W FACE

DISC 01 RED
No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 天啓 ver.3 織田哲郎 織田哲郎 織田哲郎  
2 FIRE OF LIFE 織田哲郎 織田哲郎 織田哲郎  
3 馬鹿なんです 織田哲郎 織田哲郎 織田哲郎  
4 背中には今もブルースが張りついたまま 織田哲郎 織田哲郎 織田哲郎  
5 Winter Song 中島みゆき 織田哲郎 織田哲郎  
6 Just Another Day 織田哲郎 織田哲郎 織田哲郎  
7 After Midnight J.J.Cale J.J.Cale 織田哲郎 J.J.Caleのカバー
8 R&R is my friend[W FACE ver.] 織田哲郎 織田哲郎 織田哲郎 F.O.D.Aのセルフカバー

Strings Arrangement:織田哲郎/池田大介(5)

DISC 02 BLUE
No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 月ノ涙 織田哲郎 織田哲郎 織田哲郎 19thシングル 最高115位 売上0.07万枚
2 伝言 織田哲郎 織田哲郎 織田哲郎  
3 あなたのうた[W FACE ver.] Sonar Pocket/一倉宏 織田哲郎 織田哲郎 ソナーポケット提供曲 セルフカバー
配信限定シングル(2011年)
4 砂の城 織田哲郎 織田哲郎 織田哲郎  
5 aino uta 織田哲郎 織田哲郎/鈴木淳一 織田哲郎  
6 チャイナタウン・ララバイ 織田哲郎 織田哲郎 織田哲郎  
7 You've Got A Friend Carole King Carole King 織田哲郎 Carole Kingのカバー
8 いつまでも変わらぬ愛を[21st century ver.] 織田哲郎 織田哲郎 織田哲郎 11thシングル セルフカバー
配信限定シングル(2011年)

Strings Arrangement:織田哲郎/中西長谷雄(1,5)、織田哲郎/池田大介(6,8)

リリースデータ

2013年10月30日 初登場106位 売上0.09万枚 Produced by 織田哲郎 KING RECORDS

織田哲郎13thアルバム。07年の『One Night』以来のオリジナルアルバム。ロックを堪能できる「RED」と美しいメロディを堪能できる「BLUE」(帯より)の2枚組。今作ではキングレコードへ移籍している。CDシングルとしては07年にリリースされた「月ノ涙」1作しか出ておらずこれはユニバーサルでのリリースだったがそのまま収録されている。2011年に相次いで配信限定でリリースしていたソナーポケットへの提供曲セルフカバー「あなたのうた」、セルフカバーの「いつまでも変わらぬ愛を」は初CD化された。FENCE OF DEFENSEとのコラボでF.O.D.Aとして配信限定リリースしていた「R&R is my friend」もセルフカバーされ初CD化された。ミックスとマスタリングは織田哲郎と鈴木誠が担当している。

08年のソニー在籍時の初期キャリアを集大成したベスト盤はロック路線だったが、近年はリリース自体が極端に少ない上にアコースティック系で完全に落ち着いていたのでもうロックは聞けないのかと思っていたが「RED」では存分にロックサウンドを聞く事ができる。これがまた爽快でたまらない。ソロだとあまり提供曲のようなヒット性のある曲は滅多に書かないというイメージがあったが、今作はメロディーもキャッチー。特に作詞を中島みゆきが担当した「Winter Song」は名曲だ。「天啓 ver.3」と「FIRE OF LIFE」はかつて強盗に襲われた影響で高い声が出なくなり、一時はもう歌えないと診断されながらも(キーは低くなったけど)見事に復活した今の織田哲郎が歌うからこそ説得力がある復活ソングだ。一方の「BLUE」は近年の王道であるアコースティック路線となり一気に渋くなる。「あなたのうた」「いつまでも変わらぬ愛を」というポップ路線の楽曲がひときわ輝く。「RED」の後だと「BLUE」は地味にしか聞こえないが、じっくり聞けば味わい深い。2枚とも30分台なので実は1枚のCDに余裕で収まるんだけど、方向性が違いすぎるので2枚に分けたのは正解だと思う。織田哲郎の作曲した曲に好きな曲があるリスナーなら聞いて損の無い1作

いきなりキングレコードになっていたのも驚きだが(AKB48に提供した流れか?)、最大の驚きはストリングスアレンジで池田大介、コーラスで坪倉唯子が参加していること。少なくとも表向きはアルバムのスペシャルサンクスに長戸大幸の名前を入れたり、TVで長戸大幸には感謝しているとコメントしたり、BEING LEGENDでも花を贈るなどしていたので、織田哲郎サイドとしては常に敬意を払い続けていたように見えた。しかし相川七瀬をエイベックスから売り出した件について根強い恨みは抱いているとされており、実際これまで織田哲郎が関与してきたのはビーイング離脱組ばかり。今回現役のビーイング在籍者と関与したというのは革命的なことなんじゃないだろうか。ビーイングに変化の兆しか?

W FACE

印象度★★★★☆

戻る