MR.CHILDREN 1992-1995

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 君がいた夏 桜井和寿 桜井和寿 小林武史&Mr.Children 1stシングル(カット) 最高69位 売上2.2万枚
2 星になれたら 桜井和寿 桜井和寿&
寺岡呼人
小林武史&Mr.Children 2ndアルバム『KIND OF LOVE』収録曲
3 抱きしめたい 桜井和寿 桜井和寿 小林武史&Mr.Children 2ndシングル(アルバム同発) 最高56位 売上6.1万枚
4 Replay 桜井和寿 桜井和寿 小林武史&Mr.Children 3rdシングル 最高19位 売上8.8万枚
5 LOVE 桜井和寿 桜井和寿 小林武史&Mr.Children 3rdアルバム『versus』収録曲
6 my life 桜井和寿 桜井和寿 小林武史&Mr.Children 3rdアルバム『versus』収録曲
7 CROSS ROAD 桜井和寿 桜井和寿 小林武史&Mr.Children 4thシングル 最高6位 売上125.6万枚
8 innocent world 桜井和寿 桜井和寿 小林武史&Mr.Children 5thシングル 最高1位 売上193.6万枚
9 Dance Dance Dance 桜井和寿 桜井和寿&
小林武史
小林武史&Mr.Children 4thアルバム『Atomic Heart』収録曲
10 雨のち晴れ 桜井和寿 桜井和寿&
小林武史
小林武史&Mr.Children 4thアルバム『Atomic Heart』収録曲
11 Over 桜井和寿 桜井和寿 小林武史&Mr.Children 4thアルバム『Atomic Heart』収録曲
12 Tomorrow never knows 桜井和寿 桜井和寿 小林武史&Mr.Children 6thシングル 最高1位 売上276.6万枚
6thアルバム『BOLERO』収録Ver.
13 everybody goes
〜秩序のない現代にドロップキック〜
桜井和寿 桜井和寿&
小林武史
小林武史&Mr.Children 7thシングル 最高1位 売上124.0万枚
14 【es】〜Theme of es〜 桜井和寿 桜井和寿 小林武史&Mr.Children 8thシングル 最高1位 売上157.2万枚
15 シーソーゲーム〜勇敢な恋の歌〜 桜井和寿 桜井和寿 小林武史&Mr.Children 9thシングル 最高1位 売上181.2万枚

リリースデータ

2001年7月11日 初登場1位 売上239.6万枚 Produced by 小林武史&Mr.Children トイズファクトリー

メンバー

Vocal,Guitar 桜井和寿
Guitar 田原健一
Bass 中川敬輔
Drums 鈴木英哉
 
Keyboards 小林武史

Mr.Children1stベストアルバム。『1996-2000』と2枚同時発売。こちらは通常「肉」盤と呼ばれている。全盛期のオリジナルアルバムには及ばなかったが、ミリオン割れとなった『Q』から一転して再度ミリオンを達成、最終的に今作が最後の200万枚突破作品となった。「Tomorrow never knows」はベースドラムが打ち込みだったシングルバージョンでなく『BOLERO』収録のremix(生音差し替え)となっている。ブックレットにはバンドの歴史、1曲ごとの解説、バイオグラフィーが記載されている。ライナーに記載されたチャート順位はオリコンのものを使用しており1番最初にもオリコンだと明記してあるが、売上枚数はかなり水増しされて記載されている。また初回生産の時点でバイオグラフィー部分の訂正用紙が封入されていたが、それ以上に歌詞の誤植が複数ある。

この時期の代表曲、人気曲をしっかり抑えてあるので初心者必携。この時期の名曲と呼ばれている曲はほぼ入っているので初期ミスチルはひとまず今作を聞いておけば間違いない内容だ。出し惜しみせずアルバムからの名曲もしっかり収録している印象。後に見られるような重さは無く、さわやかでポップな曲が並んでいる。一方でやや『Atomic Heart』からの選曲に偏っているのは気になるところで、もう少しバランス良く選出しても良かったような気もする。

『1/42』に続いて今作もブックレットの糊付けが非常に甘い仕様で、数年でペリペリとはがれてきてしまい、バラバラになってしまった。以前中古屋で紙質が異なり剥がれにくいようになっているものを見たことがあるので、恐らく後に生産されたものでは紙質を変更して改良したものと思われる。

Mr.Children 1992-1995

印象度★★★★★

戻れ