RAGッ STORY

DISC-1
No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 ラブラブなカップル フリフリでチュー 土屋礼央 土屋礼央 RAG FAIR 1stシングル 最高5位 売上12.0万枚
2 恋のマイレージ 土屋礼央 豊島吉宏 幾見雅博&RAG FAIR 2ndシングル(3rd同発) 最高1位 売上14.1万枚
3 Sheサイド ストーリー 引地洋輔 原一博 幾見雅博&RAG FAIR 3rdシングル(2nd同発) 最高2位 売上10.4万枚
4 あさってはSunday 土屋礼央 土屋礼央 幾見雅博&RAG FAIR 4thシングル 最高2位 売上9.9万枚
5 かえりみち 奥村政佳 奥村政佳 幾見雅博&RAG FAIR 4thシングルC/W、1stアルバム『AIR』収録曲
6 空がきれい 土屋礼央 豊島吉宏 幾見雅博&RAG FAIR 5thシングル(限定) 最高4位 売上5.7万枚
7 七転び八起き 土屋礼央 土屋礼央 幾見雅博&RAG FAIR 6thシングル 最高3位 売上5.5万枚
8 白い天使が降りてくる 加納孝政 櫻井真一 幾見雅博&RAG FAIR 7thシングル 最高9位 売上4.6万枚
9 Old Fashioned Love Song グ スーヨン オオゼキタク 幾見雅博&RAG FAIR 8thシングル 最高4位 売上5.5万枚
10 HANA 近藤金吾・
引地洋輔
近藤金吾 光田健一&RAG FAIR 9thシングル 最高4位 売上3.7万枚
11 Dip! Dip! Dip! RAG FAIR 土屋礼央 光田健一&RAG FAIR 9thシングルC/W、2ndアルバム『CIRCLE』収録曲
12 君でなければ 財津和夫 財津和夫 光田健一&RAG FAIR 10thシングル(限定、アルバム同発) 最高8位 売上3.4万枚 
13 at the circle 奥村政佳・
引地洋輔
引地洋輔・
奥村政佳
引地洋輔・
光田健一&RAG FAIR
2ndアルバム『CIRCLE』収録曲
14 ハレルヤ グ ヨースン 土屋礼央 幾見雅博&RAG FAIR 11thシングル 最高11位 売上2.9万枚
15 半熟ラプソディ 引地洋輔 引地洋輔 幾見雅博&RAG FAIR 11thシングルC/W
16 Summer Smile 引地洋輔 引地洋輔 武部聡志&RAG FAIR 12thシングル 最高6位 売上2.2万枚
17 fallin' LOVE(Bonus Track) 土屋礼央 土屋礼央 光田健一&RAG FAIR 新曲

 

DISC-2(Bonus CD)
No タイトル 構成 編曲 備考
1 スターズオンRAG FAIR 引地洋輔 光田健一&RAG FAIR 9分に及ぶ持ち歌アカペラメドレー 新作
エンハンスドCD仕様「ドキュメント映像/ストリートライブ!」

リリースデータ

2005年11月30日 初登場7位 売上3.0万枚 トイズファクトリー

メンバー

ボーカル 土屋礼央
ボーカルパーカッション 奥村政佳
ボーカル 荒井健一
ボーカル 加藤慶之
ボーカル 引地洋輔
ベースボーカル 加納孝政(2〜)
脱退
ベースボーカル 高久陽介(1)

RAG FAIR初のベストアルバム。2ndアルバム『CIRCLE』から1年2ヵ月ぶりのアルバム。ここまでの12作のシングルA面全て、C/Wとアルバムから4曲、新曲1曲をリリース順に収録。「白い天使が降りてくる」、2ndアルバム以降のリリースだった「ハレルヤ」「半熟ラプソディ」「Summer Smile」がアルバム初収録。DISC-2には引地洋輔が構成を担当したアカペラメドレー「スターズオンRAG FAIR」を収録。全く同じ構成ではないがほぼ同じアカペラメドレーを披露する路上ライブ映像「ドキュメント映像/ストリートライブ!」がエンハンスドCD仕様で収録されている。演奏クレジットはカットされているが、デビュー時にメンバーだった高久陽介が1曲目のみベースボーカルを担当している事だけは記載されている。初回盤は特殊なデジパック仕様(ぐるぐる回るジャケット)。ブームが去り、注目度が著しく下がっている中でプロモーションもあまりされなかったため、トップ10ヒットシングルを詰め込んだベストアルバムだったが、ここまでの最低売上となった。しかし結果的に今作が最後のアルバムでのトップ10ヒットであり、次回作以降で今作を越えた作品は無い

テレビの企画モノという印象が当時強かったし(実際にはハモネプがきっかけで広く注目されたもののハモネプの大会には出ていない)、大学生上がりの素人みたいなイメージが勝手に強くなっていてブーム時には敬遠していたが、ベスト盤と言う事で今作で初めてRAG FAIRを聞いてみた。正直おっくん(奥村政佳)の超人的ボイパが凄かったから生き残った程度にしか思ってなかったのだが曲をちゃんと聞いてみたら実はそのポップセンスもアカペラバンドとしての実力もかなりすさまじいことに気がついた。ポップソングとしてのツボを押さえたような耳に残るいい曲が最初から最後まで並んでいて、単純に最後まで聞いていてとても気持ちがいい。今作にしか収録されていないシングルも4曲あってデビューからのヒット曲が全部聞けてアルバム曲からも選曲されているので最初に聞くにはうってつけ。J-POP好きなら必聴の1作

完全なアカペラから始まり、後半になるほど楽器の併用も増えるが今作時点まではまだアカペラ主体となっている。DISC-1だけでも実力の高さは存分に感じられるが、DISC-2の9分に及ぶメドレーは圧巻。アカペラだけで本当にバンドのようなサウンドを構成して聞かせられるのは最大の強みだと思う。

RAGッ STORY

印象度★★★★★

05年当時の感想を2017.7.20修正

戻る