RADWIMPS

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 人生 出会い 野田洋次郎 野田洋次郎 RADWIMPS  
2 自暴自棄自己中心的(思春期)自己依存症の少年 野田洋次郎 野田洋次郎 RADWIMPS  
3 心臓 野田洋次郎 野田洋次郎 RADWIMPS  
4 もしも 「みんな一緒に」バージョン 野田洋次郎 野田洋次郎 RADWIMPS 1stシングル チャート対象外
5 さみしい僕 野田洋次郎 野田洋次郎 RADWIMPS  
6 コンドーム 野田洋次郎 野田洋次郎 RADWIMPS  
7 青い春 野田洋次郎 野田洋次郎 RADWIMPS  
8 「ぼく」と「僕」 野田洋次郎 野田洋次郎 RADWIMPS 1stシングルC/W
9 あいまい 野田洋次郎 野田洋次郎 RADWIMPS  
10 嫌ん 野田洋次郎 野田洋次郎 RADWIMPS  
11 「ずっと大好きだよ」「ほんと?…」 野田洋次郎 野田洋次郎 RADWIMPS  
12 愛へ 野田洋次郎 野田洋次郎 RADWIMPS  
13 あいラブユー 野田洋次郎 野田洋次郎 RADWIMPS  

リリースデータ

2003年7月2日 初登場300位圏外、最高86位 売上9.1万枚 プロデュース:RADWIMPS NEWTRAXX

メンバー

Vocal&Guitar 野田洋次郎
Guitar&Chorus 斉木祐介
Guitar&Chorus 桑原彰
Bass&Chorus 朝生恵
Drums&Chorus 芝藤昭夫

RADWIMPS1stアルバム。03年5月に1万枚限定100円シングルとして「もしも」を発売(現在このシングルのみ公式サイトには非掲載)。今作には別バージョンで収録され、C/W2曲のうち「「ぼく」と「僕」」が収録されている。当時メンバーは高校3年生で、今作リリース後にメンバーの大学受験に伴い活動を一時休止。大学合格後に活動を再開したが、その際に野田と桑原以外の3人のメンバーは離脱し、メンバーチェンジが行われた。このため旧メンバー5人による最初で最後のアルバムとなっている。当時は300位圏外だったが、バンドがブレイクへの兆しを見せた7thシングル「有心論」発売後の06年8月に294位に初チャートインすると07年1月に最高位となる86位を記録し、09年5月まで断続的に300位以内に98週に渡りランクインした。

今作はメンバーが高校時代に制作されたということで以降とはメンバーも異なる(メンバー構成もギターが1人多い)。当時流行っていた青春パンクやらミクスチャーロックっぽい作風も織り交ぜられているが基本的にはやかましいまでのロックサウンドに乗せて早口でまくしたてるようなアッパーな楽曲が多い。RADWIMPSの核である野田洋次郎の独特のセンスは既に後に通じるものも多分にあるように感じられるけど、やっぱりとてつもなく若いし、荒々しい当時高校生ということを考えるとけっこうとてつもないアルバムなんじゃないかとも思うんだけど、後追いで聞くとやっぱりちょっと苦笑い…というところはある。現在ではRADWIMPSの原点を聞いておきたいリスナー向けで、今作だけしか聞かないとか今作だけでこのバンドを判断するような立ち位置のアルバムではないと思う。

RADWIMPS  

印象度★★★☆☆

戻る