雲をも掴む民

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
敵はどこだ? 新藤晴一 Tama ak.homma,ポルノグラフィティ  
ラスト オブ ヒーロー 新藤晴一 ak.homma ak.homma,ポルノグラフィティ  
アゲハ蝶(Red Mix) ハルイチ ak.homma ak.homma 6thシングル 最高1位 売上91.8万枚
ハート 新藤晴一 Tama ak.homma,ポルノグラフィティ  
Aokage 岡野昭仁 岡野昭仁 ak.homma,ポルノグラフィティ  
クリスチーナ 岡野昭仁 岡野昭仁 ak.homma,ポルノグラフィティ  
n.t. 岡野昭仁 岡野昭仁 ak.homma,ポルノグラフィティ  
ヴォイス 新藤晴一 本間昭光 本間昭光 7thシングル 最高2位 売上34.9万枚
パレット 新藤晴一 ak.homma ak.homma,ポルノグラフィティ  
10 幸せについて本気出して考えてみた
(アルバムバージョン)
新藤晴一 Tama ak.homma,ポルノグラフィティ 8thシングル 最高4位 売上15.5万枚
11 ニセ彼女 新藤晴一 Tama ak.homma,ポルノグラフィティ  
12 ビタースイート 新藤晴一 Tama ak.homma,ポルノグラフィティ  
13 夜はお静かに 新藤晴一 Tama ak.homma,ポルノグラフィティ  

リリースデータ

2002年3月27日 初登場2位 売上49.1万枚(※) Produced by 田村充義、本間昭光 ソニーレコード

※03年以降300位集計に変わってから101位〜300位以内に再ランクイン。このため02年後半の101〜300位分が集計されていない。

メンバー

Vocal,Chorus,Acoustic Guitar 岡野昭仁
Electric&Acoustic Guitar,Chorus 新藤晴一
Bass,Chorus Tama

ポルノグラフィティ3rdアルバム。「掴」はは旧字体。今作までのシングルリリース3作の間に楽曲クレジットの記載が1作ごとに変化を遂げた。「アゲハ蝶」までは以前のカタカナ表記だったが、「ヴォイス」ではak.hommaが本間昭光になったことも含めて全員が本名表記に変わった。先行シングルの「幸せについて本気出して考えてみた」では岡野、新藤がそのまま本名表記、シラタマがTamaに改名、本間は再びak.hommaに戻り、編曲にバンドも入るようになった。メンバークレジットでも白玉雅己ではなくTamaで統一され、以降脱退後もTamaの名義で活動している。しかしこの改名により当時同じレコード会社のHysteric Blue(当時はまだ現役で活動中)のボーカルと芸名が丸被りしてしまうこととなった。「アゲハ蝶」はリズムが強調されたミックス変更、「幸せについて本気出して考えてみた」はイントロ前にサビが追加されている。モーニング娘。に阻まれ2位となり、2週目はケツメイシに阻まれ2週連続2位だった。CDが本格的に売れなくなったこともあり、今作の売上は前作から大きく下がり、前作初動にすら遠く及ばなかったものの、トップ10に4週、7月頃までトップ100に居座るなどそれなりにヒットはしている。今作の中では最も古く、まだ影響が出始めた程度だった「アゲハ蝶」はミリオンは逃したが、年間トップ10入りを果たしている。

前作では作曲でも奮闘していた晴一は今作では作詞のみに専念。これにより晴一の作詞にTamaかak.hommaが作曲、もしくは昭仁が単独で作詞作曲するという3パターンの組み合わせになった。「敵はどこだ?」や「ラストヒーロー」など正義を問い直すような曲が序盤に並ぶ辺りも象徴的だけど前年に起こった911テロの影響も色濃い。また今までと異なり生ドラムが7曲で使用されているが、全体的な印象ではバンド感を増した部分もあるけど、まだデジタルロック/ポップ色も強い。昭仁の声は本来「陽」の部分が強い声だし、あくまでポルノグラフィティとしては暗くて重いという程度ではあるけど、前2作とは質感が異なる。そこまで本格的に重くは無いし、明るい曲も入ってるんだけどジャケットの印象もあって1番シリアスな感じはする。相変わらずシングルが強いものの珍しくシングル以外でもシングルのようなパッと聞きでキャッチーな「パレット」みたいな曲もあるし、自作でシングルになった「幸せについて本気出して考えてみた」はこれまでよりもバンドっぽさを増したサウンドが聞ける。その反面個人的にはak.homma曲である「ヴォイス」は初めてak.hommaのシングル曲で今までよりもインパクトが弱く感じた。なんといっても「アゲハ蝶」がずば抜けているのでメンバーとak.hommaとの差が縮み始めた事を本格的に実感したのはもう少し先だけどその予兆は感じる1作だ。

当時はシングルと「パレット」以外はパッとしないし、明るい曲が少ない上にイメージと違ったのでさっぱり印象に残らなかった。ただこれはこれで進化と捉えられないこともないし、911後に楽曲に重さが加わったミュージシャンも少なくなかったし、これもありだったような気はする。今まで以上に聞き込みがいがあるというか。改めて聞いてみたらそんなに悪くは無かった。ただ「アゲハ蝶」で期待して聞くとけっこうイメージ違うのでそこのところは注意といったところか。

雲をも掴む民

印象度★★★☆☆

戻る