LEGEND OF REBECCA

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 Wearham Boat Crub(remixed edition) 木暮武彦、
有川正沙子
木暮武彦 REBECCA 1stシングル 新規remixed edition
2 Virginity(remixed edition) 宮原芽映 土橋安騎夫 REBECCA 2ndシングル(アルバム同発)
1st remixed editionアルバム『Complete Edition』収録Ver.
3 Tatoo Girl(album edition) NOKKO 木暮武彦 REBECCA 16thシングル両A面曲 初期未発表曲
4 Friends(remixed edition) NOKKO 土橋安騎夫 REBECCA 4thシングル
14thシングル(remixed edition) 最高6位 売上25.7万枚
5 Raspberry Dream(remixed edition) NOKKO 土橋安騎夫 REBECCA 5thシングル
1st remixed editionアルバム『Complete Edition』収録Ver.
16thシングル(remixed edition、カット) 100位圏外
6 Monotone Boy(remixed edition) 松本隆 土橋安騎夫 REBECCA 7thシングル
2nd remixed editionアルバム『Complete Edition U』収録Ver.
7 Cheap Hippies(remixed edition) NOKKO 土橋安騎夫 REBECCA 5thアルバム『TIME』収録曲
1st remixed editionアルバム『Complete Edition』収録Ver.
8 Lonely Butterfly(remixed edition) NOKKO 土橋安騎夫 REBECCA 6thシングル
2nd remixed editionアルバム『Complete Edition U』収録Ver.
9 Moon(remixed edition) NOKKO 土橋安騎夫 REBECCA 9thシングル(カット)
1st remixed editionアルバム『Complete Edition』収録Ver.
10 Nervous But Glamorous(remixed edition) NOKKO 土橋安騎夫 REBECCA 8thシングル
2nd remixed editionアルバム『Complete Edition U』収録Ver.
11 One More Kiss(remixed edition) NOKKO 土橋安騎夫 REBECCA 10thシングル
1st remixed editionアルバム『Complete Edition』収録Ver.
12 Vanity Angel(remixed edition) NOKKO 土橋安騎夫 REBECCA 11thシングル 新規remixed edition
13 Super Girl(remixed edition) NOKKO 土橋安騎夫 REBECCA 12thシングル(カット)
2nd remixed editionアルバム『Complete Edition U』収録Ver.
14 Little Rock(remixed edition) NOKKO 土橋安騎夫 REBECCA 13thシングル 新規remixed edition
15 神様と仲なおり(ambient version) NOKKO 土橋安騎夫 土橋安騎夫 15thシングル『神様と仲なおり/HELLO TEENAGE』C/W収録Ver.

リリースデータ

2002年2月20日 初登場97位 売上0.26万枚 Produced by 土橋安騎夫 SME Records

メンバー

Vocal NOKKO 
Keyboards 土橋安騎夫
Bass 高橋教之
Drums 小田原豊

REBECCA3rd remixed editionアルバム。『Complete Editon』『Complete Edition U』に続く3作目となるremixed editionによるベストアルバムだが今回は正式な続編ではない。"80年代を駆け抜けた。レベッカの伝説が新世紀によみがえる。"のキャッチコピーで、帯には"リミックス&リマスタリングベストアルバム"と記載されているが現在ソニーの紹介文にリミックス&リマスターの文字は無く単なるベストアルバムとして扱われている。『Complete Editon』から6曲、『Complete Edition U』から4曲といった既出10曲に加えて、新規remixed editionとなる3曲、00年に再結成して他社で発売した唯一のシングルC/Wに収録されていた「神様と仲なおり(ambient version)」、初期の未発表曲として1ヵ月前に先行シングルとしてリリースしていた「Tatoo Girl」のAlbum Editを収録。「神様と仲なおり(ambient version)」は今作のみの収録オリジナルバージョンと「HELLO TEENAGE」はアルバム未収録。「Tatoo Girl」は先行でリリースされたシングルバージョンが8年後に『GOLDEN☆BEST REBECCA』に収録されている。

00年に再結成してイーストウエストに移籍して15thシングル『神様と仲なおり/HELLO TEENAGE』発売するもこれ以外に活動は無く、01年はリリースゼロで再結成はそのままフェードアウト状態となった。02年年明けにソニーがシングル『Raspberry Dream/Tatoo Girl』を発売。これは『Complete Editon』収録の「Raspberry Dream(remixed edition)」と初期の未発表曲である「Tatoo Girl」の両A面扱いだったがこのシングルは100位圏外となり、1ヵ月後に今作がリリースされた。既にリバイバルヒットも再結成の話題も消えかけていたため、今作も100位ギリギリのランクインとなり、99年から続いたremixed edition展開も今作で一区切りとなった。

立ち位置が何とも微妙なベストアルバム。一応remixed edition展開2作の総集編+αといった構成ではあるんだけど、数年前に出したばかりの既出のremixed editionが10曲もあるのが中途半端すぎる。しかし新規のremixed editionが3曲ある上に、未発表曲「Tatoo Girl(album edition)」があったり、「神様と仲なおり(ambient version)」があるのでスルーもできないという…。

新規のremixed edition3曲は『Complete Editon』『Complete Edition U』を聞いた後にまだ足りない曲があるぞ!という要望に応えるような選曲なので各段最初に聞く必要はないと思う。「Tatoo Girl」は2ndアルバム頃の未発表曲とされていて、木暮リーダー時代の楽曲(ただ何故かクレジットでは木暮には1,2,3と表記されているのに、当時のドラマー小沼に1,2までの表記しかない)。これもまあ未発表だった曲だけによりによって「Virginity」と「フレンズ」という名曲と名曲の間とかあまりに配置が悪すぎであり(単に時系列に並べているだけなんだろうけど)、どうにもパッとしない感じはあり、あくまでファン向け、しかも初期を支持するコアファン向けのサービスだと思う。「神様と仲なおり(ambient version)」はオリジナル自体もかなり落ち着いた作風でREBECCAらしさはあまり感じられない曲なんだけど、このambient versionは編曲が土橋単独になっているように、ほとんどバンドサウンドになっていない別アレンジというか土橋によるミックス変更ではないあっちの意味での"リミックス"といった仕上がり。オリジナルと「HELLO TEENAGE」はアルバム未収録なので、リミックスみたいな別バージョンをここで聞くよりシングル盤を探してきた方がいい(廃盤で入手困難だけどな)

既出の10曲でも代表曲はあらかた押さえてはあるので別にこれが最初の1枚でも問題は無いけど、最初に聞くなら『Complete Editon』の方がより聞きやすいと思うし、『Complete Editon』→『Complete Edition U』からオリジナルアルバムへ進んでいって最終的にまだ聞いてない別バージョンと未発表曲も聞きたい!という段階になって聞いた方がしっくり来るポジションのアルバムじゃないかなと思う。

LEGEND OF REBECCA  

印象度★★★★☆

2015.11.14執筆

戻る