The Greatest Princess

No タイトル 作詞 作曲 備考
1 19 GROWING UP-ode to my buddy- 富田京子 奥居香 4thシングル(アルバム同発) 最高62位 売上1.6万枚
2 GO AWAY BOY 中山加奈子 中山加奈子 5thシングル(カット) 最高19位 売上4.7万枚
3 GET CRAZY! 中山加奈子 奥居香 6thシングル 最高13位 売上11.9万枚
4 M 富田京子 奥居香 7thシングルC/W(カット)
5 DIAMONDS<ダイアモンド> 中山加奈子 奥居香 7thシングル 最高1位 売上109.7万枚
6 世界でいちばん熱い夏(平成レコーディング) 富田京子 奥居香 2ndシングル 100位圏外
8thシングル(再発) 最高1位 売上86.5万枚
8thシングルC/W収録Ver.(ライブアレンジを基にした再録音バージョン)
7 友達のまま 富田京子 奥居香 4thアルバム『LOVERS』収録曲
8 パレードしようよ 富田京子 奥居香 4thアルバム『LOVERS』収録曲
9 OH YEAH! 中山加奈子 奥居香 9thシングル 最高1位 売上57.5万枚
10 ジュリアン 中山加奈子 奥居香 10thシングル 最高1位 売上58.8万枚
11 ROCK ME 奥居香 奥居香 10thシングルC/W
5thアルバム『PRINCESS PRINCESS』収録曲
12 HIGHWAY STAR 渡辺敦子 渡辺敦子・
奥居香
5thアルバム『PRINCESS PRINCESS』収録曲
13 KISS 富田京子・
中山加奈子
奥居香 11thシングル 最高1位 売上40.1万枚
14 SEVEN YEARS AFTER 富田京子 奥居香 12thシングル 最高3位 売上28.1万枚
15 パイロットになりたくて 中山加奈子 今野登茂子 14thシングル 最高6位 売上12.3万枚
16 GUITAR MAN 奥居香 奥居香 7thアルバム『BEE-BEEP』収録曲
17 Fly Baby Fly 富田京子 奥居香 20thシングル 最高28位 売上3.2万枚

リリースデータ

1996年2月1日 初登場3位 売上31.3万枚 ソニー

メンバー

ヴォーカル、ギター、ピアノ 奥居香
ギター、ヴォーカル 中山加奈子
ベース、ヴォーカル 渡辺敦子
ドラムス 富田京子
キーボード、ヴォーカル 今野登茂子

PRINCESS PRINCESS3rdベストアルバム。96年1〜5月まで行われていた最後の全県ツアー中にリリースされた。通算では『SINGLES 1987-1992』(シングルコレクション)、『PRESENTS』(ファン投票)に続く3枚目のベストだが前2作は明確にベストアルバムと銘打っていなかったので今作が純然たる初のベストアルバムとして扱われた。「世界でいちばん熱い夏(平成レコーディング)」がアルバム初収録。ラストオリジナルアルバム『The Last Princess』は低迷したが今作は解散特需で前3作の売上を上回った。アンコールシングルと称した最後のシングル「夏の終わり」が同時発売

あくまでベストではなくシングルコレクション、あくまでベストではなくファン投票を基にした企画盤…と前2作は明確にベストアルバムを銘打ったわけではなかったので今作が初のベストアルバムという扱いだった。解散を受けてのオールタイムベストだったはずだが、ブレイク間際から人気全盛期の曲を並べていったらそれだけで埋まってしまい、初期皆無、後期もほぼ選ばれないというかなり偏った内容になっている。4年経過しているのに、『SINGLES 1987-1992』以降の楽曲が最後の2曲だけなのである。

後にリリースされた06年の『プリ2』とは1〜10,13,14が被っていたりと、プリプリのベストを1枚で作ろうとするとどうしてもこうなってしまうという傾向は後に乱発された解散後のベスト盤でより鮮明になっていく。確かにここに収録された曲だけでもいいものが多く、これらを削って後期の曲を入れようったって後期のどの曲を選ぶかよりもその前にどれを削ればいいのか…2枚組に増量するしかない…という勢い。ラスト4年はトップ10落ちしたシングルも多く、正直なところヒット曲が出せなくなっていったのも事実であり、ヒット曲を聞きたいだけなら今作のような選曲でほぼ聞けてしまうわけで。入口としてはこれでいいのかもしれない。

そんなわけでオールタイムな選曲ではないが、1枚モノのベストアルバムとしては一応オフィシャルな今作か、最新リマスターがいいなら06年の『プリ2』が決定盤だと思う。

The Greatest Princess

印象度★★★★☆

06年頃の感想を2017.6.23修正

戻る