ism

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
この両肩を抱きしめて 水原由貴 小澤正澄 小澤正澄  
DISTANCE 水原由貴 小澤正澄 小澤正澄  
許されない恋 水原由貴 小澤正澄 小澤正澄 13thシングル 最高49位 売上0.7万枚
COROMOTION 水原由貴 小澤正澄 小澤正澄  
傷跡 水原由貴 小澤正澄 小澤正澄  
ism   小澤正澄 小澤正澄 Instrumental
記憶 水原由貴 小澤正澄 小澤正澄 12thシングル 最高50位 売上0.9万枚
individualism 水原由貴 小澤正澄 小澤正澄 14thシングル 最高50位 売上0.6万枚
ダーリン 水原由貴 小澤正澄 小澤正澄  
10 魅惑の扉〜ism mix〜 水原由貴 小澤正澄 小澤正澄 12thシングルC/W
11 POLICY 水原由貴 小澤正澄 小澤正澄  

リリースデータ

1999年9月29日 初登場18位 売上2.8万枚 Produced by BMF
Sound Produced by 小澤正澄
日本コロムビア(Beat reC)

メンバー

Voice 水原由貴
All Guitars,Keyboards&Computer Programming 小澤正澄

PAMELAH5thアルバム。そして事実上のラストアルバム。シールには4thアルバムと書かれていたらしいが誤植である。スリーブケース、ステッカー封入。人気のほうは前作以降さらに低下。シングルでは1万枚を割り、アルバムも数字は伸びなかった。しかしここまでのリリースは順調で『許されない恋』、リミックスアルバム『PAMELAHOLIC』、『individualism』、今作と同時発売の2枚目のPV集ビデオと4ヶ月連続でリリースを決行。ブックレットにはオフィシャルファンクラブ設立決定との記載もあり、活動はまだまだ続くと誰もが信じて疑わなかった。この後、FC設立を前にバックアップパーティーと称して11月には「PAMELAHOLIC」が設立された。会報は何回か出されたようで00年1月に初のマキシシングルでの新曲発売が告知されたがこれは結局発売中止に。3月には突如水原由貴がソロでシングルをリリース。それ以降は一切の音沙汰がなくなってしまう。会報も途絶えて数年。休止発表もなくビーイングお決まりの凍結状態へと陥ってしまった。いくらお決まりの凍結状態といえどここまで唐突なのは過去に例が無い。FC設立が決定直後に凍結とは…。03年始めに『at the BEING studio』発売後に久々の会報が発送されて正式な活動終了が告知されたらしい。01年休止説、02年休止説などいろいろあるがリリースは今作で終了、正式な解散発表は03年2月となる。

かなりの実験作だった前作に比べるとかなり本来の路線に戻ってきた印象。シングル曲ではトラック重視の実験曲に走ったりはしているがアルバム曲ではやや試行錯誤しているのは感じるものの安心して聞ける。ただかつてのような勢いはほとんどなく、シングルでの実験的とはいえ意欲的な面を感じるところからするとアルバム曲においてはやや無難な作りになっているような気もする。非常に安定感はあるのだが実質これが最後の作品となってしまった今となってはここらで潮時だったのかとも思えてくる。

ism

印象度★★★☆☆

戻る