下妻物語

ロリータファッション命の孤独な少女、桃子(深田恭子)と50ccのバイクに乗る暴走族のイチゴ(土屋アンナ)の友情物語。

クドカンを思わせるふざけたノリだがストーリーすら放棄してわけが分からないだけになってしまい完全に「ノリ」が中心になってしまうクドカンと違ってある程度はしっかりした地盤の上でぶっ飛んだお笑いの要素を入れているため、かなりおもしろかった。最後にはしっかりと感動(?)させるあたりもよく出来ている。実際、ロリータとヤンキーという見た目のキワモノ感に反して評論家や観客からの評判もずば抜けて高かった模様。深田恭子が嫌いじゃないなら楽しめるだろう。

ただやはりロリータファッションというやつは不思議系イメージの深田恭子でもかなりギリギリなような…。ラストでキレて目つきがキリッと変わった深キョンは個人的には本編中最も好きだけど。

脇を固める役者陣も個性派揃い。最近ぶっ飛んだ役柄ばかりの篠原涼子も相変わらずはじけてるし、宮迫もストーリーとは関係ないところでハイテンションで暴れまわってておもしろい。イチゴの先輩役で回想のみで登場した小池栄子はなかなかお似合い。ドラマ『DOLLHOUSE』では目をひんむいてでしゃばっているのが目障りでしかなく、「もうドラマには呼ばれないだろう」なんて書いてたら本当にドラマでは見なくなってしまったがこういう役ならそのまんまでいいんじゃない?

スペシャルエディション    

印象度★★★★☆

戻る