LUXURY 22-24pm(初回盤)

No タイトル 作詞 作曲 編曲 原曲
1 Harlem Night 大黒摩季 and Being Staff 大黒摩季 キハラ龍太郎 5thシングル
2 Twisty Love 大黒摩季 and Being Staff 大黒摩季 塚崎陽平 コンピ盤『愛と疑惑のサスペンス エンディングテーマ曲集』収録曲
4thベスト『complete of 大黒摩季 at the BEING studio』収録曲
3 DA・KA・RA 大黒摩季 and Being Staff 大黒摩季 TOKU 2ndシングル
4 夏が来る 大黒摩季 and Being Staff 大黒摩季 澤田浩史 8thシングル
5 あなただけ見つめてる 大黒摩季 and Being Staff 大黒摩季 野崎良太 6thシングル
6 虹ヲコエテ 大黒摩季 and Being Staff 大黒摩季 DEPAPEPE 21stシングル
7 あぁ 大黒摩季 and Being Staff 大黒摩季 仲井戸麗市 13thシングル
8 Stay with me baby 大黒摩季 and Being Staff 大黒摩季 武部聡志 4thアルバム『永遠の夢に向かって』収録曲
9 子供の国へ 大黒摩季 and Being Staff 大黒摩季 河野圭 4thシングル『別れましょう私から消えましょうあなたから』C/W
10 STOP MOTION 大黒摩季 and Being Staff 大黒摩季 大黒摩季 1stシングル

Brass Arranged by 池田雅明(5)
Flute Arranged by 赤木りえ(4)

初回盤のみdisc-2
No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 SAVING ALL MY LOVE FOR YOU Michael Masser/Gerald Goffin 西平彰 ホイットニー・ヒューストンのカバー
2 ALMOST PARADISE〜featuring 中西圭三〜 Dean Pitchford Eric Carmen 松原憲 マイク・レノ&アン・ウィルソンのカバー(映画『フットルース』)
中西圭三とデュエット
3 BEAUTY AND THE BEAST〜featuring TAKE〜 Howard Ashman Alan Menken 花坂響 ピーポ・ブライソン&セリーヌ・ディオンのカバー(映画『美女と野獣』)
TAKE(Skoop On Somebody)とデュエット
4 SUMMER TIME Bose Heyward George Grshwin 片寄明人 from Great 3 ジャズのスタンダードカバー
5 A SONG FOR YOU Leon Russell Leon Russell 島健 レオン・ラッセルのカバー
6 ALWAYS〜featuring 光永泰一朗&光永亮太〜 David E.Lewis,Jonathan Lewis
&Wayne I.Lewis
小森田実 アトランティック・スターのカバー 光永兄弟とのトリオ
7 LOVIN' YOU Richard Rudolph and
Minnie Riperton
大黒摩季 ミニー・リパートンのカバー

Flute Arranged by 赤木りえ(6)

2009年2月4日 初登場29位 売上0.86万枚 Produced by 大黒摩季 CAMエンタテイメント

大黒摩季セルフカバーベストアルバム。EMIを離れ、07年に元ZONE長瀬実夕を第1弾アーティストとして音楽事業を開始したばかりだった新鋭レーベルCAMへ移籍。CAMは当初エイベックスと提携していたが今作は大黒摩季が所属していたEMIを買収したユニバーサルとの提携となっている。10曲のセルフカバーを収録。「虹ヲコエテ」のみEMI移籍以降の楽曲だが、クレジットでは一括で作詞が"Maki Ohguro and Being Staff"と表記されている。初回盤には洋楽カバー7曲を収録したDISC-2が付属する。こちらでは中西圭三、TAKE(Skoop On Somebody)、光永泰一朗&光永亮太がゲストボーカルとして参加している。大黒摩季としては前作とほぼ同等の売上を記録。CAMとしては既にリリースが停止していた長瀬実夕の最大売上を上回るレーベル最高売上となったが、程なくしてCAMからリリースされるCDは皆無となり、そのままCD事業から撤退、社名も変わった。会社が無くなってしまったためか、元々単発契約だったのか、大黒摩季のCAMからのリリースは今作のみだった

新たに5曲もBeing Staffった(※)今作だが、何故か移籍後の「虹ヲコエテ」まで餌食に。さすがにここまでB社側が命令していたとも思えないが何されるか分からないのと面倒なのでヤケクソで一括表記にしたのだろうか…。

作風はアコースティック&生音による渋く落ち着いた味わい。『weep〜maki ohguro The Best Ballads Collection〜』でセルフカバーした時と概ね同じような方向性。その線でも丸々1作やってみたといったところか。良くも悪くもいい感じに枯れてきた歌声とアコースティックの落ち着きがいい具合にハマっているし、時代性の強かった初期の楽曲が別の曲のように生まれ変わっていて原曲とは全く別の新たな大人の魅力が感じられる。ヒット曲の煌めきは無くなり、パブリックイメージからもかなりかけ離れてしまっているので原曲のイメージが固定されているほど違和感も強くなりそうではある。

洋楽カバーの方はさらに渋い仕上がりだが、何気にゲストボーカルを呼んだコラボが実現するなど音作りはこちらもかなり丁寧な印象。タイトル通りに豪華さと夜を感じさせる雰囲気は22〜24時というよりさらに深夜っぽくもあるけど、これまで以上に大人な大黒摩季が堪能できる1作

※Being Staffる…作詞に謎の表記が加えられる事。ビーイング側がBeing Staff表記をしたのは『BACK BEATs #2』に収録された11曲だけ。

大黒摩季セルフカバーBEST LUXURY 22-24pm(初回盤)初回盤  大黒摩季セルフカバーBEST LUXURY 22-24pm通常盤 

印象度★★★☆☆

2017.2.10更新

戻る