m-CABI(初回盤)

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 m-NAVI 1 "Ride on!! Blue vehicle!"   岡野昭仁 ak.homma,Porno Graffitti インスト
2 ハネウマライダー 新藤晴一 ak.homma ak.homma,Porno Graffitti 20thシングル 最高2位 売上20.9万枚
3 BLUE SKY 岡野昭仁 岡野昭仁 ak.homma,Porno Graffitti  
4 BLUE SNOW 新藤晴一 ak.homma ak.homma,Porno Graffitti  
5 m-NAVI 2 "Keep on having fun with the MUSIC CABINET"   岡野昭仁 ak.homma,Porno Graffitti インスト
6 Winding Road 岡野昭仁 岡野昭仁 ak.homma,Porno Graffitti 21stシングル 最高1位 売上14.4万枚
7 休日 岡野昭仁 ak.homma ak.homma,Porno Graffitti  
8 NaNaNa サマーガール 新藤晴一 新藤晴一 ak.homma,Porno Graffitti 18thシングル 最高3位 売上11.6万枚
9 DONT CALL ME CRAZY 新藤晴一 新藤晴一 ak.homma,Porno Graffitti 19thシングル両A面曲
10 ジョバイロ 新藤晴一 ak.homma ak.homma,Porno Graffitti 19thシングル 最高3位 売上19.0万枚
11 m-NAVI 3 "Ready? Silvia, Geronimo, and Lily?" 新藤晴一 岡野昭仁 ak.homma,Porno Graffitti  
12 月明りのシルビア 岡野昭仁 新藤晴一 Porno Graffitti,野崎ブラザーズ  
13 Mr.ジェロニモ 岡野昭仁 岡野昭仁 ak.homma,Porno Graffitti  
14 横浜リリー 新藤晴一 ak.homma ak.homma,Porno Graffitti  
15 m-NAVI 4 "Let's enjoy till the end" 新藤晴一 岡野昭仁 ak.homma,Porno Graffitti  
16 ライン 新藤晴一 岡野昭仁 ak.homma,Porno Graffitti  
17 グラヴィティ 新藤晴一 新藤晴一 ak.homma,Porno Graffitti  

英語補作詞:Quanaca(15)

Extra-Track CD(初回盤のみ)
No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 NaNaNa ウィンターガール 新藤晴一 新藤晴一 ak.homma,Porno Graffitti 18thシングルの歌詞・アレンジ違いバージョン

※シングル200位以内データ

リリースデータ

2006年11月22日 初登場2位 売上29.2万枚(300位集計) Produed by 田村充義、本間昭光 SME Records

メンバー

Vocal,Chorus,Guitar 岡野昭仁
Guitar,Chorus 新藤晴一

ポルノグラフィティ6thアルバム。前作以降のシングル5作を収録。「m-NAVI」というインタールードを4ヵ所で仕切りのように配置した構成になっている。この4曲はフルバージョン「m-FLOOD」として07年2月28日に配信限定でリリースされ、後にベスト盤(『JOKER』)で初CD化されている。「月明りのシルビア」のみベースとドラムのサポートメンバー(野崎真助と野崎森男の兄弟)とアレンジ、演奏しており、エンジニアの手伝いの元でメンバー自身がカセットMTRで録音を行っている(ブックレットに小さく説明付)。このため音の質感が異なり、ak.hommaも参加していない。初回盤はExtra-Track CDが付属する。内容は「NaNaNa サマーガール」の歌詞とアレンジを変更した「NaNaNa ウィンターガール」。この曲ではサポートドラマーがメインでドラムを担当しているもののAdditionalという形で昭仁と晴一もドラムを担当している。

シングル5曲の方向性がどれも異なるのでそれらを1曲ずつ生かすためにアルバムを4分割したのかと思ったら、1曲(「ハネウマライダー」)を生かす形になっているのは1つ目のブロックのみ。なんと2ブロック目で残りのシングル4曲を一気に放出。3ブロック目は人名シリーズ、4ブロック目は締めのバラードと後半はアルバム曲で固めている。このためパッと聞きは前半だけ勢いがあって、後半が地味。後半部分に味わい深さを感じられるかが今作のポイントになってくるんじゃないかと思う。というかシングルの時点でかつてのような突き抜けた明るさは無くなっており、ヒットした「ハネウマライダー」にしてもどこか落ち着いた感じがする。勢いではなく完全にトータルで聞かせる方向にシフトしてきた感じもするので、それ相応に聞き方も変える必要がある。いつまでも初期のヒット曲のイメージで聞いていればそれはパワーダウンしたの一言で話が終わってしまう。それゆえに今作の4分割というアイデアは面白いし、こういう構成だったからこそアルバム全体の完成度が高くなっているように思う。

「NaNaNa ウィンターガール」は「グラヴィティ」のラスト部分と音が繋がっていて、アルバム本編からのExtra-Trackというこだわりを強く感じる。CDだといちいち入れ替えなきゃいけないので面倒だが、デジタルプレイヤーやCD-Rなどで繋げて配置しておけばより単なるボーナスCDではないこのExtraな感じ(?)が分かるかも。曲の方はメロディーは一緒なんだけど思いっきりアレンジが変わっているのでほとんど別の曲に聞こえる。しかも物凄い勢いで大滝詠一のまんまパロディ(歌詞にも「君は天然色」と出てくる)というのが面白い。どうせ入手するなら是非とも初回盤を。

m-CABI (初回限定盤)初回盤   m-CABI (通常盤)通常盤 

印象度★★★★☆

戻る