BABY ACTION

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
GLAMOROUS YOU MAMI,田中秀典 田中秀典 川口圭太  
その時、世界はキミだらけのレイン 須藤寿 會田茂一 會田茂一  
LOVE SURVIVE HARUNA,田中秀典 田中秀典 篤志 11thシングル 最高11位 売上1.7万枚
Sparkling TOMOMI,田中秀典 田中秀典 篤志  
BURN RINA,乾大志 乾大志 ユトロリン  
アップルたちの伝言 TOMOMI,田鹿祐一 田鹿祐一 川口圭太  
東京スカイクレイバー RINA,ヒダカトオル ヒダカトオル ヒダカトオル  
Pride TOMOMI,田中秀典 田中秀典 川口圭太 9thシングル 最高7位 売上2.4万枚
ハルカ HARUNA,田中秀典 田中秀典 川口圭太 10thシングル 最高3位 売上3.1万枚
10 スキャンダルなんかブッ飛ばせ 阿木燿子 宇崎竜童 藤井丈司 8thシングル 最高3位 売上3.4万枚
11 Very Special TOMOMI TOMOMI,RINA 川口圭太,SCANDAL  
12 one piece RINA,田鹿祐一 田鹿祐一 THE COMPANY  

 

初回生産限定盤のみ付属DVD
タイトル 内容
「SCANDALのテーマ」MUSIC VIDEO ライブのみで未CD化曲のPV
THE ドッキリ・ドリーマー大作戦
-SCANDAL LIVE TOUR 2011「Dreamer」-
ツアードキュメント映像、ツアー先でスタッフがメンバーに数々のプチドッキリを仕掛ける

 

完全限定生産盤のみ付属
BABY ACTION MAGAZINE
全80ページ(アルバムフォト、楽曲個別解説、アルバムインタビュー、メンバー1人ずつ100問100答、ガールズトークインタビュー)

リリースデータ

2011年8月10日 初登場4位 売上5.2万枚 Epic Records

メンバー

Vocal&Guitar HARUNA
Guitar&Vocal MAMI
Bass&Vocal TOMOMI
Drums&Vocal RINA

SCANDAL3rdアルバム。カバーミニアルバムを経て1年ぶりのオリジナルアルバム。通常コーラスにも参加もしていないため、ボーカル表記自体が実は間違いであるRINAも今回は数曲でボーカル参加している(ソロでは歌ってない模様)。C/W3曲目で3作連続で自作楽曲を収録していたが、今回アルバムにも自作楽曲が収録されている。しかし、それ以外は単独作詞楽曲が無くなっている。オリジナルでは3作連続で初回盤はDVD付、限定生産盤はBOOK付、CDのみの通常盤の3種発売。今回は通常盤のみの特典も存在し、イベント応募ハガキ封入となっている。今回限定生産盤は写真集ではなく、ブックレット一体型でロングインタビューを収録したマガジン仕様となっている。

シングルではソニーの強制とロックでありたいバンド側とのせめぎ合いのようなものを感じるような状況が続いていたが、アルバムは安心の内容となっている。バンドサウンドを全面に押し出しており、ポップ性やメロディーだけを聞かせるよりもあくまでバンドサウンド主体となっている。その中でサポートの音を導入したりしているが、バンドが後退することは無く、ガールズバンドらしい佇まいはブレていない。シングルがむしろ浮いており、フィンフィンしたキーボードがうるさい「LOVE SURVIVE」と、アニメタイアップながらそこまで影響されてない「Pride」はアルバムの流れの中で、まあそこまで変ではないが、唯一バンドが後退している「ハルカ」は2つくらい抜けてポップだし(個人的にはこの曲かなり好きだけど)、歌謡ロック全開な「スキャンダルなんかブッ飛ばせ」も作風としてはカバーミニアルバムの流れに近かったので浮いている。全体的にHARUNAだけでなくTOMOMIとの掛け合いが増えているような気がするが、逆に3番手ボーカルのMAMIは今回はソロも無いしやや存在感が後退している。RINAは今回は参加しました!とのことで「その時、世界はキミだらけのレイン」のアブラカタブラを一緒に歌っているほか、ナタリーインタビューによると「たくさんある」そうだが、イマイチよく分からない。演奏に関しては技術的な面はよく分からないが、演奏レコーディングについてもかなりインタビューで語っている。PVでは何故かよく楽器を持ちながらRINA以外がダンスしているが、しっかり演奏しているようだ。むしろ今回問題なのは作詞が全部作曲家に介入されていることである。何で1stアルバムの頃は多かった単独作詞が2ndで減って、今回はついに自作曲以外に皆無になってしまうという逆成長状態になっているのか。この辺りについては演奏に比べても圧倒的にインタビューでも語られておらず一体どれくらいの割合で作詞しているのかが謎だ。まあようやく自作楽曲も出てきたし(デビュー当初に既にアレンジ参加楽曲もあったのにその後無くなってしまい今回ようやく復活などかなり遠回りになったけど)、自作というカードが増えたことで今後の成長もまだまだ楽しみである。ガツンとしたガールズバンドを聞きたいならおススメの1作である。

DVD
ライブでのみ披露され、CD化もライブDVD収録もされていなかった短い曲「SCANDALのテーマ」がここに来てPV制作。かなりカッコいい仕上がりになっているが何で今なのか不明。メインはツアードキュメントで、スタッフがメンバーにあらゆるプチドッキリを仕掛けるという30分弱の内容になっている。バンドしているSCANDALの姿はわずかに出る程度で、楽屋映像が中心なので舞台裏のバンドやスタッフを見たいファン向け。ドッキリを仕掛けるくらい現場スタッフ、メンバー4人の信頼感はあるということが分かるが、内容が内容だけにメンバーだけでなくスタッフの人たちもかなり映りこんでいるので不満に感じる人もいるかも。

マガジン
1stのピンボケ写真集の大不評を受けて2ndではプロのカメラマンを起用した写真集にしたがやはり不評。ということで今回は写真集を廃止にしてアルバム解説本という体裁に変更している。写真集的要素もありつつ、基本的に雑誌のような読み物としたことでアルバムをより深く楽しめる内容となった。もう少し価格を抑えてくれれば尚良かったものの、バンドSCANDALを楽しみたい人はDVDは内容的に音楽的要素が薄くて不要であり、こっちを手に取った方がいいと思う。

BABY ACTION(初回生産限定盤)(DVD付) 初回盤DVD付  BABY ACTION(初回生産限定盤)(フォトブック付) 限定生産マガジン付   BABY ACTION 通常盤 

印象度★★★★☆

戻る