ニコ タッチズ ザ ウォールズ ノ ベスト

No タイトル 作詞 作曲 Produce 備考
1 ローハイド 光村龍哉 光村龍哉 NICO Touches the Walls&岡野ハジメ 新曲 14thシングル(カット) 最高21位 売上0.5万枚
2 ニワカ雨ニモ負ケズ 光村龍哉,
対馬祥太郎
光村龍哉 NICO Touches the Walls&岡野ハジメ 13thシングル 最高13位 売上1.3万枚
3 Mr.ECHO 光村龍哉 光村龍哉 NICO Touches the Walls&浅野尚志 12thシングル 最高19位 売上0.7万枚
4 夏の大三角形 光村龍哉 光村龍哉 NICO Touches the Walls&岡野ハジメ 10thシングル 最高16位 売上1.3万枚
5 手をたたけ 光村龍哉 光村龍哉 NICO Touches the Walls&岡野ハジメ 9thシングル 最高15位 売上1.9万枚
6 バイシクル 光村龍哉 光村龍哉 NICO Touches the Walls&岡野ハジメ 4thアルバム『HUMANIA』収録曲
7 Diver 光村龍哉 光村龍哉 NICO Touches the Walls&岡野ハジメ 8thシングル 最高7位 売上1.1万枚
8 妄想隊員A 光村龍哉 光村龍哉 NICO Touches the Walls&岡野ハジメ 3rdアルバム『PASSENGER』収録曲
9 マトリョーシカ 光村龍哉 坂倉心悟 NICO Touches the Walls 3rdアルバム『PASSENGER』収録曲
10 N極とN極 光村龍哉 光村龍哉 NICO Touches the Walls&亀田誠治 2ndアルバム『オーロラ』収録曲
11 かけら〜総べての想いたちへ〜 光村龍哉 光村龍哉 NICO Touches the Walls&亀田誠治 6thシングル 最高26位 売上0.6万枚
12 ホログラム 光村龍哉 光村龍哉 NICO Touches the Walls&亀田誠治 5thシングル 最高11位 売上2.3万枚
13 THE BUNGY 光村龍哉 光村龍哉 NICO Touches the Walls&岡野ハジメ 2ndシングル 最高49位 売上0.3万枚
14 Broken Youth 光村龍哉 光村龍哉 NICO Touches the Walls&岡野ハジメ 3rdシングル 最高35位 売上0.6万枚
アルバムバージョン
15 梨の花 光村龍哉 光村龍哉 NICO Touches the Walls&AIR メジャーデビューミニアルバム『How are you?』収録Ver.
2ndインディーズミニアルバム『Runova x handover』収録曲
16 image training-2014- 光村龍哉 光村龍哉 NICO Touches the Walls 1stインディーズミニアルバム『Wall Is Beginning』収録曲 リメイク
メジャーデビューミニアルバム『How are you?』でもリメイクしており、2度目のリメイク
17 パンドーラ NICO touches The Walls NICO Touches the Walls&浅野尚志 新曲

Words produce:いしわたり淳治(4,6)
Sound & Words produce:いしわたり淳治(9)

リリースデータ

2014年2月5日 初登場5位 売上2.1万枚(300位集計) Ki/oon Records

メンバー

Vocal,Guitar 光村龍哉
Guitar 古村大介
Bass 坂倉心悟
Drums 対馬祥太郎

NICO Touches the Walls初のベストアルバム。07年のメジャーデビュー以降のシングル13枚、ミニアルバム1枚、アルバム5枚から選曲された15曲に加えて新曲2曲を収録している。5thアルバム以降のシングルである「ニワカ雨ニモ負ケズ」はアルバム初収録。「image training」はリメイクされている(2度目のリメイク)。また2曲の新曲のうち「ローハイド」は1ヶ月後にシングルカットされた。未収録になったシングルは1st「夜の果て」、4th「ビッグフット」、7th「サドンデスゲーム」、11th「夢一号」の4曲。基本的には新しい曲から古い曲へ遡る収録順になっている。初回盤は1stインディーズミニアルバム『Wall Is Beginning』のスタジオライブ映像を収録したDVD付。

バンド名とボーカルの声質が若干ミスチル桜井に似ている事と「手をたたけ」が出た時にやたらポップで売りに走った曲を出してきたなという印象だけしか残っていなかったがベスト盤ということで手に取ってみた。調べてみたら85年生まれという同い年のバンドで、さらにギターの古村の生年月日は全く同じだった(85年3月1日)ので非常に親近感が…。この世代のバンドの宿命としては、CD市場の変化に伴い、アニメタイアップが来れば多少売上が伸びてトップ10にも入れるが、なんとか掴んだ数万人のファン以外にも知られるようないわゆる昔ながらの"ヒット曲"らしいヒット曲が出せず、90年代〜00年代半ばまでにヒット曲を残し認知度を上げたバンドからその座を奪って時代を塗り替えていくことができず、ネクストブレイクとか若手扱いのまま気がつけばAround 30's Worldというのが現状。時代がこれまで通りに回っていれば、2010年前後のトップ付近を走るロックバンドとして活躍することもできたんじゃないかというくらいに適度にロックでかっこよさもあり、ポップでキャッチーな面も備えたバンドだと思う。逆時系列になっているので、前半の方がポップとロックのバランスが良くて耳に残る曲が多い。後半になるにつれて前半ほどの良さが感じられなくなっていくが、これはむしろバンドが進化してどんどん良くなっていったということだろう。やたらポップに振り切った「手をたたけ」が1つのターニングポイントのようだけど、1番良かったのは新曲の「ローハイド」。「手をたたけ」もポップでいい曲だけど、この路線に完全変貌していたら恐らく新規ファンはつかないわ、固定ファンは逃げるわで大変な事になっていたんじゃないかと思う。そこで挑戦したポップ性も生かした上でちょうどいいバランスでまとまったのが「ローハイド」だと思う。今作を聞いてこれまでの作品をもっと聞いてみたいというよりは、これからのこのバンドが生み出していく作品に興味を持った。この先に興味が持てたベスト盤ってけっこう珍しかったかも。

ニコ タッチズ ザ ウォールズ ノ ベスト(初回生産限定盤)(DVD付)初回盤DVD付  ニコ タッチズ ザ ウォールズ ノ ベスト通常盤 

印象度★★★★☆

戻る