オフコース・グレイテストヒッツ 1969-1989

DISC 1
No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
群衆の中で 山上路夫 BETTY DEAN 馬飼野俊一 1stシングル 100位圏外
夜明けを告げずに 山川啓介 加藤和彦 青木望 2ndシングル 100位圏外
おさらば 東海林修 東海林修 東海林修 3rdシングル 100位圏外
僕の贈りもの 小田和正 小田和正 オフコース 4thシングル 100位圏外
もう歌は作れない 小田和正 小田和正 小田和正 5thシングル 100位圏外
忘れ雪 松本隆 筒美京平 矢野誠 6thシングル 100位圏外
眠れぬ夜 小田和正 小田和正 オフコース 7thシングル(アルバム同発) 最高48位 売上4.6万枚
ひとりで生きてゆければ 小田和正 小田和正 オフコース 8thシングル 100位圏外
めぐる季節 小田和正 小田和正 オフコース 9thシングル 100位圏外
10 こころは気紛れ 小田和正 小田和正 オフコース 10thシングル(カット) 100位圏外
11 秋の気配 小田和正 小田和正 オフコース 11thシングル 100位圏外
12 ロンド 鈴木康博 鈴木康博 オフコース 12thシングル 最高89位 売上1.5万枚

ストリングス編曲:小田和正(11)、鈴木康博(12)

DISC 2
No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
やさしさにさようなら 小田和正 小田和正 オフコース 13thシングル 100位圏外
あなたのすべて 小田和正 小田和正 オフコース 14thシングル 最高82位 売上0.7万枚
愛を止めないで 小田和正 小田和正 オフコース 15thシングル 最高31位 売上9.8万枚
2016年CD再発盤 最高61位 売上0.08万枚 
風に吹かれて 小田和正 小田和正 オフコース 16thシングル 最高41位 売上3.7万枚
さよなら 小田和正 小田和正 オフコース 17thシングル 最高2位 売上71.7万枚
生まれ来る子供たちのために 小田和正 小田和正 オフコース 18thシングル(カット) 最高48位 売上3.7万枚
Yes-No 小田和正 小田和正 オフコース 19thシングル 最高8位 売上35.4万枚
時に愛は 小田和正 小田和正 オフコース 20thシングル(カット) 最高35位 売上7.0万枚
I LOVE YOU 小田和正 小田和正 オフコース 21stシングル 最高6位 売上18.3万枚
10 愛の中へ 小田和正 小田和正 オフコース 22ndシングル(アルバム同発) 最高23位 売上7.0万枚 
11 言葉にできない 小田和正 小田和正 小田和正 23rdシングル(カット) 最高37位 売上3.6万枚
12 YES-YES-YES 小田和正 小田和正 オフコース 24thシングル 最高6位 売上19.4万枚

ストリングス編曲:小田和正(1,4,11)

DISC 3
No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
君が、嘘を、ついた 小田和正 小田和正 オフコース 25thシングル 最高2位 売上31.6万枚
夏の日 小田和正 小田和正 オフコース 26thシングル(カット) 最高15位 売上6.9万枚
緑の日々 小田和正 小田和正 オフコース 27thシングル(カット) 最高14位 売上8.3万枚
call 小田和正 小田和正 オフコース 28thシングル 最高7位 売上12.7万枚
たそがれ 小田和正,
RANDY GOODRUM
小田和正 オフコース 29thシングル 最高7位 売上12.0万枚
夏から夏まで 小田和正 小田和正 オフコース 30thシングル 最高9位 売上6.5万枚
ENDLESS NIGHTS RANDY GOODRUM KAZUMASA ODA OFF COURSE&
PETTER WOLF
31stシングル(カット) 最高26位 売上5.3万枚
IT'S ALL RIGHT(ANYTHING FOR YOU) 小田和正 小田和正 オフコース 32ndシングル 最高20位 売上2.7万枚
もっと近くに(as close as possible) 小田和正,
RANDY GOODRUM
小田和正 オフコース 33rdシングル(カット) 最高29位 売上1.7万枚
10 君住む街へ 小田和正 小田和正 オフコース 34thシングル 最高11位 売上3.8万枚
11 she's so wonderful 小田和正 小田和正 オフコース 35thシングル(カット) 最高80位 売上0.3万枚
12 夏の別れ 小田和正 小田和正 オフコース 36thシングル(カット) 最高82位 売上0.4万枚

リリースデータ

1998年5月21日 初登場94位 売上0.3万枚 ファンハウス

メンバー

Vocal,Keyboards 小田和正
Vocal,Guitar 鈴木康博(結成〜『YES-YES-YES』まで在籍)
Bass 清水仁(『こころは気紛れ』から参加、『さよなら』以降正式メンバー)
Drums 大間ジロー(『ひとりで生きてゆければ』から参加、『さよなら』以降正式メンバー)
Guitar,Harmonica 松尾一彦(『めぐる季節を』から参加、『さよなら』以降正式メンバー)
 
Guitar 地主道夫(結成〜『群衆の中で』まで在籍)
Bass 小林和行(『夜明けを告げずに』〜おさらば』まで在籍)
Chorus 吉田浩二(『おさらば』のみ在籍)

オフコース全シングルコレクション。レコード会社の枠を越えて70年のジ・オフ・コースとしてのデビューから88年のラストシングルまでの全A面曲をリリース順に網羅している。レーベル3社を渡り歩いているため、これまでEMI側、ファンハウス側のシングルコレクションやベスト盤は出ていたがレコード会社の枠を越えて全シングルを網羅したのは今作が初で唯一である。バイオグラフィ、ディスコグラフィーを記載したブックレット付。

全シングルを網羅できるのは今作だけなので他の多数乱発されたベスト盤(現役時代の公認3作、非公認9作)よりも目的がはっきりしていて入りやすい1作。オフコースは小田和正とバックバンドではなく、他のメンバーも曲を作ったりしているのだがA面に限ると初期の提供曲を除くと鈴木康博の『ロンド』以外は全部小田和正の曲になっている。そのためA面だけではあくまで一面的な部分しか知ることはできないということになるようだ。とはいえ有名なヒット曲は網羅できるので、ちょっと聞いてみようという入り口には最適。特に90年代以降、小田和正がオフコース時代の楽曲を次々とセルフカバーしてアルバムを大ヒットさせているため、今では『言葉にならない』など小田バージョンの方が有名な曲もある。小田和正から入った若いファンは原曲を楽しめるという利点もある。初期は暗いフォーク調で暗黒だがDISC-1後半辺りからバンドメンバーが加入してバンドサウンドへと変貌していく。鈴木康博の脱退は大きかったようだが、A面を聞いていく限りではDISC-2までとDISC-3以降にそこまで際立った変化は感じられなかった。全盛期というか特に有名な曲はDISC-2の時期に集中しており、やはりこの時期が1番良いと思った。

タイトルが1969-1989になっているが解散したのは89年なので終わりはいいとして始まりが1969年になっているのは謎だ。結成は67年で、コンテストに出場して成果を出したのが69年、デビューは70年なのだが…。

オフコース・グレイテストヒッツ 1969-1989

印象度★★★★☆

戻る