THUMPx

No タイトル 作詞 作曲 備考
Ouch!! 岡野昭仁 新藤晴一  
ネオメロドラマティック 新藤晴一 ak.homma 17thシングル 最高2位 売上22.8万枚
東京ランドスケープ 岡野昭仁 ak.homma  
We Love Us 新藤晴一 岡野昭仁  
黄昏ロマンス 新藤晴一 新藤晴一 16thシングル 最高3位 売上13.1万枚
Twilight,トワイライト 岡野昭仁 岡野昭仁  
ROLL 岡野昭仁 岡野昭仁 17thシングル両A面曲
シスター 新藤晴一 ak.homma 15thシングル 最高2位 売上24.5万枚
ドリーマー 新藤晴一 ak.homma  
10 社員 on the beach 新藤晴一 新藤晴一  
11 プッシュプレイ 新藤晴一 新藤晴一 17thシングルC/W(ライブ音源) スタジオ音源初収録
12 うたかた 岡野昭仁 ak.homma  
13 何度も 新藤晴一 新藤晴一  
14 Let's go to the answer 岡野昭仁 岡野昭仁  

※シングル200位以内データ

リリースデータ

2005年4月20日 初登場1位 売上41.7万枚(300位集計) Produed by 田村充義、本間昭光 SME Records

メンバー

Vocal,Chorus,Guitar 岡野昭仁
Guitar,Chorus 新藤晴一

ポルノグラフィティ5thアルバム。タイトルは「サンプサンプサンプ」と読む。ベスト盤を経ての2年ぶりのオリジナル。ベースのTamaが脱退して2人になってから最初のアルバム。今作では1番古い「シスター」まではレーベルゲートCD2での発売だったが、直後にCCCD撤退の流れとなったので以降は通常CDでの発売に戻り、レーベルゲートCDだった作品も全てCDで再発された。「プッシュプレイ」は先にライブ音源がC/Wに収録されていたが今作でスタジオ音源が収録された。ベスト盤を経て固定ファンが増加し、以前ほどのロングヒットはしなくなったが、売上のアベレージは上がり、今作でも前作オリジナルを倍近く上回る好調な売上を記録した。またオリジナルアルバムでの1位獲得は今作が初。初回盤はBOXケース入り仕様。

初期のようなak.hommaの圧倒的なヒットチューンは「ネオメロドラマティック」辺りが最後だったように思うんだけど、2人になって大きく変わったのはまずバンド感が増した事。今作ではほとんどの楽曲がサポートのドラムを入れ、抜けたベースもサポートを入れたバンド編成が基本になっている。ドラムの使用頻度は3人時代も徐々に増していたが今作以降ではグッとバンドっぽくなった印象を受ける。その一方で随所に入っている打ち込みを生かしたサウンドがいいスパイスになっている。楽曲制作面でも昭仁と晴一の楽曲が増えたが、実は今までほとんど無かった2人の組み合わせが実現、さらに随所でak.hommaも支えている。中盤過ぎにシングル曲が出尽くした後には派手さは無いが勢いが落ちた感じもしない。圧倒的なシングル曲がなくなった事もあるが、アルバムとしてのバランスはより良くなってきた印象。トータルの完成度ではTama脱退の痛手を全く感じさせない。最終曲「Let's go to the answer」では歌詞に過去の楽曲が次々に登場し、また前年に30代に突入した事にも触れつつ、それでもまだまだ行くぜ!という決意を歌った楽曲で2人になってからのポルノグラフィティへの期待がさらに高まる。

THUMPχ

印象度★★★★☆

戻る