LIVE SELECTION 1

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 WILD EYES Nokko,沢ちひろ 土橋安騎夫 Rebecca 3rdアルバム『WILD & HONEY』収録曲
2 76th Star Nokko,沢ちひろ 土橋安騎夫 Rebecca 4thアルバム『REBECCA IV Maybe Tomorrow』収録曲
3 Cotton Time Nokko 土橋安騎夫 Rebecca 4thアルバム『REBECCA IV Maybe Tomorrow』収録曲
4 Cheap Hippies Nokko 土橋安騎夫 Rebecca 5thアルバム『TIME』収録曲
5 London Boy 沢ちひろ 土橋安騎夫 Rebecca 4thアルバム『REBECCA IV Maybe Tomorrow』収録曲
6 Poison Mind Nokko 土橋安騎夫 Rebecca 6thアルバム『Poison』収録曲
7 LONELY BUTTERFLY Nokko 土橋安騎夫 Rebecca 6thシングル
8 蜃気楼 Nokko 土橋安騎夫 Rebecca 3rdアルバム『WILD & HONEY』収録曲
9 Bottom Line Nokko 土橋安騎夫 Rebecca 4thアルバム『REBECCA IV Maybe Tomorrow』収録曲
10 Sexy Groove Nokko 土橋安騎夫 Rebecca 13thシングル『LITTLE ROCK』C/W Studio Version Remix

国立代々木第1体育館 1988年5月30日(1,2,3,4,5)
名古屋市民会館 1988年4月23日(7)
日本武道館 1987年2月20日(8,9)
恵比寿FACTORYU 1987年12月25日(6)

リリースデータ

1992年12月2日 初登場24位 売上3.2万枚 Produced by 土橋安騎夫 Ki/oon Sony Records

メンバー

Vocal Nokko
Keyboards 土橋安騎夫
Bass 高橋教之
Drums 小田原豊
 
Guitar 是永巧一
Guitar 友森昭一
Percussion 中島オバヲ

REBECCA1stライブアルバム。『LIVE SELECTION 2』と2枚同時発売。こちらには87、88年のライブ音源からセレクトされた9曲を収録。バンドは解散していたのでメンバー全員が関与したわけではないようだが、プロデュースは土橋安騎夫名義になっている。「Sexy Groove」はライブ音源ではなく、解散前最後のシングル『LITTLE ROCK』C/W曲でここでアルバム初収録となった(ただしオリジナル音源ではなくリミックスされている)。LD/VHSで発売された映像作品『#43#61#77 POISON TOUR '87〜'88』(20周年BOXでのみDVD化)のうち#66に該当する名古屋、#77に該当する代々木と同一日のようだが被っているのは「WILD EYS」のみ。ただ今作収録にあたって当時の音源から全曲ミックス変更をしたのかJun Tendoによるリミックスのクレジットがある。今作よりキューンソニーへレーベル移動しており、以降『STAR BOX』までの作品はキューンからリリースされている。紙ジャケット仕様。再発はされていない。

当時のライブ機材では主に土橋が出していたシンセサウンドをライブで完全に再現することは難しかったようで、キーボードの音色は原曲よりも控えめになっているがその分だけ生のロックバンド感が前に出ていてなかなかに熱い内容。リマスター再発がされていないので一連の2013リマスター盤や2013年リリースのライブアルバム『REBECCA LIVE'85〜Maybe Tomorrow Tour〜』に比べるとやはりちょっと物足りないところはある。この2作がリマスターのラインナップから外されてしまったのは残念。選曲はアルバムの人気曲が中心なので、一通り聞いた後のファン向けの内容ではあるけど、ライブバンドとしてのREBECCAを感じられる貴重な作品だ。また後にC/W集もリリースされるので、ラストの「Sexy Groove」収録はあまり意味が無くなってしまったが今作ではリミックスが施されて音の感じがちょっと変わっている。今作がリリースされた92年には早くも80年代の音が一気に古くなってきていた頃だと思うんだけど、そこのところを92年当時の感覚でよりバンドっぽいタイトな雰囲気に仕上げたといったところだろうか。というかこの曲、元々けっこうロックバンドしていて熱いライブ音源の後に来てもそんなに違和感が無い。

ライブ・セレクション‐1  

印象度★★★★☆

2015.11.5執筆

戻る