MELODIES

No タイトル 作詞 作曲 編曲 原曲(発売年)・備考
負けないで 坂井泉水 織田哲郎 織田哲郎 ZARD(93年)
シーズン・イン・ザ・サン 亜蘭知子 織田哲郎 Saigenji TUBE(86年)
ボクの背中には羽根がある 松本隆 織田哲郎 TOYO草薙 KinKi Kids(01年)
愛のために。 織田哲郎 織田哲郎 織田哲郎 上戸彩(04年)
碧いうさぎ 牧穂エミ 織田哲郎 長田直也 酒井法子(95年)
突然 坂井泉水 織田哲郎 織田哲郎 FIELD OF VIEW(95年)
世界中の誰よりきっと 上杉昇/
中山美穂
織田哲郎 ゴンチチ 中山美穂&WANDS(92年) 2度目のセルフカバー
この愛に泳ぎ疲れても 坂井泉水 織田哲郎 小松亮太 ZARD(94年)
Anniversary Satomi 織田哲郎 織田哲郎 KinKi Kids(04年)
10 世界が終るまでは… 上杉昇 織田哲郎 織田哲郎 WANDS(94年)
11 恋心 織田哲郎 織田哲郎 織田哲郎、
タブラトゥーラ
相川七瀬(96年)
12 このまま君だけを奪い去りたい 上杉昇 織田哲郎 沢田完 DEEN(93年) 2度目のセルフカバー

編曲協力(1):沢田完、コーラスアレンジ(2):Saigenji,織田哲郎、ブラスアレンジ(4):河合わかば、ボイスアレンジ(11):河合英里、織田哲郎

リリースデータ

2006年9月20日 初登場61位 売上0.3万枚 Produced by 織田哲郎 ユニバーサル

織田哲郎2ndセルフカバーアルバム。93年の『Songs』に続いて自身が曲提供した楽曲をセルフカバーしている。02年に非公認ベスト『at the BEING studio』はあったが、公式なアルバムリリースは93年の『Songs』と同時発売されたオリジナルアルバム『T』以来13年9ヶ月ぶりとなった。シングルを含めても03年以来となる。『Songs』でも取り上げていた「世界中の誰よりきっと」「このまま君だけを奪い去りたい」はアレンジも改めて再びセルフカバーしている。歌詞カードには1曲ごとに自身によるセルフライナーが細かく書かれている

7曲がミリオンヒット、誰もが聞いた事のあるヒット曲が並んでいるのが凄い。ビーイングファンにはおなじみの織田哲郎だが、一般的にはそこまで知名度が高くもなく、KinKiや上戸辺りから興味を持った人はこんなに知ってる曲を書いた作家だったのかと驚くのではないだろうか。ただかつてはロックミュージシャンだった織田哲郎だがここでは路線を大幅に変更してアコースティックな作風を主流としている。さらに00年にスペインで強盗に襲われた際に声帯をゆがめられてしまい、高音が出せなくなってしまった影響でかなりキーが低くなっている。アコースティック編成でやたらジャジーだったりフラメンコ、フォルクローレなど民族系の方向だったりと、ただ単にアコースティック路線というだけでなく、非常に暗〜く地味な作風で統一されており、ロック系やヒット曲らしい派手な作風は一切無い。そのため原曲とは大幅にイメージが異なる曲が多く、正直最初はあまりに暗すぎてイマイチ良さを感じられなかった。元々自分の曲では提供曲ほどヒット性のあるアレンジに持っていかない傾向があり、『Songs』でのセルフカバーも原曲に比べるとヒット性を薄めたアレンジがほとんどだったとはいえ、ここまで渋い方向になるとは…。それでもじっくり聞いているとメロディーの良さが際立ってきてこれはこれで新鮮でいいような気もしてきた。ヒット曲目当てで聞くとかなり驚く作風ではあるが、ミュージシャン織田哲郎のこだわりを強く感じられるアルバムである。派手なヒット曲を聞くのに少し飽きたときに聞くとかなり良く思えたりする。

MELODIES

印象度★★★☆☆

戻る