THE VOICE

No タイトル 作詞 作曲 編曲 原曲
How Deep Is Your Love
/愛はきらめきの中に
Barry Alan Gibb,
Maurice Emest Gibb,
Robin Hugh Gibb

タケカワユキヒデ(日本語詞)
Barry Alan Gibb,
Maurice Emest Gibb,
Robin Hugh Gibb
小泉信彦 ビー・ジーズ(1977年)
映画「サタデー・ナイト・フィーバー」より
Over The Rainbow
/虹の彼方に
E.Y.Harburg
水嶋哲(日本語詞)
Haroid Arien 葉山拓亮 ジュディ・ガーランド(1939年)
ミュージカル映画「オズの魔法使」より
Arthur's Theme(Best That You Can Do)
/ニューヨーク・シティ・セレナーデ
Peter W.Alen,
Burt F.Bacharach,
Christopher C.Cross,
Carole Bayer Sager
小椋佳(日本語詞)
Peter W.Alen,
Burt F.Bacharach,
Christopher C.Cross,
Carole Bayer Sager
葉山拓亮 クリストファー・クロス(1980年)
映画「ミスター・アーサー」より
Ave Maria
/アヴェ・マリア
Franz Schubert Franz Schubert 葉山拓亮 シューベルト(1825年)
Happy Ever After
/ハッピー・エヴァー・アフター
Julia Fordham
沢ちひろ(日本語詞)
Julia Fordham 小泉信彦 ジュリア・フォーダム(1989年)
I Like Chopin
/雨音はショパンの調べ
Paul Mazzolini,
呉田軽穂(日本語詞)
Pierluigi Giombini 葉山拓亮 ガゼボ(1983年)
Nessun Dorma「Turandot」
/誰も寝てはならぬ
Rentaro Simoni,
Giuseppe Adami,
Giacomo Puccini,
新井鴎子(日本語詞)
Rentaro Simoni,
Giuseppe Adami,
Giacomo Puccini
葉山拓亮 ジャコモ・ブッチーニ(1926年)
My Way
/マイ・ウェイ
Lucian Marie Antonie Thibaut
片桐和子(日本語詞)
Ciaude Francois,
Jacques Revaux
葉山拓亮 フランク・シナトラ(1969年)
When I Need You
/遥かなる想い
Albert Louis Hamond,
Carol Bayersager
鈴木トオル、只野菜摘
(日本語詞)
Albert Louis Hamond,
Carol Bayersager
小泉信彦 レオ・セイヤー(1976年)
10 Moon River
/ムーン・リバー
John H.Mercer
森雪之丞(日本語詞)
Henry Nicola Mancini 片山誠 オードリー・ヘプバーン(1961年)
映画「ティファニーで朝食を」より CD Only盤のみ収録

DVD付の10曲目はAMAPOLA<最新スタジオ録音/スペイン語バージョン>
mu-mo&ライブ会場限定盤の10曲目は『Con Te Partiro』<最新スタジオ録音/イタリア語バージョン>

リリースデータ

2011年3月9日 初登場34位 売上0.3万枚 Produced by 河村隆一 エイベックス

河村隆一3rdカバーアルバム。今回は洋楽スタンダードカバーアルバム。カバーとしては日本のヒット曲をカバーした「evergreen」を過去に2作リリースしており、ボーナストラックとして洋楽カバーが収録されていたことはあったが洋楽メインのカバー作品は初。ただし「Ave Maria」以外は全て日本語詞で歌っている。DVD付、CD Only、mu-mo&ライブ会場限定盤の3種で全て10曲目が異なっており、3パターン複数商法となっている。DVD付のDVDには09年のBSで放送されたライブ映像やPVを収録している模様。mu-mo&&ライブ会場限定盤はLPサイズの巨大ジャケット仕様で20Pブックレット付属となっている。翌年には第2弾もリリースされているがそちらは女性ボーカルJ-POPヒット曲のカバー。

過去に日本でも何らかの形でヒットしたりカバーされたりしたことのある曲を集めている。そのため今作の為に新たに日本語詞を書き下ろしたわけではなく、過去に誰かが訳したものを採用しているようだ。洋楽スタンダードカバーアルバムとはいうが、ほとんど日本語で、日本人にも聞きなじみがある訳詞バージョンにそろえている辺りは聞きやすさへの配慮か、何らかのこだわりなのか。サウンドはアコースティック路線でピアノとアコギに加えてストリングスをふんだんに使用。スローな曲が多い事もあり、ほとんどクラシックの世界へ突っ込んでいる。一部の曲ではいつもとは違う完全にクラシック歌手のような歌声まで披露。以前の「evergreen」では隆一の濃い歌唱と日本の過去の強い名曲たちがコラボすることでそれ相当に濃い世界観が展開。濃厚すぎて1枚聞き通すのが疲れたが、今回は曲自体はあっさりしているので濃厚コラボみたいにはなってはいない。ただスタンダードと言われても個人的には馴染みのない曲の方が多かったのであまりピンと来る作品ではなかった。基本的に歌を聞かせるところに重点を置いたシンプルなアレンジだが、日本語詞で歌うよりもいっそ英語詞でメロディーと声だけに重点を置いた方が良かったような気がする

THE VOICE【ジャケットA】(DVD付) DVD付  THE VOICE【ジャケットB】 CD Only 

印象度★★★☆☆

戻る