already(Type-A,B,C)

Type-A
No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 週末Not yet 秋元康 安部純 鈴木大輔・斎藤悠弥 1stシングル 最高1位 売上24.8万枚
2 波乗りかき氷 秋元康 YUMA 野中“まさ”雄一 2ndシングル 最高1位 売上20.9万枚
3 ペラペラペラオ 秋元康 板垣祐介 板垣祐介 3rdシングル 最高2位 売上21.2万枚
4 西瓜BABY 秋元康 上田晃司 野中“まさ”雄一 4thシングル 最高1位 売上17.2万枚
5 ヒリヒリの夜 秋元康 高田暁 野中“まさ”雄一 5thシングル 最高1位 売上12.8万枚
6 ひらひら 秋元康 五戸力 野中“まさ”雄一 1stシングルC/W
7 ハグ友 秋元康 伊藤心太郎 伊藤心太郎 2ndシングルType-AのみC/W
8 海鳴りよ 秋元康 川浦正大 若田部誠 3rdシングルType-A,B,CのみC/W
9 次のピアス 秋元康 川島有真 板垣祐介 5thシングルC/W
10 味方 秋元康 角野寿和 division L 3rdシングルType-C,劇場盤のみC/W
11 元カレが結婚する時 秋元康 すみだしんや 前嶋康明 3rdシングルType-A,劇場盤のみC/W
12 希望の花 秋元康 小内喜文 野中“まさ”雄一 4thシングルC/W
13 爆発プロフェッサー 秋元康 加藤大和 佐々木裕 5thシングルType-BのみC/W
14 gulity love 北原里英 平義隆 野中“まさ”雄一 4thシングルType-BのみC/W
15 May[横山由依ソロ] 秋元康 松尾清憲 武藤星児 4thシングルType-CのみC/W
16 世界の風を僕らは受けて 秋元康 丸谷マナブ 生田真心 Type-A,B,C共通新曲
17 Already 秋元康 GRAVITY 若田部誠 Type-Aのみ新曲

 

Type-A DVD
No タイトル 備考
1 「世界の風を僕らは受けて」Music Clip ドラマ予告風のMusic Clip
2 Not yetによる、Not yet的な、Not yetのココがいい 4人が焼肉屋で女子会風のトーク映像
3 Not yetインタビュー〜それぞれの想い〜 4人個別のインタビュー映像
4 「ヒリヒリの花」プレミアムイベント 5thシングル発売時のイベントライブの模様

 

Type-B
No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1〜9=全種共通、16=Type-A,B,C共通
10 不毛な夜 秋元康 春行 野中“まさ”雄一 4thシングルType-AのみC/W
11 笑うがいい 秋元康 重永亮介 ジョーダン1 1stシングルType-B、劇場盤のみC/W
12 ギリシャの貨物船 秋元康 渡辺翔 板垣祐介 2ndシングルType-BのみC/W
13 もしも、手を繋いでいたら 秋元康 吉木絵里子 野中“まさ”雄一 5thシングルType-AのみC/W
14 見えない空はいつでも青い
by Yui Yokoyama with friends(from AKB48)
秋元康 福田貴訓 板垣祐介 5thシングルType-DのみC/W
歌唱メンバーは横山由依、大島優子、柏木由紀、高橋みなみ、小嶋陽菜、島崎遥香、北原里英、川栄李奈
15 僕たちのオフショア 秋元康 つじたかひろ 野中“まさ”雄一 2ndシングルType-CのみC/W
16 世界の風を僕らは受けて 秋元康 丸谷マナブ 生田真心 Type-A,B,C共通新曲
17 あれからアールグレイを飲んでいない 秋元康 中谷あつこ 中谷泰啓 Type-Bのみ新曲

 

Type-B DVD
No タイトル 備考
1 「世界の風を僕らは受けて」Music Clip Music Clipのロングバージョン
2 「世界の風を僕らは受けて」メイキング メイキング映像
3 Not yetパフォーマンスアーカイブス2011-2012 1st〜3rdシングルまでのイベントライブダイジェスト

 

Type-C
No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1〜9=全種共通、16=Type-A,B,C共通
10 素直になりたい 秋元康 若田部誠 若田部誠 1stシングルType-A、劇場盤のみC/W
11 風車が見える街 秋元康 五戸力 田辺恵二 3rdシングルType-B,劇場盤のみC/W
12 ささやかな僕の抵抗 秋元康 木村有希 増田武史 5thシングルType-CのみC/W
13 フェルメールの手紙 秋元康 野中“まさ”雄一 野中“まさ”雄一 2ndシングルC/W
14 泣きながら微笑んで(Not yet ver.) 秋元康 井上ヨシマサ 井上ヨシマサ 1stシングルType-C、劇場盤のみC/W
AKB48の劇場公演曲のカバー
15 アイサレルトイウコト(Not yet ver.) 秋元康 山崎燿 松浦晃久 4thシングルType-DのみC/W
AKB48の劇場公演曲のカバー
16 世界の風を僕らは受けて 秋元康 丸谷マナブ 生田真心 Type-A,B,C共通新曲

※シングル200位以内データ

リリースデータ

2014年4月23日 初登場1位 売上8.7万枚(300位集計) Total Produce:秋元康 日本コロムビア

メンバー

大島優子
北原里英
指原莉乃
横山由依

Not yet1stアルバム。最初で最後のアルバムともメンバーが発言しており、明確に解散は宣言されていない大島優子のAKB48卒業によりNot yetとしての活動も今作を持って終了した。内容はシングル5作に収録された全曲集+新曲3曲合計30曲となっているが、Type-A,B,Cに3分割されて収録されている。1〜9、16の10曲は3種とも共通となっており、10〜15,17は3種異なる(Cに17は無い)。DVDはType-A,Bの2種に付属し、それぞれ内容が異なる。Type-CはDVDが無く、Type-Cのみの新曲も入っていない。このため既にシングル全種を入手していて新曲(とDVD)だけを入手したい場合はType-A,Bの2種を揃えるのが必須となる。また初回限定生産のType-DとしてPLAYBOTTONでも発売されているが、収録内容は1〜9の9曲のみとなっている。Type-A,B,Cは通常盤扱いで、DVDも永続付属となるが、3種とも初回盤はカラートレイ仕様となる。またイベント応募券も封入されている(1種で応募可能)。

2枚組アルバムで済む30曲の全曲集+3を面倒な3分割したというところに、ポニーキャニオン(渡り廊下走り隊)と日本コロムビア(Not yet)の差が出た…という感じ。新曲は一応3曲とも聞いておきたかったが、Type-Cにも個人的に未回収の曲が数曲残っていたのでヤケクソで3種を入手Type-AはそのままCD-R化し、Type-B,Cに残った13曲を1枚のCD-Rにまとめた2枚組作品として聞いた。このためType-B,Cはオリジナルの曲順では聞いていない。

Not yetはこれといった特徴が無く、直球ど真ん中のアイドルポップをやっているため、とりあえず何も考えずに楽しく聞ければOK的なところがあり、ユニットの特性とか個性とか音楽的な面白さとかにはあまり特筆すべき点が無い。とりあえずC/W含めて全曲2,3回聞いていれば何となく印象に残ってくるくらいの一定以上の良メロポップスがズラッと横並び。楽曲ごとにこれといった差が無い。個人的には4人の歌唱があまりに没個性すぎて(上手い下手ではなく)、ソロパートが出てきてもあまり魅力を感じられないのはちょっとしんどかった。多少下手でもかわいかったり、個性的だったりすればいいんだけど(むしろ一般的に上手いとされるパワフルなのは苦手)、なんか本当に4人とも普通の歌声。歌手志望は横山由依だけということで横山にだけ「May」という唯一のソロ曲があるんだけど(なおもう1つ横山ソロ扱いの「見えない空は〜」の方は横山が資格取得にチャレンジしたユーキャンのCMソングで横山がセンターで純AKB48の選抜メンバーだけ(HKT48完全移籍の指原がいないのはこのため)で歌っていたもので、AKB48のC/WにAKB48名義で収録すべき曲を何故かNot yetに収録したもの)、うまさにしてもAKB48にはもっと歌える人がいるように思うし、それに代わる魅力的な歌声という感じもしない…(横山本人はわりと好きな方のメンバーだけど)。そんな印象もあって特にバラードになると聞きどころがあまりなくて退屈に思えてしまったり、普通にいい曲は並んでいるんだけど30曲も連続で聞いていると最後の方はけっこう飽きが来てしまった。そういう意味で2枚組全曲集にせずに3種に分割したのは正解なのかもしれない。

新曲3曲に関しても今まで通りのナンバーだが、歌詞はラストっぽくなっていて今作発売を決めてから書き下ろしたっぽい曲になっている。タイトル曲「already」もラブソングのスタイルを取りながらもいかにも解散ソングっぽくはあるんだけど、「あれからアールグレイを飲んでいない」は社会人になってしばらくしてからの視点で学生時代を回想して思えばあれは青春だった…と青春が過ぎ去った事を感じるという楽曲。まさに青春真っ只中とも言える女性アイドルが青春を過去と実感してしまう楽曲を歌うというのは全員アイドル卒業するかのような勢いが漂っていて異色さを感じた。共通新曲の「世界の風を僕らは受けて」は随分前からCMでかかっていたこともあり、これだけは次のシングルかC/W用に用意していたっぽい。しかし普段のシングルでは5,6曲用意しているんだから3曲しか用意せずに単価爆上げとかどんな錬金術だよという感じも…。

DVDの方はType-Aは他グループでもやっていたご飯食べながらトークするという女子会風の映像と個別インタビュー。イベント映像の方は2ndシングル以降に前作シングルのイベント映像として収録されていたのと同じような構成。これまでのシングルの特典映像と合わせれば一応全シングルのイベントがフル収録ではないもののほぼ映像として残ったということになる。Type-Bの方はPVが数本の予告ドラマで構成した内容になっていたのでその部分を拡大した完全版という形での収録。ただどっちみち"予告"で前後の話を繋げていないので意味ありげなシーンを連発するだけで意味不明な箇所が多い。パフォーマンスアーカイブスというのは過去のイベントでの楽曲をダイジェストで見せるもの。PVの無いC/W曲のダンスが見れるという意味で貴重ではあるが、収録の仕方が若干中途半端なのが少々残念。

そんなわけでユニットの中でも最も没個性で飛び抜けていい曲があるわけでもないけど、そこそこ普通にいい曲が横一直線に並んでいたユニットだったなと思う。

already [通常盤Type-A]DVD付Type-A  already [通常盤Type-B]DVD付Type-B  already [通常盤Type-C]Type-C  already [Type-D][PLAYBUTTON]PLAYBOTTON(Type-D) 

印象度★★★☆☆

戻る