僕だけの君〜Under Super Best〜

DISC 1
No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 左胸の勇気 秋元康 小内喜文 佐々木裕 1stシングル『ぐるぐるカーテン』C/W
2 狼に口笛を 秋元康 Akira Sunset シライシ紗トリ 2ndシングル『おいでシャンプー』Type-CのみC/W
3 涙がまだ悲しみだった頃 秋元康 内田智之 TATOO 3rdシングル『走れ!Bicycle』Type-AのみC/W
1stアルバム『透明な色』Type-A,Bのみ収録曲(通常盤未収録)
4 春のメロディー 秋元康 フジノタカフミ 湯浅篤 4thシングル『制服のマネキン』Type-CのみC/W
5 13日の金曜日 秋元康 網本ナオノブ 湯浅篤 5thシングル『君の名は希望』Type-BのみC/W
1stアルバム『透明な色』Type-A,Bのみ収録曲(通常盤未収録)
6 扇風機 秋元康 角野寿和 野村陽一郎 6thシングル『ガールズルール』Type-BのみC/W
7 初恋の人を今でも 秋元康 Hiroki Sagawa from Asiatic Orchestra 7thシングル『バレッタ』Type-CのみC/W
8 生まれたままで 秋元康 田中俊亮 鈴木裕明 8thシングル『気づいたら片想い』Type-CのみC/W
9 ここにいる理由 秋元康 長谷川湊 Carlos K. 9thシングル『夏のFree&Easy』Type-CのみC/W
10 あの日 僕は咄嗟に嘘をついた 秋元康 三輪智也 京田誠一 10thシングル『何度目の青空か?』Type-CのみC/W
1stアルバム『透明な色』Type-A,Bのみ収録曲(通常盤未収録)
11 君は僕と会わない方がよかったのかな 秋元康 Akira Sunset、ha-j Akira Sunset、ha-j 11thシングル『命は美しい』Type-CのみC/W
2ndアルバム『それぞれの椅子』Type-Cのみ収録曲
12 別れ際、もっと好きになる 秋元康 Akira Sunset、ha-j Akira Sunset、ha-j 12thシングル『太陽ノック』Type-CのみC/W
2ndアルバム『それぞれの椅子』Type-Cのみ収録曲
13 嫉妬の権利 秋元康 丸山真由子 丸山真由子 13thシングル『今、話したい誰かがいる』C/W(MVはType-Cのみ)
2ndアルバム『それぞれの椅子』Type-Cのみ収録曲
14 不等号 秋元康 福田貴史 福田貴史 14thシングル『ハルジオンが咲く頃』Type-DのみC/W
2ndアルバム『それぞれの椅子』Type-Cのみ収録曲
15 シークレットグラフィティー 秋元康 ツキダタダシ ツキダタダシ 15thシングル『裸足でSummer』Type-DのみC/W
3rdアルバム『生まれてから初めて見た夢』収録曲

 

DISC 2
No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 ブランコ 秋元康 Hiro Hoashi Hiro Hoashi 16thシングル『サヨナラの意味』Type-BのみC/W
3rdアルバム『生まれてから初めて見た夢』収録曲
2 風船は生きている 秋元康 泉佳伸、三好翔太 早川博隆、三好翔太 17thシングル『インフルエンサー』Type-CのみC/W
3rdアルバム『生まれてから初めて見た夢』収録曲
3 アンダー 秋元康 白土亨 遠藤ナオキ 18thシングル『逃げ水』Type-BのみC/W
4 My rule 秋元康 藤田卓也 藤田卓也 19thシングル『いつかできるから今日できる』Type-CのみC/W
5 自由の彼方 秋元康 山田智和 住谷翔平 1stアルバム『透明な色』Type-A,Bのみ収録曲(通常盤未収録)
6 欲望のリインカーネーション 秋元康 渡辺未来 渡辺未来 2ndアルバム『それぞれの椅子』収録曲
7 君が扇いでくれた 秋元康 中山聡、足立優 野中"まさ"雄一 3rdアルバム『生まれてから初めて見た夢』収録曲
8 自分のこと 秋元康 小松清人 小松清人 新曲 中元日芽香ソロ
9 自惚れビーチ 秋元康 ツキダタダシ ツキダタダシ 新曲
10 その女 秋元康 HRK APAZZI 新曲
11 誰よりそばにいたい 秋元康 岩崎哲也 関根佑樹 新曲

英詞:本山清治(6)

初回生産限定盤DVD
The Best Selection of Under Live

初回仕様限定盤DVD
"Super Under"Music Video Collection

リリースデータ

2018年1月10日 初登場1位 売上13.4万枚 Total Producer:秋元康 ソニー

メンバー(独自表記)

発売時アンダーメンバー 川後陽菜、川村真洋、斎藤ちはる、能條愛未、樋口日奈、和田まあや
伊藤かりん、伊藤純奈、相楽伊織、佐々木琴子、鈴木絢音、寺田蘭世、山崎怜奈、渡辺みり愛
過去アンダーメンバー(現役) 井上小百合、衛藤美彩、齋藤飛鳥、斉藤優里、中田花奈、星野みなみ、若月佑美、
北野日奈子、新内眞衣、堀未央奈
過去アンダーメンバー(卒業) 岩瀬佑美子、安藤美雲、柏幸奈、宮澤成良、市來玲奈、伊藤寧々、畠中清羅、永島聖羅、深川麻衣、中元日芽香、伊藤万理華
過去アンダーメンバー(契約終了) 大和里菜
今作不参加のメンバー
アンダー未経験メンバー(現役) 秋元真夏、生田絵梨花、生駒里奈、桜井玲香、白石麻衣、高山一実、西野七瀬、松村沙友理
アンダー未経験メンバー(卒業) 橋本奈々未、松井玲奈(SKE48兼任)
3期生 伊藤理々杏、岩本蓮加、梅澤美波、大園桃子、久保史緒里、阪口珠美、佐藤楓、中村麗乃、向井葉月、山下美月、吉田綾乃クリスティー、与田祐希

乃木坂46アンダーアルバム。通算4作目のアルバム。アンダーメンバーによる楽曲を集めたアンダーベストアルバム。ここまでの19作のシングルのアンダー楽曲と3枚のアルバムでのアンダー楽曲、新曲4曲を収録。2017年を持って卒業した中元日芽香は「アンダー」が最終参加曲だったが、今作に卒業前に置き土産的に制作していたソロ曲「自分のこと」が正真正銘最後の楽曲として収録されている。このため残りの3曲の新曲には参加していない。「自惚れビーチ」「その女」「誰よりそばにいたい」は19thアンダーメンバー(「My rule」歌唱メンバー)と同一で今作発売時点でのアンダーメンバーはこの14名となり、基本的にプロモーションもこのメンバーで行われた。ただし今作のアートワークにはメンバー写真が使用されていない。またセブンネット限定で付属した生写真特典には現役メンバーのうち過去アンダーに参加した事のあるメンバー+伊藤万理華(中元は含まれていない)が含まれていた。

これまでの3作のオリジナルアルバムへの収録状況は1stアルバムには10曲中3曲、2ndアルバムには4曲全てが収録されていたが、1st2ndでは一部形態のみの収録で全形態共通収録枠には入っていなかった。3rdアルバムでは3曲全てが共通収録曲として収録されていた。このため、完全アルバム初収録は9曲、全形態共通収録枠としては17曲が初収録となる。

あくまでアンダー楽曲のみに絞っているため、1期生アンダーという扱いだった「欲望のリインカーネーション」は収録されたが、当時のアンダーメンバーで結成されたサンクエトワールの楽曲(「大人への近道」「君に贈る花がない」)や乃木團の楽曲(「失恋したら、顔を洗え!」)、2期生(研究生)の楽曲(「ボーダー」)などは対象外となっている。また3期生は3期生として別に稼働していて選抜参加はあるがアンダーに参加したことが無いためこれもまた対象外。

初回生産限定盤、初回仕様限定盤、通常盤の3種発売。CD2枚の収録曲は全て共通でアルバム4作目にして乃木坂46初のCD収録曲全種共通のアルバムとなった(1stは上位互換、2nd3rdは完全な曲違い商法)。またシングル19作を含めてもCD収録楽曲が全種共通なのは初で、48グループ含めても2011年のAKB48『ここにいたこと』以来の快挙(?)となった。

初回生産限定盤には歴代のアンダーライブの映像を収録したライブDVD『The Best Selection of Under Live』が付属する。パッケージは3rdアルバム『生まれてから初めて見た夢』初回生産限定盤、欅坂46『真っ白なものは汚したくなる』Type-Aと同様のDVDサイズの三方背BOX仕様、フォトブック封入。こちらには歴代のアンダーライブの写真と歴代衣装の写真が掲載されている。

初回仕様限定盤には歴代のアンダー楽曲のミュージックビデオを収録したMV集DVD『"Super Under"Music Video Collection』が付属する。パッケージは1stアルバム透明な色』Type-A初回盤ほかと同様の分厚いCDサイズのパッケージで三方背BOX仕様、フォトブック封入。こちらには歴代のMV撮影時のメイキング写真が掲載されている。

通常盤はCD2枚のみ。

 

CD収録内容が全く同じというのは親切な設計。アンダー楽曲自体はこれまで各シングルのどこかに収録されているという後追いだと探すのが非常に厄介な状態になっていたので、この機会にまとめて聞ける上、しかも48・46系列で最早常套化している分散収録がされずにどれか1つ取ればいいというのは分かりやすい。ただ初回盤が「生産」と「仕様」というのはナンダコレ。いつもだったらAとかBとかやるのに今回だけ物凄く分かりにくくしたのは何故だ。

初期の楽曲はAKB48から連なるアンダー楽曲といった感じでそれ以上でも無い印象だった。いつの間にか徐々に選抜とは違う独自性が確立されていき、気が付いたら選抜より名曲揃いで毎回期待するようになっていた、また著しいJPN化に伴い、AKB48からアンダー楽曲が総選挙時以外は完全消失してしまい、姉妹グループも明確にアンダーを銘打った楽曲は用意しなくなり、欅坂46は全員選抜&けやき坂46は別稼働にしてしまったので、アンダー楽曲が毎回存在するのは乃木坂46だけになっていた …というのもなかなか面白い。狙ってやってきた事ではなく、メンバーそれぞれが自分の立ち位置に迷いながらも与えられたチャンスを最大限に生かし、さらにそれに見合った良質な楽曲が与えられ続けてきての初のアンダーアルバムというのは感慨深いが、改めて聞いてもいい曲が多いと思う。「あの日僕は咄嗟に嘘をついた」〜「不等号」辺りで一旦方向性がパターン化してきたところで「シークレットグラフィティー」「ブランコ」「風船は生きている」と全く違うタイプの3曲を送り込んできたところも良かった。

それだけに「アンダー」でそこまでの非常にいい流れが断ち切られ、続く「My rule」もそのフォローと言い訳みたいな方向性に終始して持ち直せず、続くアルバム曲はさすがにシングルほどではなく、中元がしんみりバラードで去り、「自惚れビーチ」「その女」はどちらかというとライブのオリジナルレパートリー用といった装い。「誰よりそばにいたい」はいかにも締めっぽいドバラードで48系量産型タイプの曲だったので、「風船は生きている」までが現時点でピークに感じられてしまった。今後さらにアンダーの環境やメンバーも変動していきそうだが果たしてどうなるか…。

僕だけの君 ?Under Super Best?(初回生産限定盤)(DVD付)初回生産限定盤DVD付   僕だけの君 ?Under Super Best?(DVD付)初回仕様限定盤DVD付  僕だけの君 ?Under Super Best?(通常盤)通常盤  

印象度★★★★★

2018.3.15更新

戻る