THE REBIRTH BEST〜再会〜

DISC-1
No タイトル 作詞 作曲 備考
世界でいちばん熱い夏(平成レコーディング) 富田京子 奥居香 2ndシングル 100位圏外
8thシングル(再発) 最高1位 売上86.5万枚
8thシングルC/W収録Ver.(ライブアレンジを基にした再録音バージョン)
OH YEAH! 中山加奈子 奥居香 9thシングル 最高1位 売上57.5万枚
HIGHWAY STAR 渡辺敦子 渡辺敦子・奥居香 5thアルバム『PRINCESS PRINCESS』収録曲
Diamonds(ダイアモンド) 中山加奈子 奥居香 7thシングル 最高1位 売上109.7万枚
M 富田京子 奥居香 7thシングルC/W(カット)
ジュリアン 中山加奈子 奥居香 10thシングル 最高1位 売上58.8万枚
REGRET 中山加奈子 奥居香 15thシングル『POWER/REGRET』両A面曲 最高7位 売上11.4万枚
パパ 中山加奈子 奥居香 9thシングルC/W(カット)
One 富田京子 奥居香 5thアルバム『PRINCESS PRINCESS』収録曲
10 KISS 富田京子・中山加奈子 奥居香 11thシングル 最高1位 売上40.1万枚
11 DING DONG 中山加奈子 奥居香 4thアルバム『LOVERS』収録曲
12 STAY THERE 富田京子 奥居香 3rdアルバム『LET'S GET CRAZY』収録曲
13 パイロットになりたくて 中山加奈子 今野登茂子 14thシングル 最高6位 売上12.3万枚
14 友達のまま 富田京子 奥居香 4thアルバム『LOVERS』収録曲
15 だからハニー 中山加奈子 奥井香 16thシングル 最高6位 売上18.6万枚
16 THE SUMMER VACATION 中山加奈子 奥居香 18thシングル 最高21位 売上8.1万枚
17 Fly Baby Fly 富田京子 奥居香 20thシングル 最高28位 売上3.2万枚

 

DISC-2
No タイトル 作詞 作曲 備考
19 GROWING UP-ode to my buddy- 富田京子 奥居香 4thシングル(アルバム同発) 最高62位 売上1.6万枚
MELODY MELODY 富田京子 奥居香 7thアルバム『BEE-BEEP』収録曲
パレードしようよ 富田京子 奥居香 4thアルバム『LOVERS』収録曲
ロマンス 中山加奈子 奥居香 6thアルバム『DOLLS IN ACTION』収録曲
SHE 中山加奈子 今野登茂子 2ndアルバム『HERE WE ARE』収録曲
ムーンライト ストーリー 中山加奈子 奥居香 4thアルバム『LOVERS』収録曲
WONDER CASTLE 今野登茂子 奥居香 4thシングルC/W(アルバム同発)
恋に落ちたら 奥居香 今野登茂子 4thアルバム『LOVERS』収録曲
GO AWAY BOY 中山加奈子 中山加奈子 5thシングル(カット) 最高19位 売上4.7万枚
10 ROMANCIN' BLUE 富田京子 奥居香 2ndアルバム『HERE WE ARE』収録曲
11 瞳だけはみつめない 渡辺敦子 奥居香 3rdアルバム『LET'S GET CRAZY』収録曲
12 GUITAR MAN 奥居香 奥居香 7thアルバム『BEE-BEEP』収録曲
13 GET CRAZY! 中山加奈子 奥居香 6thシングル 最高13位 売上11.9万枚
14 ROCK ME 奥居香 奥居香 10thシングルC/W
15 SEVEN YEARS AFTER 富田京子 奥居香 12thシングル 最高3位 売上28.1万枚
16 I LOVE YOU 中山加奈子 奥居香 6thアルバム『DOLLS IN ACTION』収録曲

 

初回盤DVD
「All That LOVE」 2012.3.20(TUE)幕張メッセ国際展示場9・10・11ホール
No タイトル 内容
DOCUMENT リハーサルの模様〜ライブ前の舞台裏ドキュメント
LIVE(「世界でいちばん熱い夏」「Diamonds」 2曲のライブ映像〜終演後の舞台裏

リリースデータ

2012年6月27日 初登場5位 初動2.7万枚、売上9.1万枚 Original Recording Producer=河合マイケル&笹路正徳 ソニー

メンバー

Vocal,Guitar 岸谷香
Guitar,Chorus 中山加奈子
Bass,Chorus 渡辺敦子
Drums 富田京子
Keyboards,Chorus 今野登茂子

PRINCESS PRINCESS2枚組ベストアルバム。東日本大震災復興支援のために2012年年明けに再結成を発表。3月20日のTM NETWORK、米米CLUBとの合同ライブに出演。今作リリース後は単独ライブを行い、日本武道館4daysに続き、東京ドーム2daysを行う。08年の『THE PREMIUM BEST』に続いてリマスターだけでなく、ニューミックスとなっている。ミックスとリマスターそれぞれのエンジニアも08年時と同じ人物(ミックス=三上義英、マスタリング=阿部充泰)が手掛けている(マスタリングエンジニアは06年の『プリ2』とも同じ)。音源の使いまわしはしておらず、全曲2012年バージョンとして新たにニューミックス&リマスターが施されている。また今回は奥居香ではなく結婚後の名前である岸谷香でメンバー表記されている(『プリ2』や『THE PREMIUM BEST』等、近年のベスト盤にはメンバー表記が無かった)。初回盤は復活公演となった3月20日のTM NETWORK、米米CLUBとの合同ライブのドキュメントとライブ映像2曲を収録したDVD付。

散々ベストが出ているが、今回の目玉は再結成を発表しての公認ベストである事と初の2枚組である事、ニューミックス&リマスタリングである。選曲に関しては「ファンの皆様から寄せられた、“あなたの好きなプリプリソング”を中心に」とされている。基本的に今までのベスト盤に収録されたことのある人気曲と思われるものはほぼ網羅されているようだが、2枚組だけに今まで選ばれなかったような曲もある。一方で近年の06年『プリ2』、08年『THE PREMIUM BEST』に収録された曲の中では唯一「ジャングル プリンセス」だけがはじかれてしまった。またシングルA面は今回も網羅されておらず、相変わらず全シングルを一気に回収するにはBOX作品を狙うしかない。

そしてニューミックスだが、基本的には音を立体的にして、現代的なサウンドに仕上げているといった感じ。80年代後半〜90年代前半の原曲は今聞くとやや古くも聞こえるが、ニューミックスによって今でも違和感のないバンドサウンドになっている。ただこの辺りはリアルタイムで聞いていた世代の間では賛否もあるようで、過剰に派手になった今風のサウンドには違和感があるという人も出てくると思う。後追いのファンには文句なくおススメである。ガールズバンドとしてはやはり伝説的なバンドだし、ヒット実績もあるポップとロックの絶妙なバランス加減は今でも通じるものがあると思う。00年代以降ガールズバンドも増加したが、PRINCESS PRINCESSにリスペクトの姿勢を見せたバンドが無い。Whiteberry、ZONE、SCANDALなど同じソニー系列だというのに、解散後にZONEのメンバーとPRINCESS PRINCESSのメンバーのそれぞれ一部がライブで「ゾンプリ」として演奏したくらいで、直接音源としてのカバーはやっていない。ヒットチャートの中でやっていくのであれば、世のガールズバンドはもっと敬意を示すべき偉大なバンドだと思う。

なお『THE PREMIUM BEST』とは15曲中14曲が被っているが、ニューミックスの方向性は大きく異なる。全体的な印象では今作の方が音が綺麗である。『THE PREMIUM BEST』の方が、音がグイグイして派手でロック色が強いイメージだった。今作も音は派手だが、そこまでド派手ではなくもう少しバランスを整えた感じで、ポップ色を強調したようなイメージである。曲によりけりという感じで、『GUITAR MAN』みたいなロック色の強い曲だったら『THE PREMIUM BEST』の方が勢いがあったと思う。ただ『THE PREMIUM BEST』以上にクリアに聞こえるのは確かだし、全体的には今作の方がブラッシュアップされた感じなのかなと思う(圧縮音源(iTunes取り込み)で聞くのを前提にしているのではないかという指摘もあり、かなりの高級オーディオで聞くような人だと違和感が増大するみたいだけど…)。

DVDに関しては現役時代をリアルタイムで知らないし、たまに流れる過去映像はありえないくらいド派手かつ、今となってはズレまくりなセンスの衣装を着ているイメージが強かったのであまりちゃんとした「当時のイメージ」が無い。それでもさすがに年齢を感じるなぁ…というのが正直なところだ。それでもパフォーマンスは良い。少々高音がきつそうな感じもするし、ドラムの富田さんだけは動きが激しいだけにかなり全力出してます感が漂っており、隣で涼しげにキーボード弾いている今野さんと対照的だったりもする。だけど久々でも勢いは失われてないぜ!というのを示すような勢いはあるんじゃないだろうか。この映像は往年のファン程、復活を実感できて感動するのではないかと思う。

THE REBIRTH BEST~再会~(初回生産限定盤)(DVD付) 初回DVD付  THE REBIRTH BEST~再会~ 通常盤 

印象度★★★★★

 

PRINCESS PRINDESSベスト盤の解説

オリジナルアルバムどころか全部は聞いてないので分かる限り、掲載。ただ確実なことは売上1位2位4位である『DIAMONDS』『世界でいちばん熱い夏』『OH YEAH!』の3曲はオリジナルアルバム未収録であるという実に変わった事態になっていること。

SINGLES 1987-1992 『SINGLES 1987-1992』
92年発売の初ベスト。130万枚を越えて、2番目のヒット作となっている。当時メンバーはベストを出さないとしていたので正式には「シングルコレクション」でありベストではないというスタンス。解散は96年だが絶頂期はこの頃までだったので売れたシングルは、ほぼこれで網羅できる。数曲は'92mixとして収録されているほか(「世界でいちばん熱い夏」はオリジナルバージョンをミックスしなおしたもの)、今作用の新曲も1曲収録されている。

PRESENTS 『PRESENTS』
94年発売のファン投票ベスト。ほとんどアルバム曲から選ばれている。新曲「悲しみのある風景」も収録されているがこの曲は後のシングルC/Wにカットされている。人気が陰ってきていた時期だけに大きなヒットにはならなかった。ファン投票だけあって、『THE REBIRTH BEST〜再会〜』との被りが大半を占める。

The Greatest Princess 『The Greatest Princess』
96年発売の解散時ベスト。時系列で最後まで網羅されている。ただやはり絶頂期に寄った選曲となっているため、売れなくなってきてからの活動後半の曲は少ない。

The Complete Songs Of Princess Princess 『プリンセス・プリンセス大全集(The Complete Songs Of Princess Princess)』
96年の解散ライブ翌日に発売された全7枚組の全曲集。収録は曲名のあいうえお順。アンコールシングルとしてリリースされたためアルバム未収録のままの『夏の終わり』も含めて文字通りに全曲が収録されているようだが予約限定生産だったらしい。これ1作品で全て入手できる便利なアイテムだが、やや入手は困難。

STAR BOX 『STAR BOX』
99年発売のソニー企画ベスト。ソニー所属歌手の宿命のようなベスト盤。何気に初期だけにとどまらず、後期のシングルも収録されている。現在は廃盤のようだ。

STAR BOX EXTRA PRINCESS PRINCESS 『STAR BOX EXTRA』
01年に再び復活したシリーズの一環でまたしても出されたベスト盤。EXTRAだけに『STAR BOX』に入りきらなかった曲を収録しているのかと思いきや、被りまくり。ただ1stシングル『恋はバランス』が収録されている辺りは他のベスト盤には無い特徴(『SINGLES 1987-1992』では'92mixだった)。

プリ2~PRINCESS PRINCESS BEST OF BEST~『プリ2〜PRINCESS PRINCESS BEST OF BEST〜』
06年発売。解散から10周年を記念して大々的にBOX作品等がリリースされたが、高額BOXには手を出せないライト層に向けたようなベスト盤。当時の着うた上位人気曲を収録したという。同じ選曲の同時発売で当時のソニーの若手ミュージシャンが参加したトリビュート盤『
14プリンセス~PRINCESS PRINCESS CHILDREN~ 』もリリースされたが大コケした。原曲のリマスタリングとしては今作が最新のものだと思う

10Years After~PRINCESS PRINCESS Premium Box~(DVD付) 『10Years After〜PRINCESS PRINCESS Premium Box〜』
06年発売の全アルバム集。ライブDVDもついている豪華BOX。リマスタリングがされているらしいが、アルバム未収録曲をまとめたDISCは入ってないので、『DIAMONDS』『世界でいちばん熱い夏』『OH YEAH!』といった代表ヒットシングルが入っていないという欠点がある。

21st.~PRINCESS PRINCESS Single Collection Memorial Box~ 『21st.〜PRINCESS PRINCESS Single Collection Memorial Box〜』
06年発売の全シングル集。アルバムBOXから2ヶ月後に発売。全シングルを12センチ化したBOXセット。前述のようにC/WどころかA面曲でさえアルバム未収録曲がけっこうあるので、アルバムBOXでの足りない点を補強する重要アイテム。今から一気に全曲集めたい96年当時の『大全集』(メンバー解説も入っているらしい)か06年リマスターのアルバムBOXとシングルBOXで集めるか悩ましいところだと思う。

プリプリ・サマソン! 『プリプリサマソン』
07年発売の夏ソングベスト。リマスターしているかは不明(06年音源の可能性が高い)。代表曲である「Diamonds」「世界でいちばん熱い夏」を筆頭に有名な曲から今までのベスト盤に収録されなかったアルバム曲なども聞けるので次の1枚としても優秀なベスト盤。当時の8センチシングルとBOX以外で初めてラストシングル「夏の終わり」が収録され、お手軽に聞けるようになったのも大きい。「世界でいちばん熱い夏」のオリジナルと平成バージョンの両方が聞けるのも聞き比べが出来て面白い。

プリプリ・フユソン!(初回生産限定盤) プリプリ・フユソン! 『プリプリフユソン』
07年発売の冬ソングベスト。夏っぽい曲は多かったが、冬全開の曲があまり無いのでかなり苦しい選曲になっており、とりあえずバラードやミディアムっぽいのを冬として収録しているような内容。初回盤はカラオケ4曲を収録。夏ベストとセットで2枚組ベストとして聞いてもそれなりにヒット作は聞けるし、他のベストで聞けないアルバム曲も聞けるのでそういう入り方もありか?ただ大ヒット曲では「OH YEAH!」がどっちにも入ってない。

THE PREMIUM BEST 『THE PREMIUM BEST』
08年発売。これまでと違いリマスタリングだけでなく、ニューミックスが施されている。レベッカの『Complete Edition』におけるremix editionに近いイメージで、現代的なサウンドに生まれ変わっている。後にBlu-spec CD化もされている。『THE REBIRTH BEST〜再会〜』がポップ寄りなNew Mixとすれば、今作はロック寄りなNew Mixである。

戻る