人間失格

No タイトル 作詞 作曲 編曲
So Deep ЯK ЯK 山口一久
かけがえのない人 ЯK ЯK ЯK&岡部啓一
愛欲のまなざし ЯK ЯK ЯK&岡部啓一
古の炎 ЯK ЯK 土方隆行
liar's hymn ЯK ЯK ЯK&岡部啓一
うたかた ЯK&吉田美智子 吉田美智子 山口一久
Stop the time forever ЯK ЯK 大島ミチル&土方隆行

リリースデータ

2002年7月17日 初登場18位 売上2.2万枚 EXECUTIVE PRODUCER:KENJI SUGIMOTO(gai RECORDS) ビクターエンターテイメント

河村隆一2ndミニアルバム。自身が主演した映画『ピカレスク 人間失格』で太宰治を演じ、その太宰にインスパイアされて書き下ろしたという楽曲を収録したミニコンセプトアルバムである。「Stop the time forever」は映画の主題歌にもなったが、映画自体は規模そのものも小さく大したヒットにはなっていない模様。初回盤には(というか例によって通常盤は出回らないのでは?)やはり太宰治にインスパイアされて隆一が書いた詩集が入っている。歌詞カードよりも厚い詩集で『人間失格』ワールド全開といった感じ。歌詞カードは通常の半分サイズ。

7は主題歌となったということで中心的楽曲だがシングルにするには少し弱い気もする。2001年は正直LUNA SEAと97年のソロ活動を意識しすぎてとにかくポップへポップへと走っている印象があったがこの年になって吹っ切れたようで1曲目からLUNA SEAっぽい感じの曲にもチャレンジしている。歌い方も前年とは変わってきている。曲はバラード中心だが2ndアルバム『深愛〜only one〜』のポップな感じとはまた違ってどちらかといえば97年のミニアルバム『Cranbery soda』に近い感じ。正直2001年は今後に不安というか退屈なものを感じたがこれなら大丈夫そうだと安心した。ただ暗めの雰囲気全開なので聞く人は選ぶかも。

人間失格

印象度★★★☆☆

戻る