1986

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考・原曲
My Revolution 川村真澄 小室哲哉 是永巧一 10thシングル 最高71位 売上0.8万枚 渡辺美里のカバー
ガラス越しに消えた夏 松本一起 大沢嘗志幸 是永巧一 鈴木雅之のカバー
モーニングムーン 飛鳥涼 飛鳥涼 是永巧一 CHAGE&ASKAのカバー
夏の終わりのハーモニー 井上陽水 玉置浩二 西川進 井上陽水、安全地帯のカバー
BAN BAN BAN(バン バン バン) 桑田圭祐 桑田圭祐 西川進 KUWATA BANDのカバー
1986年のLOVE SONGS 高井良斉 兼本一也 西川進 新曲

リリースデータ

1999年2月20日 100位圏外 Produced by YASUSHI AKIMOTO 日本コロムビア

メンバー

有吉弘行
森脇和成

猿岩石カバーミニアルバム。1986年のカバー5曲+新曲という構成。事実上ラストリリース。初の100位圏外、来るべき時が来て契約を切られたか更新されなかったと思われる。この後は地元広島のローカルタレントとなり、そこでの番組で地方アナとKEN-JIN BANDを結成し、数枚のシングルをリリース。猿岩石解散後に有吉1人になってからも劇団ひとりを招くなどしてKEN-JIN BANDは活動をしたが番組終了と共に消滅したらしい。

タイトル通り1986年の名曲をカバーしているがアレンジはこれまでと変わらないフォークロック調。歌唱力は森脇は最初から問題なかったし有吉もこの時点でだいぶうまくなっていたので曲に失礼ということもない。それどころか99年、13年前だった86年の楽曲は既に時代錯誤の古さをまとっているように個人的には感じており、全て後追いで原曲を聞いたんだけど、普通にこの猿岩石バージョンのアレンジの方がしっくり来た。さすがにそれぞれの歌手の歌唱の旨みや味を越えたとまでは思わないが、99年にわざわざ13年前の曲に焦点を絞ってカバー企画をやったということは制作側にもあっという間にアレンジ面での耐用年数が過ぎて古くなってしまった名曲を現代風にして出すという部分に意味を見出したからだったのかも。正真正銘最後の新曲となった「1986年のLOVE SONGS」もカバー曲と並んで違和感ない曲でまさに最後らしい(この時点では最後と決まってないだろうが)かなりの名曲。猿岩石はやはり番組のイメージが強くあまりいい印象は無いが曲にはかなり恵まれていたと言える。これで終わりになってしまったのは残念でならない。

1986

印象度★★★★☆

戻る