Truth

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
キレイになんか愛せない 水原由貴 小澤正澄 小澤正澄 3rdシングル 最高31位 売上4.3万枚
CANDLE 水原由貴 小澤正澄 小澤正澄  
Rainy Night 水原由貴 小澤正澄 小澤正澄  
Best Chance 水原由貴 小澤正澄 小澤正澄  
終わらない恋 水原由貴 小澤正澄 小澤正澄  
LOOKING FOR THE TRUTH 黒澤摩璃子 小澤正澄 小澤正澄 1stシングル 最高26位 売上13.3万枚
I FEEL DOWN 水原由貴 小澤正澄 小澤正澄 2ndシングル 最高30位 売上10.8万枚
忘れたいのに 水原由貴 小澤正澄 小澤正澄  
stay cool 水原由貴 小澤正澄 小澤正澄  
10 Dream Again 黒澤摩璃子 小澤正澄 小澤正澄 3rdシングルC/W

リリースデータ

1995年12月21日 初登場14位 初動6.3万枚、売上22.0万枚 Produced by BMF
Sound Produced by 小澤正澄
日本コロムビア(B-C)

メンバー

SOUND&BRAIN UNIT
Voice 水原由貴
Guitar 小澤正澄
GROOVE&BODY UNIT

PAMELAH1stアルバム。95年2月にデビュー。この当時のみメンバー表記が上記のような形になっていた。基本的に水原と小澤の2人組で写真もそうなのだがよく見るとジャケ写でもバックに判別不能な男が2名いたり、ブックレット『Dream Again』の横でも男2人が水原小澤のバックに、また歌詞の下では4人の足元を映しているなど2人+サポート2人?といった感じになっている。テレビに出演していた人物から徳永暁人(Bass)と初期DEENメンバーだった倉澤圭介(Drum)がGROOVE&BODY UNITではないかと言われているが、そもそもドラムが打ち込みなのでテレビ出演要員でしかなかった気がする。以降は正式に2人組になってこの表記は消える。

当時小室サウンドの台頭ではやっていたデジタル系ダンス調サウンドをビーイング流にやってみた感じ。当時この手のサウンドでは結局1年後にデビューした五十嵐時代Every Little Thingが1人勝ち状態になってしまい、PAMELAHは時代の影に隠れてしまったわけだが実に惜しい。哀愁メロディーデジタルサウンドとハードなギターサウンドの融合が特徴だが非常に耳障りが良くこれが果てしなく完成度が高い。1stにしてこの完成度はさすがに職人揃いのビーイング。小澤正澄って特に印象はなかったがこんなすごいクリエイターだったとは…。水原由貴のボーカルもクセがなくサウンドに合っている。この手のサウンドは個人的には最初にいいと思っても後には飽きてしまうことが多いのだがこの場合そんなことはなかった。1曲1曲は短く40分程度なのであっさり通して聞ける。捨て曲も特になく、最初はどれがシングルなのか分からなかったほどだ。こういうジャンルだと他にも前述のELTやday after tomorrow、GIRL NEXT DOORなどいろいろいるがアレンジャーがキーボードの人でなくギタリストであるPAMELAHは彼らに比べて非常にギターが際立っている。あまり安っぽい感じがしない。

Truth    Truth オンデマンドCD

印象度★★★★☆

戻る