実現したかといった感じだが、そこだけ一気に時間が飛ぶので、田中麗奈になった途端に無邪気さとハツラツさが抜けてソックスにも少し冷たい感じになっているので繋がりが弱く感じるのは残念。まあ普通に大人になりましたといった感じではあるんだけど、福田麻由子がハツラツとしすぎていたのでどうにもここが1番ほろ苦かった。

犬と私のやくそくパック(3枚組 初回限定生産) [DVD] 初回盤  犬と私の10の約束[プレミアム・エディション](2枚組) [DVD] プレミアムエディション   

★★★★☆

戻る