PORNO GRAFFITTI BEST RED'S

No タイトル 作詞 作曲 備考
1 ミュージック・アワー ハルイチ ak.homma 3rdシングル 最高5位 売上46.4万枚
2 Century Lovers ハルイチ ak.homma 1stアルバム『ロマンチスト・エゴイスト』収録曲
3 愛が呼ぶほうへ 新藤晴一 ak.homma 13thシングル 最高3位 売上29.7万枚
4 サウダージ ハルイチ ak.homma 4thシングル 最高1位 売上98.2万枚
5 ヴォイス 新藤晴一 本間昭光 7thシングル 最高2位 売上34.9万枚
6 ラック 新藤晴一 Tama 14thシングル(限定) 最高1位 売上9.6万枚
7 幸せについて本気出して考えてみた 新藤晴一 Tama 8thシングル 最高4位 売上15.5万枚
8 Go Steady Go! 新藤晴一 Tama 9thシングルC/W
9 ハルイチ ak.homma 6thシングル『アゲハ蝶』C/W
10 ヴィンテージ 岡野昭仁 岡野昭仁 4thアルバム『WORLDILLIA』収録曲
11 ジレンマ ハルイチ シラタマ 2ndシングル『ヒトリノ夜』C/W
12 Mugen 新藤晴一 ak.homma 9thシングル 最高3位 売上25.7万枚
13 フィルムズ 新藤晴一 ak.homma 新曲
All Songs Arranged by ak.homma,ポルノグラフィティ

※03年以降シングル200位以内データ

リリースデータ

2004年7月28日 初登場2位 売上93.4万枚(300位集計) Produced by 田村充義(tmf),本間昭光(bluesofa) SME Records

メンバー

Vocal,Chorus,Acoustic Guitar 岡野昭仁
Electric&Acoustic Guitar,Chorus 新藤晴一
Electric&Acoustic Bass,Chorus,Rap Tama

ポルノグラフィティ1stベストアルバム。『BLUE'S』と同時発売。「HOT」=情熱がキーワードになっていて情熱的な曲が選出されているらしい。実際には2作ともシングルが7曲+C/Wやアルバムから5曲+未発表1曲で構成されている。デビュー5周年記念という触れ込みだったが発売直前にTamaが脱退を表明。3人時代の区切りの意味も持つことになった。「愛が呼ぶほうへ」、「ラック」、「狼」がアルバム初収録。全てシングルバージョンでの収録なのでアルバム収録の際に変更されていた楽曲は全てシングルバージョンでアルバム初収録となる。作詞作曲の表記は当時の表記のままなので、6thシングル以前のメンバー名はカタカナ表記となっている。アレンジは7thシングルまではak.hommaの単独表記だったのに、今作では一括でak.homma,ポルノグラフィティとされている。全A面を網羅した2013年の『PORNOGRAFFITTI 15th Anniversary"ALL TIME SINGLES"』発売以降はC/W「狼」が今作が唯一のアルバム収録、新曲の「フィルムズ」が今作でしか聞けない曲となる。

発売当時はレーベルゲートCD2で発売された。ソニーはシングルでは03年から採用していたがアルバムで採用していたのは04年頭から撤廃までの9ヶ月程度のため、ポルノグラフィティのアルバムではこのベスト盤2作のみが犠牲となった。初回盤はデジパック仕様。04年秋に撤廃の後で通常CDで再発された。デジパックの方は見れば分かるが、レーベルゲートCD2での通常盤もかなり出回っているので、レーベルゲートCD2と再発CDの見分け方は品番が2ケタ(SECL87)なのがレーベルゲートCD2、3ケタ(SECL237)なのが再発盤となる。レーベルゲートCDは仕様が厄介で現在i tunesで読み込めないなどの不具合が出るケースがあるそうなので、入手の際は注意を!レンタル店でも店によっては相次ぐ苦情を受けて通常CDで入荷し直しているところもある模様。

シングルでとにかく気合の入りまくったヒット性のある曲を出してきただけあってシングルが並ぶベストアルバムとなると圧倒的。アルバム曲はどうしてもインパクトが薄くなってしまい、また活動年数などを考えると2作でC/Wとアルバム曲を10曲も選ぶのは選びすぎな感じはする。このため邪魔にされがちだが、じっくり聞けばそれなりにいいと思えてくる。それでも前半にシングルやak.homma曲が集中したおかげで後半にC/Wとアルバムを4連発になるとさすがに勢いが落ちた感じがしてくる。ここはもう少し構成を考えて欲しかった気はする。

PORNO GRAFFITTI BEST RED'S レーベルゲートCD   PORNO GRAFFITTI BEST RED’S 通常CD再発盤

印象度★★★★★

戻る