プリ2〜PRINCESS PRINCESS BEST OF BEST〜

No タイトル 作詞 作曲 備考
1 19 GROWING UP-ode to my buddy- 富田京子 奥居香 4thシングル(アルバム同発) 最高62位 売上1.6万枚
2 KISS 富田京子・
中山加奈子
奥居香 11thシングル 最高1位 売上40.1万枚
3 DIAMONDS(ダイアモンド) 中山加奈子 奥居香 7thシングル 最高1位 売上109.7万枚
4 M 富田京子 奥居香 7thシングルC/W(カット)
5 世界でいちばん熱い夏 平成レコーディング 富田京子 奥居香 2ndシングル 100位圏外
8thシングル(再発) 最高1位 売上86.5万枚
8thシングルC/W収録Ver.(ライブアレンジを基にした再録音バージョン)
6 OH YEAH! 中山加奈子 奥居香 9thシングル 最高1位 売上57.5万枚
7 ジュリアン 中山加奈子 奥居香 10thシングル 最高1位 売上58.8万枚
8 パレードしようよ 富田京子 奥居香 4thアルバム『LOVERS』収録曲
9 パパ 中山加奈子 奥居香 9thシングルC/W(カット)
10 GET CRAZY! 中山加奈子 奥居香 6thシングル 最高13位 売上11.9万枚
11 GO AWAY BOY 中山加奈子 中山加奈子 5thシングル(カット) 最高19位 売上4.7万枚
12 SEVEN YEARS AFTER 富田京子 奥居香 12thシングル 最高3位 売上28.1万枚
13 ジャングル プリンセス 今野登茂子 中山加奈子 13thシングル(カット) 最高13位 売上13.4万枚
14 友達のまま 富田京子 奥居香 4thアルバム『LOVERS』収録曲

リリースデータ

2006年3月8日 初登場47位 売上0.6万枚 Producer:河合マイケル誠一&笹路正徳 ソニー

メンバー

ヴォーカル、ギター、ピアノ 奥居香
ギター、ヴォーカル 中山加奈子
ベース、ヴォーカル 渡辺敦子
ドラムス 富田京子
キーボード、ヴォーカル 今野登茂子

PRINCESS PRINCESS6thベストアルバム。結成から20周年、96年の解散から10周年となった06年に関連商品が続々発売された。今作は着うたでのダウンロード数上位14曲を収録。同時発売で玉置成実、いきものがかりなどなどソニーの若手女性歌手がトリビュートした収録曲が同じ『14プリンセス〜PRINCESS PRINCESS CHILDREN〜』がリリースされた。誰が何を歌っているかはここ参照。さらにベストを除く全アルバム、武道館での解散ライブDVDのBOXセット『10 Years After〜PRINCESS PRINCESS Premium BOX〜』も同時発売された。また5月には全シングルを12センチCDに変更したシングルBOXセット『21st.〜PRINCESS PRINCESS Single Collection Memorial Box〜』を発売、12月には9枚組全映像作品のDVDBOX『PRINCESS PRINCESS THE BOX〜Platinum Days〜』がリリースされた。

以前のベスト盤とほとんど被った内容。着うたでの人気上位となってくるとそのまま全盛期の曲に集中しており、活動は96年まで続いたが選曲は新しくても92年の曲までで、ほとんどが90年前後の絶頂期の曲だけになっている。ゆえに名曲は多いが、活動の全てを網羅したベスト盤とは言えないが、ひとまず広く知られた曲は概ね入っているので選びやすい1作。オリジナル音源のリマスターがされた王道選曲では最新のベスト盤(今作以降は季節ベストとリミックスベストしかない)なので、ある程度の迫力あるサウンドでプリプリのヒット曲をオリジナルで聞きたいなら今作が1番いいと思う。サウンド面、特にキーボードサウンドややたらドタドタした響きのドラムなど、80's〜アーリー90's特有の音にはどうしても時代を感じてしまうが、後にガールズバンドとカテゴライズされる女性だけのバンドによる最も大きな成功を収めた先駆者的存在として語り継がれる存在であり、やはり偉大な存在だなと思う。

プリ2~PRINCESS PRINCESS BEST OF BEST~

印象度★★★★☆

06年当時の感想を2017.7.1修正

戻る