LIVE SELECTION 2

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 Cotton Love Nokko 土橋安騎夫 Rebecca 7thアルバム『BLOND SAURUS』収録曲
2 When A Woman Loves A Man Nokko 土橋安騎夫 Rebecca 5thアルバム『TIME』収録曲
3 Moon Nokko 土橋安騎夫 Rebecca 9thシングル(カット)
4 One More Kiss Nokko 土橋安騎夫 Rebecca 10thシングル
5 Raspberry Dream Nokko 土橋安騎夫 Rebecca 5thシングル
6 Friends Nokko 土橋安騎夫 Rebecca 4thシングル
7 Monotone Boy 松本隆 土橋安騎夫 Rebecca 7thシングル
8 Private Heroine Nokko、沢ちひろ 土橋安騎夫 Rebecca 4thアルバム『REBECCA IV Maybe Tomorrow』収録曲
9 Maybe Tomorrow Nokko 土橋安騎夫 Rebecca 4thアルバム『REBECCA IV Maybe Tomorrow』収録曲

日本武道館 1990年1月19日(4,5,6,9)
東京ドーム「BIG EGG」 1989年7月17日(1,2,3,7,8)

リリースデータ

1992年12月2日 初登場25位 売上3.0万枚 Produced by 土橋安騎夫 Ki/oon Sony Records

メンバー

Vocal Nokko
Keyboards 土橋安騎夫
Bass 高橋教之
Drums 小田原豊
 
Guitar 是永巧一
Guitar 古賀森男
Guitar 友森昭一
Percussion 中島オバヲ

REBECCA2ndライブアルバム。『LIVE SELECTION 1』と2枚同時発売。こちらには89,90年のライブ音源からセレクトされた9曲を収録。バンドは解散していたのでメンバー全員が関与したわけではないようだが、プロデュースは土橋安騎夫名義になっている。今作の2会場でのライブは映像作品『BLONDSAURUS IN BIGEGG』(DVDは20周年BOXのみ)、『DREAMS ON 1990119』(00年に単独DVD化)としてもリリースされている。このうち日本武道館の方は全曲映像化されていたので重複しているが、ドームの方は映像未収録だったり不完全収録だった曲が主に選曲されている模様。今作にもNobuhisa Kawabe(1〜8)、Etsuhiro Nakamura(9のみ)によるリミックス表記があり、当時の映像用の音源からミックス変更を行っているようだ。

二大ヒットシングルを筆頭にシングル曲が多く、さらに日本武道館東京ドームという大会場でのライブということもあって今作の方が大迫力でパワーがある。東京ドームなんかは今では当たり前のように後楽園にそびえ立っているけど完成したのが88年なので、このライブ音源はドームが出来て2年目である。今でもドームはライブする環境じゃない(音響が悪い)という声は多いが当時は今にも増して音響最悪だったようでそんなに音がいいわけではないが、ライブ自体は熱いのでそんなに気にならなかった。今作は特に後半の曲がNOKKOのフェイク連発や演奏しながらそのままメンバー紹介を入れるなどしている部分が目立ち(実際のセットリストでも終盤の配置だったようだ)、「Monotone Boy」は11分半もあったり、「Private Heroine」も6分半を越えていて長い。それが溢れんばかりの熱度に満ちていて「1」以上に熱さを感じられる。また日本武道館での90年1月19日のライブというのは結果的に現役時代のラストライブでもあり、「Maybe Tomorrow」は最終曲でもある。REBECCA現役最後の演奏曲でアルバムが締められるので、これでREBECCAの現役時代が終わった感じも体感できる。メンバーというか今作をプロデュースしている土橋にとっても今作を出してREBECCAに一区切りという意識があったんじゃないかと思う。翌年以降はレコード会社主導でまだまだリリース続くけどな

ライブ・セレクション‐2  

印象度★★★★☆

2015.11.6執筆

戻る