STANDING ON THE SHOULDER OF GIANTS

No タイトル 作詞 作曲 備考
FUCKIN' IN THE BUSHES   Noel Gallagher インスト
GO LET IT OUT! Noel Gallagher Noel Gallagher 13thシングル 最高26位 売上2.9万枚
WHO FEELS LOVE? Noel Gallagher Noel Gallagher 14thシングル(カット) 最高68位 売上0.3万枚
PUT YER MONEY WHERE YER MOUTH IS Noel Gallagher Noel Gallagher  
LIITLE JAMES Liam Gallagher Liam Gallagher  
GAS PANIC! Noel Gallagher Noel Gallagher  
WHERE DID IT ALL GO WRONG? Noel Gallagher Noel Gallagher  
SUNDAY MORNING CALL Noel Gallagher Noel Gallagher 15thシングル(カット) 最高84位 売上0.2万枚
I CAN SEE A LIAR Noel Gallagher Noel Gallagher  
10 ROLL IT OVER Noel Gallagher Noel Gallagher  
11 LET'S ALL MAKE BELIEVE Noel Gallagher Noel Gallagher 13thシングルC/W(日本盤未収録)
日本盤ボーナストラック

リリースデータ

2000年2月23日 初登場4位 売上27.8万枚 Produced by Mark‘SPIKE’Stent&Noel Gallagher エピックレコード

メンバー

Vocla Liam (Liam Gallagher)
Guitar,Vocal Noel (Noel Gallagher)
Guitar Bonehead (Paul Arthurs)
The Bass Guigsy (Paul McGuigan)
The Drums&Percussion Whitey (Alan White)

OASIS4thアルバム。制作途中の99年8月にギターのボーンヘッドとベースのギグシーが相次いで脱退。既に後任のゲムとアンディの加入は発表されていたが、加入時にはアルバムは完成していたため、今作を引っさげてのツアーから参加。ボーンヘッドとギグシー最後の参加作品と言われているが、2人のパートはノエルとスタッフ関係者で録音しなおしたとも言われている。また初めてリアムが曲を作っているのがポイント。世界的には他の作品と比べて売れなかったほうに入るようだが、日本では『BE HERE NOW』に続いて2番目に売れた作品となっている。シングル2は3番目に売れたシングルになっている。

プロデューサーが変わったり、メンバー脱退劇があったりした影響でこれまでとは明らかに違う雰囲気。ループなども多く、暗い曲が多い印象。アップテンポで勢いのある曲は皆無で全体的に煮え切らない感じ。初期が名作すぎたせいもあり、そこまで悪い内容ではないのだが、何度聞いてもイマイチ耳に残る曲も出てこなくて、正直これを最初に聞いてたらこのバンドにはハマらなかっただろうな…とも思う。最初に聞く1枚ではないと思う。

スタンディング・オン・ザ・ショルダー・オブ・ジャイアンツ    スタンディング・オン・ザ・ショルダー・オブ・ジャイアンツ(紙ジャケット仕様) 06年紙ジャケ仕様

印象度★★★☆☆

戻る