劇場版 SPEC〜天〜

12年公開。2010年秋ドラマとして放送された『SPEC〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜』、公開1週間前に放送された『SPEC〜翔〜』の続編。この時点で既に最終作「結」が構想されており、これからも話が続く形で終了する。「結」は翌年に二部作で公開された。

今作では連ドラで死亡したとされ、「翔」でも当麻(戸田恵梨香)に死者として召喚されていたはずのニノマエ(神木隆之介)が生きていたとして再登場。既に記憶操作は解かれており、自身の本名も当麻が姉であることも思い出していたが、日本の影の支配者「御前会議」メンバーたちがSPECホルダーを殲滅させようとしているからその対抗手段として新たな能力者たちと組織を結成し、御前会議に牙を剥く。

 

当麻が死者を呼び出せるSPECを復活させ、連ドラ時代の能力者たちと協力しながら敵と能力バトルを繰り広げる『SPEC〜翔〜』がけっこう娯楽作として面白かったので今作も期待していたんだけど、この作品のピークは完全に『SPEC〜翔〜』だった。今作はラスボスがニノマエで時間停止の能力を持つニノマエをいかに攻略するかという最終決戦が連ドラ最終回の繰り返しになってしまっている。さらに御前会議だ、シンプルプランだと世界観が拡大。何故か伊藤淳史が本人役で出演していたり、今作ではまだギャグを挟む余地があるのでちょいちょいギャグもあるんだけど、用済みになったキャストを特に見せ場も無くこの機会に一掃してしまったり、ワケの分からない展開へ陥っていった。

一応バックに何者かがいるというのは匂わせているんだけど、今作の段階では世界観を拡大する伏線のような単語が繰り出されるのみで何も分からないまま来る次なる壮絶な戦いの予感を示すだけで終わってしまう。それでも娯楽作品としてギリギリ面白かっただけ完結編よりはマシだったかも。

劇場版 SPEC~天~ Blu-ray プレミアム・エディションBDプレミアムエディション  劇場版 SPEC~天~ Blu-ray スタンダード・エディションBDスタンダードエディション 

劇場版 SPEC~天~ プレミアム・エディション [DVD]DVDプレミアムエディション  劇場版 SPEC~天~ スタンダード・エディション [DVD]DVDスタンダードエディション  

★★★★☆

戻る