七音

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
灼熱の花 七緒香 松本孝弘 松本孝弘&徳永暁人  
Fake my mind 七緒香 松本孝弘 松本孝弘&徳永暁人  
七緒香 松本孝弘 松本孝弘&徳永暁人  
いーんじゃない!! 七緒香 松本孝弘 松本孝弘&徳永暁人 2ndシングル 最高34位 売上1.6万枚
アノヒト 七緒香 松本孝弘 松本孝弘&徳永暁人 3rdシングル『ミネラル』C/W
夢の翼 七緒香 松本孝弘 松本孝弘&徳永暁人  
恋は舞い降りた 七緒香 松本孝弘 松本孝弘&徳永暁人 1stシングル 最高22位 売上8.8万枚

リリースデータ

1998年1月28日 初登場14位 売上7.4万枚 ZAIN RECORDS

七緒香1stアルバム。B'z松本孝弘が全面的にプロデュースを担当する新人として大々的にデビュー。ギターも全て松本が手がけている。3rdシングル『ミネラル』はアニメ「中華一番!」EDとなっていたが、収録されていない。次回作にも収録されなかったのでアルバム未収録となった(コンピ盤『It's TV SHOW!!』にのみ収録)。全7曲は自身の名前とかけている。今作を最後にDEENと一緒にBMGに設立したビーイングレーベルのBERGへ移籍。移籍後は自身が作詞作曲を手がけ、PAMELAH小澤正澄が編曲を担当。しかし100位以内に入れなくなり、シングル2枚、アルバム1枚をリリースし、00年を最後に凍結フェードアウトしてしまった。

恐らくは織田哲郎がエイベックスから相川七瀬をデビューさせたので、キレたビーイングが似たようなロック系の女性ミュージシャンというコンセプト、しかももっとキャッチーに売れ線狙いで対抗して出してきたのだと思う。B'z松本プロデュースという割にイマイチ話題にならず、ブレイクできずに消えてしまったわけだがクオリティは高い。エネルギッシュな歌声と、適度にギターがロックしながらもキャッチーなサウンドはこの時期より少し前のポップとロックの融合が抜群だった頃のB'zを髣髴とさせる。これだけ売れる要素全開で、楽曲も申し分なかったのにブレイクできなかったのは謎だ。当時ビーイング勢が一斉に飽きられて厳しい状態だったのも影響したか?

七音

印象度★★★★☆

戻る