ロマンチスト・エゴイスト

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 Jazz up ハルイチ シラタマ ak.homma  
2 Century Lovers ハルイチ ak.homma ak.homma  
3 ヒトリノ夜 ハルイチ ak.homma ak.homma 2ndシングル 最高12位 売上24.3万枚
06年マキシ化再発盤 最高30位 売上0.6万枚
4 ライオン ハルイチ シラタマ ak.homma インディーズ時代のスプリット作『ポルノグラフィティVSリンカーン』収録曲の
「LION」のリメイク
5 憂色〜Love is you〜 ハルイチ ak.homma ak.homma  
6 Heart Beat ak.homma ak.homma ak.homma  
7 マシンガントーク ak.homma ak.homma ak.homma  
8 デッサン#1 ハルイチ シラタマ ak.homma  
9 アポロ(New Apollo Project Version) ハルイチ ak.homma ak.homma 1stシングル 最高5位 売上41.7万枚
06年マキシ化再発盤 最高29位 売上0.6万枚
10 ラビュー・ラビュー ハルイチ シラタマ ak.homma  
11 ジレンマ(How To Play "didgeridoo" Version ハルイチ シラタマ ak.homma 2ndシングルC/W
12 リビドー アキヒト ak.homma ak.homma  
13 ロマンチスト・エゴイスト ハルイチ Ryo ak.homma 1stシングルC/W

※1再発盤は200位集計

リリースデータ

2000年3月8日 初登場5位、最高4位 売上40.5万枚(※2) Producer:田村充義、本間昭光 ソニー

※2 100位集計時代の01年に最終ランクイン後、300位集計になってから04年に2週だけランクイン

メンバー

Vocal,Chorus,Acoustic Guitar,Didgeridoo アキヒト
Electric & Acoustic Guitar,Chorus,Didgeridoo ハルイチ
Basses,Chorus,Rap シラタマ

ポルノグラフィティ1stアルバム。99年9月に「アポロ」でデビュー。初登場76位だったが5週目にトップ10入りしてロングヒットとなった。年明け1月の「ヒトリノ夜」は歴史に残る激戦週(「TSUNAMI」の1週目の週)にぶつかり唯一トップ10入りを逃したもののこれもロングヒット。続けてリリースされた今作は2週目に4位を記録して以降はトップ10落ちしたものの、やはりロングヒット。とはいえ「アポロ」を越える事はできず、1発屋への懸念は残る結果となった。直前まで広瀬香美を手がけた田村充義、本間昭光によるプロデュースで、本間はak.hommaを名乗り、作編曲に大きく関与した。「ロマンチスト・エゴイスト」の作曲者Ryoは吉俣良。

なんといってもak.hommaの手腕が大きい。アレンジャーとしては知っていたが作曲家としてここまでキャッチーな曲を次々に生み出していくとは思わなかった。メンバー3人もハルイチが作詞、シラタマが作曲、アキヒトがその圧倒的なボーカルでそれぞれ才能を発揮しているんだけど、恐らくソニーからも自作では売れないという判断があったのか、ak.hommaを単なる指導者ではなく実質的なメイン作家として起用。本間昭光はバンド系よりも打ち込みテイストの方が得意だったせいか、ドラムは全部打ち込みデジポップ/ロックっぽい質感のサウンドになっている。で、実際リアルタイムでもこのアルバムを聴いているんだけど(※3)、シングル2曲が強すぎてそれ以外は印象がかなり薄かった。特にメンバー作になるとどうにもパッとせず、これ以降もシングルは1発で耳に残るほどドキャッチーなのにアルバムだとどうもパッとしないシングルアーティストという印象が固まってしまった。後にベスト盤が2枚同時リリースされた際もアルバム曲は邪魔扱いまでは行かなくても選びすぎとか全部通して聞くにはヘビーみたいな感想をオリジナルアルバムまでは聞いてないリスナーの間で多く目にしたので、そこにファンとライトリスナーの境がけっこう明確にあるのかなと思う。

久々に聞いてみたけど、アルバム曲もシングル抜きにすれば悪くない。いきなりどエロな歌詞で始まる辺りもシングル2曲からするといきなりアレ?って感じだが、そもそもバンド名を見れば納得。アルバム曲ではけっこう色々やっていて全力投球感は出ているし、当時はさっさと飽きてしまったのに、意外と最後まで飽きずに聞きとおすことができた。ak.hommaの影に隠れがちな元々のメインライターであったシラタマも「ライオン」辺りに見られるようにロック的なアプローチでak.hommaには無い色を出しつつもキャッチーさも意識して、やりたいことと売れる曲を作る事の狭間で腐心しているような印象。結局のところアルバム曲に対してはすぐに浮かぶほど明確な印象を残すまでは行かなかったけど、かなり好感触なアルバムにはなった。シングルが強すぎるアルバムというのはどうしてもそれ以外の印象が薄くなりがちだし、あえてシングル飛ばして聞いてみたり、時間を置いてみたり、何度も聞いてみたりすれば何かが見えてくるかもしれない1作。ドキャッチーなシングルに対する聞き方や期待をそのまま持ち込むと特にak.hommaがメインでヒットを飛ばしまくっていた時期のアルバムの良さは見えてこないと思う。この感覚で既に聞いたアルバムももう1度聞いて感想をリメイクしていこうと思う。

※3 何故今作がずっと感想リストに入ってなかったかというと今作がレンタルCDのカセットテープ録音時代の最終期(この1ヶ月後からCD-R録音へ移行)でカセットでしか音源が残っていなかったため。

ロマンチスト・エゴイスト  

印象度★★★★☆

戻る