ベリー・ベスト・オブ・佐野元春「ソウルボーイへの伝言」

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
アンジェリーナ('99 mix version) 佐野元春 佐野元春 佐野元春 1stシングル 100位圏外
20周年ベスト『The 20th Anniversary Edition』収録Ver.
ガラスのジェネレーション
(Additional recorded version)
佐野元春 佐野元春 佐野元春 2ndシングル 100位圏外
シングル集『THE SINGLES-EPIC YEARS 1980-2004』収録Ver.
サムデイ 佐野元春 佐野元春 佐野元春 4thシングル 100位圏外
90年CD化盤 最高27位 売上4.3万枚
ダウンタウンボーイ('99 mix version) 佐野元春 佐野元春 佐野元春 5thシングル 100位圏外
20周年ベスト『The 20th Anniversary Edition』収録Ver.
情けない週末 佐野元春 佐野元春 佐野元春 1stアルバム『Back To The Street』収録曲
ヤングブラッズ('99 mix version) 佐野元春 佐野元春 佐野元春 15thシングル 最高7位 売上17.8万枚
12インチシングル盤 最高13位 売上6.8万枚
20周年ベスト『The 20th Anniversary Edition』収録Ver.
99ブルース 佐野元春 佐野元春 佐野元春 5thアルバム『Cafe Bohemia』収録曲
12インチシングル盤 最高25位 売上2.3万枚 
クリスマス・タイム・イン・ブルー
-聖なる夜に口笛吹いて
佐野元春 佐野元春 佐野元春 12インチシングル盤 最高7位 売上13.4万枚
約束の橋(Single version) 佐野元春 佐野元春 佐野元春 22ndシングル 最高20位 売上3.9万枚
31stシングル(再録) 最高4位 売上70.3万枚
10 ぼくは大人になった 佐野元春 佐野元春 佐野元春 7thアルバム『Time Out!』収録曲
28thシングル(カット) 最高60位 売上0.7万枚
11 レインボー・イン・マイ・ソウル
('99 mix and edit version)
佐野元春 佐野元春 佐野元春 8thアルバム『Sweet16』収録曲
32ndシングル『彼女の隣人』C/W(カット)
20周年ベスト『The 20th Anniversary Edition』収録Ver.
12 欲望 佐野元春 佐野元春 佐野元春 9thアルバム『The Circle』収録曲
13 すべてうまくはいかなくても('99 mix version) 佐野元春 佐野元春 佐野元春 10thアルバム『Fruits』収録曲
20周年ベスト『The 20th Anniversary Edition』収録Ver.
14 ヤング・フォーエバー 佐野元春 佐野元春 佐野元春 36thシングル 最高39位 売上2.0万枚
15 君の魂 大事な魂 佐野元春 佐野元春 佐野元春 42ndシングル 最高37位 売上0.6万枚
16 君が気高い孤独なら 佐野元春 佐野元春 佐野元春 14thアルバム『COYOTE』収録曲

リリースデータ

2010年9月29日 初登場27位 売上0.5万枚 Produced by 佐野元春
Colin Fairley(9)、John Simon(14)
ソニー

佐野元春30周年ベスト盤。過去にベスト盤が多数出ている上に、EPIC時代のシングルを網羅したシングルコレクション『THE SINGLES-EPIC YEARS 1980-2004』を06年にリリースして以降、オリジナルアルバムが1作出たのみという状況だったためか、Blu-spec CD仕様、2600円での低価格販売となった。ソニーからのリリースだが、本人が選曲しており、自身で設立したレーベル移動後の曲もラストに収録されるなど相当駆け足ながらデビューから最新までが収録されている。初回盤は巨大ジャケット仕様で、封筒に3枚の便箋が入っていて佐野の直筆メッセージが書かれた「ハートランドからの手紙」を封入している。かなり字が汚くて読むのが困な主にリリースの経緯、ソニーから最初にリリースの打診があったものの今作は自身主導の選曲である旨が書かれている。それを裏付けるようにいくつかの曲は本人の好みで後にリミックスされたバージョンで収録されている。

20周年ベスト『The 20th Anniversary Edition』やシングルコレクションTHE SINGLES-EPIC YEARS 1980-2004』を以前聞いたが2枚組、3枚組とボリュームがありすぎて結局初期の曲しか印象に残らなかったが、今回30年間の代表曲を本人がセレクトした1枚モノ、しかもBlu-spec仕様で再びリマスタ(まあリマスタに関しては毎回やっててもはやありがたみが薄いけど)されての決定盤ということで購入。1枚に凝縮したことでようやく「アンジェリーナ」「ガラスのジェネレーション」「サムデイ」「約束の橋」以外の良さも見えてきた。今までベストは新しいことと代表曲以外も全体像をつかむ為にボリュームの多さを基準に選ぶようにしていたが、入り口に関しては1枚モノで代表曲だけ網羅されたものであればいい。もっと聞きたければまたボリュームのある方に手を出すか、オリジナルにいけばいいという風に考えが変わった。今作は80年代の選曲が多いものの、90年代、最近の曲まで一応入っている。今回改めて思ったのは最近の曲もかなりいい。アレンジや演奏に関しては当然最近のものの方が現代的だし、熟練されている感じがする。佐野元春というミュージシャンは常に新しい方向性をいろいろ試し、それはCDやライブの楽曲面にとどまらず、音楽活動の在り方そのものまで含めてチャレンジしているようだし、あまり知らなかったけど偉大なミュージシャンだと思う。ただこれまでの作品を聞いてきたファンにはまたベストかよ的な感じでまったく面白くないだろう。新たなファンが増えるきっかけという意味では今作も価値があるのではないだろうか。有名なのはやはり「サムデイ」と90年代ドラマ主題歌タイアップの恩恵によるダントツ大ヒット「約束の橋」で、この2曲は当然文句なしにいいけど、この2曲を入り口に佐野元春を今から聞くには最適なベスト盤だと思う。知らない人こそ是非。

ソウルボーイへの伝言 The Very Best Of Motoharu Sano A Message to Soul Boy

印象度★★★★☆

戻る