VISION(初回盤)

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 未来航路 蒼山幸子 沙田瑞紀&蒼山幸子 ねごと  
2 黄昏のラプソディ 蒼山幸子 蒼山幸子 ねごと&渡辺シュンスケ 8thシングル両A面曲
3 endless 蒼山幸子 蒼山幸子&沙田瑞紀 ねごと  
4 エイリアンエステート 蒼山幸子 沙田瑞紀&蒼山幸子 ねごと  
5 シンクロマニカ ねごと ねごと 江口亮 7thシングル 最高30位 売上0.67万枚
6 コーラルブルー 蒼山幸子 沙田瑞紀&蒼山幸子 ねごと  
7 GREAT CITY KIDS 蒼山幸子 沙田瑞紀&蒼山幸子 ねごと  
8 透明な魚 澤村小夜子 沙田瑞紀&澤村小夜子 ねごと  
9 真夜中のアンセム 蒼山幸子 ねごと ねごと&河野圭 2ndミニアルバム『“Z”OOM』収録曲
10 ドリーミードライバー 藤咲佑 沙田瑞紀&澤村小夜子 ねごと  
11 アンモナイト! 蒼山幸子 蒼山幸子 ねごと&渡辺シュンスケ 8thシングル 最高38位 売上0.25万枚
12 Time machine 蒼山幸子 蒼山幸子&沙田瑞紀 ねごと  
13 憧憬 蒼山幸子 蒼山幸子&沙田瑞紀 ねごと  

 

初回盤DVD
ねごと presents
「お口ポカーン!!“Z”OOM in Z day」
LIVE at EX THEATER ROPPONGI
No タイトル 備考
1 メルシールー 限定シングル『メルシールーe.p.』1曲目
2   MC
3 彗星シロップ 1stシングルC/W
4 M.Y.D. 2ndミニアルバム『“Z”OOM』収録曲
5 nameless 4thシングル
6 そして、夜明け 2ndアルバム『5』収録曲
7 2ndアルバム『5』収録曲
8 B.B.B 6thシングル『たしかなうた』C/W
9 ループ 1stミニアルバム『Hello! “Z”』収録曲
10 カロン 1stシングル
11   MC
12   MC
13 勲章 2ndミニアルバム『“Z”OOM』収録曲
14   MC
15 sharp# 2ndシングル

リリースデータ

2015年3月4日 初登場28位 売上0.5万枚 Total Produce:ねごと Ki/oon Records

メンバー

Vocal,Keyboard 蒼山幸子
Guitar 沙田瑞紀
Bass 藤咲佑
Drums 澤村小夜子

ねごと3rdアルバム。ミニアルバム『“Z”OOM』を挟んで2年ぶりのフルアルバム。間にリリースされた2シングル3曲とミニアルバム『“Z”OOM』のリード曲だった「真夜中のアンセム」を収録。アルバムのリード曲は「endless」MVも制作された。前作で1度バンド名義になった作詞作曲が再び各個人名義に戻っている。今作は作詞はそのまま作詞した人だが、連名になっている作曲は沙田瑞紀が先になっている曲は先に沙田瑞紀が作っていたトラックに後からメロディーをつけたもの、沙田瑞紀の名前が後ろになっている場合はその逆とのこと。初回盤は2014年7月20日にEX THEATER ROPPONGIで行われた「お口ポカーン!!“Z”OOM in Z day」から11曲のライブ映像を収録。またデジパック仕様となっている。

2ndアルバムの頃はかなり迷いがあったとされているが、「シンクロマニカ」以降前作を挟んで迷いの時期を抜けて自分たちらしさを獲得したとされている。アルバムタイトルもそういった状況からつけられたようだし、シングルまではサウンドプロデューサーの手を借りていたもののアルバム全体としては初のセルフプロデュースになるなどバンドの底力はかなり上がっている事が伺え、実際アルバム全体の勢いがこれまでよりも格段に上がっている。元々キーボードを生かしたサウンドはかなり個性的で面白かったんだけど、前2作のフルアルバムは序盤にシングル曲など強めの楽曲を集中させてしまい、後半の印象が薄くなってしまうというのが気になっていた。今作は自信作というだけあって最後まで飽きさせずに聞かせる。迷いを抜けたとのことでさらなるねごとサウンドを確立するであろう次回作以降が早くも楽しみだが、少なくとも現時点では余裕の最高傑作

あとガールズバンドの括りでどうしても比較されがちだけど、元々ねごとってガールズバンドの括りの中に入らない感じはしていて(男とか女とかあんまり気にしてないという発言もデビュー当初からしていたし)、今作でよりそれがハッキリしたような気もする。

初回盤はライブDVD付属。以前の単独ライブDVDではやや半円状になるような4人の配置でボーカル蒼山幸子は右隅に配置されていたが、ボーカル蒼山幸子を中央に配置するように変更したようで、このライブより前のシングル「アンモナイト!/黄昏のラプソディ」初回盤DVDのライブ映像でもそうなっていた。明らかにメンバーの演奏もパフォーマンスも向上しており、何気なく購入した今作だったが、このDVDを見て一気にねごとがマイブレイクした。ねごとはスピッツやLUNKHEADのようにベースが1番動き回るというタイプのバンドらしく、藤咲佑が楽しそうに動き回っているのが印象的。あまりに盛り上がりすぎて「カロン」終盤では機材に引っかかってそのままひっくり返るというハプニングもそのまま収録されている。この部分は特に必見。

唯一残念のは相変わらずのソニー系列クオリティで、DVDにメニュー画面が無い。特典DVDでのメニュー画面作成をサボるというのがソニーの伝統芸としてすっかり完成されちゃってる気がするけど、そんなに手間なのか、"特典"と"単独DVD"との差別化を図っているのか…。

VISION(初回生産限定盤)(DVD付)初回盤DVD付  VISION通常盤  

印象度★★★★★

戻る