各コーナー感想基準

視聴環境について

使用オーディオ
JVC(ビクター)EX-AR9(2017年購入中古品、2011年製)

〜17年8月  JVC(ビクター)EX-AR3(ケーブルのみ付属品から「4S6」に交換)
〜09年8月 DENONのD-ME33
05年9月以前 パナソニックの5チェンジャー式のミニコンポ(名称不明)

DVD/Blu-rayはASPLITY ABD-01(2015.11〜)、AVOXのDVD/Blu-ray再生専用機(2010〜2015.10)
音声は光ケーブルでEX-AR3に接続
映像はSHARPの16型TVに接続。

・当サイト掲載の作品は基本的には上記の視聴環境において視聴して感想を書いています。

上記以外の環境としてウォークマン「SONY NW-S786」(ファイル形式はFLAC)(2014.10〜)、イヤホン「JVC HA-FW01」(2017.3〜)、「JVC FX-850」(2015〜2017.2)を使用しています。

CDウォークマン「Sony D-NE241」はそれ以前使用していましたが2015年以降ほぼ使用していません。

・レンタル品の場合はCD-Rにコピーしての視聴となります。WAV(無圧縮)音源をCD-Rに焼いています。

・2015年以降CD-Rが増えすぎて困ったのでWAV音源(非圧縮)をUSBでEX-AR3へ接続して視聴するのがメインになりつつあります。

・CD-Rへのコピー環境には特にこだわりはなく普通にNECのノートPCに入ってたソフトでリッピングして焼いています。CD-Rは日本製のものを使用しています。この点もこだわる人はこだわるそうで、リッピング環境、CD-Rによっても音質が変わるとする話は存在します。個人的にはそこに関してはあまりこだわりがありません。

・図書館レンタルで感想書いた後、バックアップせずに返却したため"現在所持はしてない"作品は、かつて「レビュー予備軍」コーナーで取り扱っていましたが、現在は廃止され、再度聞いたものから通常レビューへ統合しています。

 

 

統一評価基準

・★1〜★5の5段階に加えて+0.5の意味合いでに変わります。

・逆に-0.5の意味合いでになります。

★★★★★が最大値となりますが、それを越える場合に+1+2といった表示がつくことが稀にあります。

★が崩壊することが稀にあります。

・「普通」は★3となりますが、★4を期待値・標準値として、期待外れだと下げて、期待以上だと上げる形になっています。

・厳密ではなく、基本的には気分でつけています。

 

シングル感想

・リリース当時の感想のまま、その後感想が変わっても一切の文章変更、★変更を行っていません

・開設当初02年序盤の感想は04年頃に一部書き直しています(フォーマットが少し違うのはこのためです)。

 

アルバム感想

・聞き直したり、旧作扱いへ移動時に他作品とのバランス取りのために★の数を変更したり、感想を書き換える事があります

・軽い変更の場合は変更の表記をしていません。

・全面的に書き直した場合は「UP」表記をしています。

 

過去曲回顧

・初期は単曲レビューですが古くなりすぎてそれ自体が過去になってしまったので公開終了しました。

・過去曲回顧がさらに過去になっていくことを踏まえ、その後の作品を追加時には全面改訂・分割を行っています。行った場合は「改」表示がつきます。

・単独レビュー→対談レビューでリメイク、もしくは対談→単独でリメイクの際には古い方も残しています。その旨は記載してありますので、最新の感想を見たい場合は新しい方を参照してください。シングル感想も含めると年月による感想の変化が垣間見えます。

 

あと俺の耳のレベル

・普通のCDとSHM-CD,Blu-spec CD,HQCD等の高音質素材CDの音の違いが分かりません。

・CDとDVD-Audioもそこまで大きく違いが分かりません(比較作品:GOING UNDER GROUNDの「ハートビート」)

・圧縮音源はあまり真剣に聞いたことが無いけど、音質の違いもそんなに実感したことがありません。

・音感ゼロでコードとかも分かりませんのでコード進行がどうとかいう分析はできません。

・奏法、楽器の各部名称などもさほど詳しくないのと、読んでいる方がワケが分からなくなると思うので、そういった名称を駆使しての感想は書きません。

 

戻る