世界の中心は大阪や〜なんば自治区〜(Type-N)

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 イビサガール 秋元康 フジノタカフミ 生田真心 先行配信限定シングル 初CD化
2 僕らのユリイカ 秋元康 高田暁 生田真心 7thシングル 最高1位 売上55.9万枚
3 カモネギックス 秋元康 井上ヨシマサ 井上ヨシマサ 8thシングル 最高1位 売上50.9万枚 
4 高嶺の林檎 秋元康 田中俊亮 武藤星児 9thシングル 最高1位 売上45.1万枚
5 "生徒手帳の写真は気に入っていない"の法則 秋元康 石井健太郎 石井健太郎  
6 電車を降りる/Team N 秋元康 渡辺淳 渡辺淳  
7 奥歯/白組 秋元康 山本加津彦 清水哲平 7thシングルType-A、劇場盤のみC/W
8 どしゃぶりの青春の中で/白組 秋元康 渡邉シンジ 生田真心 8thシングルType-A、劇場盤のみC/W
9 プロムの恋人/白組 秋元康 小澤正澄 若田部誠 9thシングルType-A、劇場盤のみC/W
10 抱きしめたいけど 秋元康 in the Tz 野中"まさ"雄一  
11 一週間、全部が月曜日ならいいのに… 秋元康 高見沢俊彦 生田真心 9thシングルType-A,B,CのみC/W
12 サングラスと打ち明け話 秋元康 KOUTAPAI 武藤星児 8thシングルType-A,B,CのみC/W
13 時間は語り始める 秋元康 フジノタカフミ 野中"まさ"雄一 8thシングル劇場盤のみC/W
14 カモネギックス<Remo-Con Remix> 秋元康 井上ヨシマサ   8thシングル リミックス
15 君と出会って僕は変わった 秋元康 中野ゆう 若田部誠 AKB48 34thシングル『鈴懸(略)』Type-NのみC/W
AKB48のカバーではなくNMB48名義でAKB48のC/Wに収録されていた曲

黄色=Type-Nのみ収録

DISC-2 DVD
No タイトル 備考
全種共通
1 イビサガール(ミュージックビデオ) MV
2 イビサガール(ミュージックビデオ ダンシングバージョン) 別映像のMV
Type-Nのみ
3 電車を降りる/Team N(ミュージックビデオ) MV
全種共通
4 イビサガール特典映像〜小谷里歩がスカイダイビングに挑戦!〜 MVにも出てきた小谷のダイビングシーンの撮影ドキュメント
Type-Nのみ
5 「ここにだって天使はいる」公演/Team N-2014.3.25- 当時のTeam Nによる劇場公演丸々1本
No タイトル 備考
1 overtune(NMB48 ver.) エヌ!エム!ビィ!フォリエーーイッ!のやつ
2 青い月が見てるから  
3 Radio name  
4 ここにだって天使はいる  
5 カトレアの花を見る度に思い出す  
6   メンバー挨拶MC
7 夢のdead body  
8 何度も狙え!  
9 おNEWの上履き  
10 この世界が雪の中に埋もれる前に  
11 ジッパー  
12 初めての星  
13 100年先でも  
14 リボンなんて似合わない  
15 ドガとバレリーナ  
16   金子支配人MCとアンコール
17 情熱ハイウェイ  
18 少し苦い人生相談  
19 不毛の土地を満開に…  

20
21
22
NMB48メドレー
M-1.高嶺の林檎
M-2.北川謙二
M-3.青春のラップタイム
 
23   MC

 

DISC-3 DVD
全てType-Nのみ
No タイトル 備考
1 NMB48リクエストアワーセットリストベスト50 2014(50位〜34位)
50位 恋愛被害届け
49位 純愛のクレッシェンド
48位 渚のCHERRY
47位 三日月の背中
46位 プロムの恋人
45位 どしゃぶりの青春の中で
44位 春が来るまで
43位 初めての星
42位 なめくじハート
41位 最後のカタルシス
40位 ここにだって天使はいる
39位 北川謙二
38位 カモネギックス
37位 オーマイガー!
36位 ナギイチ
35位 嘘の天秤
34位 届かなそうで届くもの
ライブ映像
2 特典映像1 おしゃべり組2<前編> 門脇佳奈子、川上礼奈、岸野里香、木下春奈、小谷里歩、中野麗来、室加奈子によるトーク映像
3 特典映像2 はじめてのぶらり1人旅<太田夢莉編> 太田夢莉の旅映像

リリースデータ

2014年8月13日 初登場1位 売上39.9万枚 Total Produce:秋元康 laugh out loud! records(よしもとアール・アンド・シー)

メンバー(2014年7月末時点在籍者のみ、各楽曲歌唱メンバーは楽曲名にカーソルを合わせると表示されます)

Team N 太田夢莉、柏木由紀(AKB48兼任)、加藤夕夏、岸野里香、河野早紀、古賀成美、小谷里歩、上西恵、須藤凛々花、
西村愛華、村重杏奈(HKT48兼任)、室加奈子、山内つばさ、山岸奈津美、山口夕輝、山本彩、吉田朱里
Team M 東由樹、石塚朱莉、沖田彩華、川上礼奈、木下百花、久代梨奈、近藤里奈、白間美瑠、高野祐衣、武井紗良、
谷川愛梨、藤江れいな(元AKB48)、三浦亜莉沙、三田麻央、村上文香、村瀬紗英、矢倉楓子、山田菜々
Team B 井尻晏菜、磯佳奈江、市川美織(元AKB48)、植田碧麗、梅田彩佳(元AKB48)、門脇佳奈子、上枝恵美加、
川上千尋、木下春奈、日下このみ、黒川葉月、渋谷凪咲、高柳明音(SKE48兼任)、内木志、林萌々香、薮下柊、渡辺美優紀
研究生 明石奈津子、石田優美、鵜野みずき、大段舞依、城恵理子、照井穂乃佳、中野麗来、西澤瑠莉奈、松岡知穂、松村芽久未、森田彩花、山尾梨奈

NMB48、2ndアルバム。当初「イビサガール」をシングルとして夏頃発売予定としていたが、AKB48握手会襲撃事件後の6月にアルバムとして発売する事に変更された。「イビサガール」は5月に初披露、6月に先行配信という形で配信限定シングルとなった。前作以降の3シングル全種全楽曲に加えて、AKB48のじゃんけん選抜シングルC/Wに収録した「君と出会って僕は変わった」と既発曲は全て4種に分散収録されている。シングル「イビサガール」のC/W予定曲、そして各MV、特典映像は既に制作されていたようで、CD/DVDの各Typeに分散収録されている。シングル「イビサガール」のC/Wは「"生徒手帳の写真は気に入っていない"の法則」が全種共通C/W、6曲目が全種異なるチーム曲という予定だったと思われ、今作の10曲目のみがアルバム用に用意しした新曲(劇場盤除く)と思われる。4種で6〜10曲目の収録曲が全て異なるが、劇場盤は10曲目に当たる新曲が無く、全14曲と他3種より1曲少ない。通常盤Type-N,M,Bは全てDVD2枚付属。共通しているのは「イビサガール」MV2種とメイキングのみで、それ以外は全て内容が異なる。劇場盤が売上の大半であり、O社では初動32.5万枚を記録したが、劇場盤抜きのサウンドスキャンでは3種合計で初動10.1万枚だった(1〜3位を独占)。

4種をまとめると、シングルA面3曲(共通)、C/W全楽曲(ほぼ分散、共通少しあり)+シングル「イビサガール」として制作した6曲(2曲共通、4曲分散)+新曲3曲(分散)+カモリミックス(共通)。新曲が9曲(+リミックス)もあるので前作より多いんだけど、全種に分散されているというのは前作より悪化している(前作は劇場盤のみの新曲は無かった)。楽曲だけ集めたいリスナーには悪夢のような仕様で、大半の人があきらめるんじゃないかと思うんだけど、個人的にもとっくにあきらめて、適当にType-Nだけを入手。ところがシングル3作のうち2作でType-Aを選択していたため、このType-NにはシングルType-AのC/W曲が集中しており、何か聞いたことあるような曲が多くなってしまった!

例によってド頭でシングルを放出。冒頭4曲はどれもいい感じ。後は文字通りにC/Wナンバーが続く。どれも量産型AKB系列アイドルポップナンバーという感じで、聞いている間はどれもそれなりにいいんだけど、どれが好きだったか聞かれると特に…という感じ。シングル表題曲はどのTypeを選んでも入手できるので、前作と合わせてシングル表題曲だけ手っ取り早く聞きたい表題曲回収目的のリスナーにはお勧め。アルバム作品としてはこれまでの系列アルバム同様に通して聞くことすらもあまり意識されていない感じで、単なる楽曲の集合体といった感じが強い。なおタイトルからして、東京ディスって大阪が世界の中心やでぇ!と歌い上げるような大阪を意識したようなナンバーがあるのかと思っていたら大阪が世界の中心である事を歌った曲は皆無で、関西弁全開の曲や浪花節的な雰囲気もまるで皆無。それどころかいきなりゴーゴー!イビサ!!と日本ですら無い海外リゾートへ行ってしまう始末。ここまでタイトルと中身が関係ないというのも凄い。

DVDはまさかの2枚。シングル特典用の映像+単品発売可能なライブ映像をフル収録という内容でコスパは異常に高いが、量が多すぎてもそれはそれで困るものがあり、とりあえず全部再生はしたものの、別作業したりしてライブ映像2つはほとんどまともに見ていない。

「イビサガール」MVは大阪でもイビサでも無く、グァム撮影だそうだけど、イビサだろうとグァムだろうととにかく絵的にはザ・南国、ザ・海外なので現地に行った事のない大半のリスナーにとってはどっちでもいいだろう。現地のプレイボーイ青年が選抜メンバー全員と同時に付き合うという離れ業を見せ、最後はそれが破綻して追いかけられるというコミカル系。ダンスバージョンは水着でダンシングという毎年恒例のやつ。これまではAKB48と兼任していた市川くらいだったが(それ以前は一時的に兼任した横山)、他グループにいたメンバーが完全移籍/兼任で一挙6名ほど参加しているので、NMB48の見た目もだいぶ様変わりした事を痛感する。

「小谷里歩がスカイダイビングに挑戦」というのは「イビサガール」MVの後半で、現地青年の浮気に気づいたメンバーがそれぞれ青年の元へ駆け付けていくカットの1つとして、小谷は空からダイビングしてくるという明らかに意味不明なカットが入っているんだけどその部分のメイキング。スカイダイビングの企画が最初にあって、ついでなのでMVにねじ込んだのか、MVでダイビングする設定が最初からあったのかというとどう考えても前者かなと。わりとシンプルにまとまっているし、以前のシングルでヘタレどうこうとかいって芸人と対決するとんでもなく長い映像の時は物凄くどうでもよかったんだけど、ここに来てようやく小谷の魅力も分かってきた…気がする。

「電車を降りる/Team N(ミュージックビデオ)」は大量のリアルドールを制作している孤独な老人に対して人形たち(メンバー)がふいに目覚めてO・MO・TE・NA・SHI(なんか違)、いい気分になる老人だったが案の定な夢オチという内容。山本彩との2トップ扱いの柏木由紀がここにいることにどうにも慣れない

「ここにだって天使はいる」公演/Team N-2014.3.25-」はまさかのライブ1本フル収録。このためDISC-2は通常DVD(4.7GB)では収録不可能な大容量となり、片面2層形式でなんとか収録させるほどに長時間になっている。今作に記載されているTeam Nではなく、組閣前のTeam Nなので同じTeam N表記でも「電車を降りる」のメンバーとはだいぶ異なっている。チーム公演ということで、シングルやアルバムとして世に出ている楽曲は最後の最後にメドレーで出てくるだけで、それ以外は全部公演のオリジナル曲。ほとんど知らないメンバーによるほぼ全曲知らない楽曲をフル尺で見るというのはかなりしんどく、公演曲に親しみがあるファン向け。

「NMB48リクエストアワーセットリストベスト50 2014(50位〜34位)」はType-N,M,Bの3タイプで段々上位曲が収録されているんだけど、上位はかなりコアな選曲となっている。今作の39〜36位でシングル曲が4曲も連続で出てきてしまうほどだ。「プロムの恋人」「どしゃぶりの青春の中で」「ここにだって天使はいる」もType-NのCD/DVDを順番に見て来れば1度遭遇している曲だし、たぶんシングルだけ聞いているリスナーにとっては知らない曲ばかりのこのリクアワ楽曲の中で、1番知ってる曲が入っているのはこのType-Nだと思う。そういう意味でType-Nで正解だったのかなとも思う。一応TVサイズのショートバージョンで立て続けに披露されていくんだけどそれでもやっぱ長いので、これもけっこうしんどかった。

「おしゃべり組2」というのはシングル「高嶺の林檎」特典映像に続く、特定のメンバーがひたすら大阪ネタやメンバーネタなどをお喋りしているトーク映像。1度見れば十分かなという感じ。ほぼ大阪弁によるトークになっているため、そういえばNMB48は大阪拠点だった事をCDよりも実感できる。

「はじめてのぶらり1人旅<太田夢莉編>」は文字通り、街を太田夢莉が散策する内容。全く知らないメンバーだったが、特に印象が上がる事も下がる事も無かった。

というわけで個人的にはDVDはMVだけで十分で、後はコスパ最高!というより長すぎてダレた。ちょっとシングルA面だけ回収しておきたいけどメンバーはさや姉と呼ばれるセンターの子とみるきーと呼ばれる子しか知らないみたいなリスナーは果たして最後まで集中してみることが出来るのかを試される…というレベル。見通せたならもう立派なファンだ。

世界の中心は大阪や~なんば自治区~ 通常盤Type-N【CD+2DVD 合計3枚組】Type-N  世界の中心は大阪や~なんば自治区~ 通常盤Type-M【CD+2DVD 合計3枚組】Type-M  世界の中心は大阪や~なんば自治区~ 通常盤Type-B【CD+2DVD 合計3枚組】Type-B  世界の中心は大阪や ?なんば自治区? 劇場盤劇場盤 

印象度★★★☆☆

戻る