ピクニックの準備

映画『夜のピクニック』の登場人物たちの前日の様子を描いた短編映像集。6人の監督による9話の短編が収録されており、全部で1時間ちょい。一応原作は恩田陸の『図書室の海』に収録されている短編『ピクニックの準備』の映画化だが、ほとんどがオリジナル。

おまじない
杏奈(加藤ローサ)主演。ニューヨークで手紙を書いて投函するまでのストーリー。NYまで行って撮影してきたのは凄いがわずか3分程度と最短の短さ。本編でも出番の少なかった加藤ローサは短編でも出番が少なかった…。また今作は前日の話ということだが、この話だけはここで出した手紙が、歩行祭当日より前に日本の貴子(多部未華子)に届かなくてはいけないので数日以上前の話だと思われる。監督は映画本編と同じ長澤雅彦。こういうナレーション+動きや表情だけの感覚で見せる映像作りに関してはこの監督は非常に素晴らしい。

告白
歩行祭実行委員のさくら(近野成美)と校長(田山涼成)を中心に他の実行委員らも出演。前日準備をしている中で、昔の実行委員への感謝の手紙が出て来た。それをさくらと校長がナレーションしていくのだが、その綴られている出来事をわずかな出演者達が寸劇風に再現していくという展開。どうもこういうオーバーな演劇的演出は映像で見ると微妙である。監督は渡邊孝好。

序奏
高見光一郎(柄本佑)と担任教師、藤巻(嶋田久作)主演。進路指導の様子。ロック音楽狂でロックに夢中になっている間は異常なテンションの高さを本編でも披露していた高見だが、進路指導ではテンションが低い。だが、教師の説教が段々音楽に聞こえてきて、妄想炸裂。大勢のダンサーを引き連れて「問題意識!」というラップ音楽PVに発展するトンデモ作品。嶋田久作がラッパーになりきって格好までマジでラップしているのが最高におもしろい。監督は下山天。

願い事
千秋(松田まどか)主演。片思いの男の子に渡すお守りに願いをこめてもらおうと神社へやってきたが、神主が留守でヤンキーの息子が代理だったというギャグ調の展開。本編に比べても松田まどかがとまどいまくりの表情でいい味出していておもしろい。つーか、本編より数倍かわいくなってない?監督は井坂聡。

シナリオの行方
梨香(貫地谷しほり)主演。片思いの忍(郭智博)を呼び出して、自由歩行の時に一緒に歩こうと告げるべく、公演で様々シチュエーションを予行演習する梨香。一方の忍は呼び出されて結果的に苦い目にあった過去の経験から(本編で語られる)、躊躇しまくり…という話。コメディ調の展開でやはり本編に比べて、圧倒的にいい味出している貫地谷しほり。監督は宮野雅之。やはり本編を監督した長澤監督はコメディ調の演出に圧倒的に慣れてなかったのだろう。

おかいもの
亮子(高部あい)主演。歩行祭で融(石田卓也)をターゲットにした亮子はプレゼントを買うために元カレの野球部員を呼び出す。自分のプレゼントだと舞い上がる野球部員だが…。この野球部員の失意の結末は本編で語られる。デレデレに暴走する野球部員、天然に盛り上がる亮子だが、やはり監督が長澤ではない(鶴田法男)ので突き抜けてて普通に笑える。

むりっぽい
貴子(多部未華子)主演。融とどう話しかけようか悩み、状況を想像するがうまく行かないというユーモア調の作品。監督は長澤さんということで、本編の寒いギャグシーンに比べればおかしくておもしろいのだが、やっぱどこかズレた感じもする。

ひみつ
美和子(西原亜希)主演。美和子の家が和菓子屋で店番をしていると放送部が登場。貴子と融の関係にするどく迫って質問されて困るというお話。監督は宮野雅之。普通におもしろい。本編で出せなかった美和子のおもしろい一面が見れる。

はてのない
融(石田卓也)主演。帰宅途中、前からやってくる女性が貴子(多部未華子)だったら困る、どうしたらいいんだ?と悩んでいるうちにすれ違う女性がみんな貴子に見えてしまうという話。マジメ路線なのかコメディなのかやや中途半端なところでの「おかしさ」で、案の定監督が長澤さんだった。

 

短編集はどれも「おかしさ」を狙ったものが多い。特におもしろい話はことごとく長澤監督ではないというところが、長澤監督のコメディ演出の苦手っぷりが現れている気がした。本編ほど寒くは無いんだけど他の監督さんのストーリーのはじけ方の方が圧倒的におもしろいのだ。マジメで通した『おまじない』だけはすごくいい雰囲気だけにやはりマジメな雰囲気モノを演出すれば才能を発揮するのだろう。

そういうわけで、本編を見てからこれを見るとなかなかおもしろい。本編ではちょっとしか出てこなかった場面の前準備がここで語られていたりしてもう1度本編を見たくなった。

撮影の方は本編のけっこう後だったんだろうか?なんか少し成長してたというか、女性陣が全員本編よりもかわいく映ってる気がするんだけど…。特に千秋ってあんなに多彩な表情見せてたっけ?本編では見れなかった顔も見れるのが見所であった。

   ピクニックパック 

印象度★★★★☆

戻る