GOLDEN ROAD〜BEST〜

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
大切なもの 北川賢一 北川賢一/
近藤信政
ロードオブメジャー 1stシングル 最高2位 売上90.8万枚
雑草 上原彰兼/北川賢一 近藤信政/
北川賢一
ロードオブメジャー 2ndシングル 最高3位 売上25.0万枚
僕らだけの歌 北川賢一 北川賢一 ロードオブメジャー 3rdシングル 最高6位 売上14.5万枚
君がため 北川賢一 北川賢一 ロードオブメジャー 1stアルバム『ROAD OF MAJOR』収録曲
心絵 北川賢一 北川賢一 ロードオブメジャー 4thシングル 最高7位 売上6.3万枚
偶然という名の必然 北川賢一 北川賢一 ロードオブメジャー 5thシングル 最高16位 売上3.2万枚
親愛なるあなたへ... 北川賢一 北川賢一 ロードオブメジャー 6thシングル 最高7位 売上5.8万枚
蒼天に向かって 北川賢一 北川賢一 ロードオブメジャー 7thシングル 最高13位 売上1.9万枚
さらば碧き面影 北川賢一 北川賢一 ロードオブメジャー 8thシングル 最高11位 売上4.8万枚
10 ENERGY ロードオブメジャー 北川賢一 山本恭司/
ロードオブメジャー
9thシングル 最高21位 売上1.1万枚
11 apasionado   近藤信政/
松本賢一
  6thシングルC/W インスト曲 
12 はじまりの場所 北川賢一/上原彰兼 北川賢一/
近藤信政
ロードオブメジャー 1stシングルC/W
13 row,row,row 北川賢一/hachi 北川賢一/
近藤信政
ロードオブメジャー 1stアルバム『ROAD OF MAJOR』収録曲
14 スコール 北川賢一 北川賢一 ロードオブメジャー 1stアルバム『ROAD OF MAJOR』収録曲
15 風歌 北川賢一 北川賢一 ロードオブメジャー 6thシングルC/W
2ndアルバム『ROAD OF MAJORU』収録曲
16 Evolving! 北川賢一/hachi/
Adam Friedberg
北川賢一/
近藤信政
ロードオブメジャー 2ndアルバム『ROAD OF MAJORU』収録曲
17 月の葉書 北川賢一 北川賢一 ロードオブメジャー 5thシングルC/W
2ndアルバム『ROAD OF MAJORU』収録曲
18 PLAY THE GAME ロードオブメジャー ロードオブメジャー
/山本恭司
ロードオブメジャー
/山本恭司
10thシングル 最高8位 売上2.6万枚
19 僕らの夜明け前 北川賢一 北川賢一 ロードオブメジャー 9thシングルC/W

※シングルたぶん200位以内データ

リリースデータ

2007年3月28日 初登場9位 売上4.2万枚 JUNK MUSEUM(エイベックス、カッティングエッジ内レーベル)

メンバー

Vocal 北川賢一
Bass 松本賢一
Guitar 近藤信政
Drums 上原彰兼

ロードオブメジャー、ベスト盤。02年テレビ東京系の「ハマラジャ」番組内の企画でバンドが結成された。初登場50位以内ならメジャーデビュー、ダメなら解散という条件の中で見事「大切なもの」が大ヒット。メジャーデビューの切符を手にするが、本人たちの意向で1stアルバムまではインディーズで活動。4枚目のシングル『心絵』からメジャーデビューした。最終的にシングル10枚、アルバム2枚をリリース。今作はデビュー5周年を記念してのものだったが、7月になって解散を発表。この後はリミックスアルバムを出しただけだったので結果的に全活動の総決算になってしまった。今作は全シングル収録されているが、『雑草』の両A面『足跡』は入っていない(1stアルバムには収録されている)。また、C/Wのみだった曲と最新シングルだった『PLAY THE GAME』の4曲がアルバム初収録となる。

90年前後に青春を過ごした人がブルハやジュンスカに青春時代を思い出すならば00年前半に青春を過ごした人はモンパチや175Rの「空に唄えば」と並んで、「大切なもの」が記憶に残ることだろう。このバンドはとにかく青春ロックである。テレビの企画で出てきたとか、インディーズと言っておきながらも実態はエイベックスの支配下のインディーズだったのでメジャーになってからとほとんど何も変わってないとか、若干手垢がついた感もあるのだが曲だけを見れば青春そのもの。「大切なもの」はその中でもミリオンに迫る大ヒットを記録した。この曲だけが優れているわけではないが、やはり印象に残るのはこの曲か「僕らだけの歌」だった。他の曲もどれもいいのだが19曲と数が多く、さすがに曲調に幅がなさすぎるので若干飽きてくるのが難点である。ただそれでもシングル以外の曲でも「月の葉書」のように勢いだけでなく、落ち着いた雰囲気でもけっこういいかなと思える曲も入っていたりもする。いずれにせよシングルでもそれなりに挑戦したりはしているんだけど、やはりこの手のバンドは若さゆえの勢いが魅力であり、長く続くものではないのかもしれないなとも思った。それでも最後のシングル『PLAY THE GAME』では末期的な空気もそんなに感じない。まだまだ勢いはあったような気もする。事後報告みたいな形での解散は少々残念である。

GOLDEN ROAD~BEST~(5万枚限定生産)(DVD付) 5万枚限定生産DVD付     GOLDEN ROAD~BEST~ 通常盤

印象度★★★★☆

戻る