HEARTS

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
ヒロイン 水原由貴 小澤正澄 小澤正澄  
by the sea 水原由貴 小澤正澄 小澤正澄  
will   小澤正澄 小澤正澄 Instrument
キズナ 水原由貴 小澤正澄 小澤正澄 11thシングル 最高34位 売上1.4万枚
HEARTS 水原由貴 小澤正澄 小澤正澄  
TWO OF HEARTS 水原由貴 小澤正澄 小澤正澄 10thシングル 最高30位 売上2.2万枚
コントロール〜'98 MIX〜 水原由貴 小澤正澄 小澤正澄 9thシングル『CONFIDENCE』C/W
水原由貴 小澤正澄 小澤正澄  
心の鍵〜HEARTS MIX〜 水原由貴 小澤正澄 小澤正澄 11thシングルC/W
10 STARLIGHT 水原由貴 小澤正澄 小澤正澄  
11 a short lived love 水原由貴 小澤正澄 小澤正澄 10thシングルC/W

リリースデータ

1998年9月30日 初登場9位 売上6.5万枚 Produced by BMF
Sound Produced by 小澤正澄
日本コロムビア(Beat reC)

メンバー

Voice 水原由貴
All Guitars,Keyboards&Computer Programming 小澤正澄

PAMELAH4thアルバム。ベストから9ヶ月、オリジナルとしては1年半ぶり。リリースは相変わらず順調に続いていたが人気のほうは一気に急降下。アルバム型なのに変わりはないがガクンと売上が落ちた。また98年になってビーイングは日本コロムビアに専用レーベルBeat reCを作りFIELD OF VIEW、BAADらを移籍させた(ついでにこの年にBMGにも専用レーベルBERGを作っている)。元々日本コロムビアにいたPAMELAHもこのレーベル内に移動した。スリーブケース入り、マウスパッド封入となっている。

ベストで1つの区切りをつけたのか今作はPAMELAH作品中最も異色のアルバムとなった。初のインスト曲(3)や表題曲(5)も4行しか詞がない実質インスト状態だったり今までに無い試みがまず目につく。全体的に機械音とギターが印象的なガシャガシャしたサウンドが響き渡っており非常に実験的なサウンドが展開されている。既存のC/Wも元のバージョンは聞いたことが無いがかなりアルバムに合ったように変更されている模様。けっこう変わってしまったなという印象を間違いなく抱くであろう変貌振りにはファンの間でも賛否両論らしい。最初聞いたときは「なんじゃこりゃ…」という印象しか持たなかったが何回か聞いてるとこの実験的サウンドもなかなか凝っていて良く思えてきた

HEARTS

印象度★★★★☆

戻る