Queens are trumps〜切り札はクイーン〜

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
Queens are trumps MAMI BU-NI BU-NI  
太陽スキャンダラス HARUNA,NAOTO NAOTO NAOTO 13thシングル 最高2位 売上3.8万枚
ピンヒールサーファー 和田唱 和田唱 和田唱 14thシングル 最高9位 売上1.4万枚
Rock'n Roll HARUNA,TOMOMI,田鹿祐一 田鹿祐一 篤志  
ビターチョコレート TOMOMI RINA 川口圭太  
Kill the virgin ハジメタル,Junnnnn Sato ハジメタル ハジメタル  
柳沢亮太 柳沢亮太 川口圭太  
Rising Star HARUNA,大久保友裕 大久保友裕 篤志  
Bright RINA,田鹿祐一 田鹿祐一 川口圭太  
10 Welcome home 川村結花 川村結花 大久保友裕 13thシングル通常盤のみC/W
11 HARUKAZE SCANDAL,一色徳保 一色徳保 篤志 12thシングル 最高6位 売上3.2万枚
12 Right Here JAMIL JAMIL,シライシ紗トリ シライシ紗トリ  

 

初回特典DVD
No タイトル 内容
☆その1 撮影のウラ側見せちゃう!!
「ジャケット撮影オモシロメイキング」
「ピンヒールサーファー」と今作のジャケ写撮影メイキング映像
☆その2 アーモンドクラッシュ
「恋の始まりはダイエット」MUSIC VIDEO
13thシングル初回盤AのみC/W PV
RINAとHARUNAのユニット(写真素材のみで本人出演なし)
☆その3 どぼんどぼんど
「ちぇりーじゃむ」MUSIC VIDEO
13thシングル初回盤BのみC/W PV
MAMIとTOMOMIのユニット(一切の本人出演なし)
☆その4 太陽スキャンダラスを
100倍楽しむダンスムービー
2700というお笑い芸人による「太陽スキャンダラス」の振付映像
シングル発売時公式で公開されていたもので本人出演は一切無し

リリースデータ

2012年9月26日 初登場4位 初動3.5万枚、売上4.8万枚 Epic Records

メンバー

Vocal&Guitar HARUNA
Guitar&Vocal MAMI
Bass&Vocal TOMOMI
Drums&Vocal RINA

SCANDAL4thアルバム。ベスト盤を挟んだがペースを崩さず、前作から1年1ヵ月でのオリジナルアルバムとなった。先にベスト盤に収録されていた「HARUKAZE」含む、3rdアルバム以降のシングル3作を収録。これによりベストのみ収録のシングル曲が無くなったためオリジナルアルバムのみでシングルA面を欠かさず聞くことが可能となった。初回盤はメイキングなどを収録したDVD付。また今回も完全限定生産盤としてハードカバー&フォトブック仕様でも発売されている。

ベストを経ても路線変更は特になく、ガツンとしたバンドサウンドが炸裂している。変わったと言えばベスト盤時点でHARUNAが短い金髪に変貌し、3月の武道館ライブ辺りまではその髪型だったが、「太陽スキャンダラス」では以前の長髪黒髪に戻っており、作品上ではシングル「HARUKAE」とベスト盤のみ髪型が違うということになった。今回1曲目からやたらギターがカッコいいなと思ったらこの曲にはゲストとしてギタリストの野村義男が参加しているとクレジットされていた。それ以外の曲ではゲスト表記は無く、キーボードサウンドが聴こえる部分は恐らく主にアレンジャーが打ち込みで入れていると思われるが、「Kill the virgin」はRINAがシンセを弾いたと明言されている。作詞介入傾向は相変わらずどころか、今回は作詞に参加していない曲が過去最多となっている。一方で作詞作曲をメンバーが手掛けた曲も前作に続いてある。作詞に関しては下手に介入状態が続く状態は正直どこまでメンバーが関与しているか不明で何だかスッキリしないので、いっそ完全に提供になってしまった方がスッキリする。その代わり自作するところはしっかりするくらいのバランスが保たれていれば「基本提供されるバンド」としてはOKなのではないだろうか。総じて今作はこれまでSCANDALが好きだったなら文句なく聞けるし、初めて聞いた人でもSCNADALってカッコいいバンドだったんだなと思える正統進化系の決定盤的内容だと思う。ベスト盤の次に聞く1枚としても申し分ない1作だ。個人的にはMAMIがリードボーカルを取った「声」がかなり新鮮だった。以前から3人で歌う場合は3番手であることが多く、2ndアルバムの「少女M」という曲でソロをやったことがあるがバンドサウンドでは無いイレギュラーな曲だったので、バンドの曲でMAMIが最初から最後まで1人で歌い通すのは初。いいアクセントになっているし、ボーカルも成長したように感じた。

初回DVDに関してはメイキングは自ら「オモシロ」とかつけてしまう辺りがいかにもSCANDAL制作陣らしいノリだなという感じだが、格段面白いわけではないごく一般的なメイキング映像である。そしてメインなのはこのメイキングであり、これ以外はおまけだ。PV集にどぼんどぼんどの1stが収録された時はMAMIとTOMOMIが思いっきり出演して大騒ぎしていたので多くのファンは「恋の始まりはダイエット」ではRINAとHARUNAのダンスが、「ちぇりーじゃむ」ではMAMIとTOMOMIのラッパー姿が見れると期待したはずだが、このPV2本はメンバー完全不参加。「恋の始まりはダイエット」は奇異なCGが展開するのみ。こちらではかろうじて2人の素材顔写真が貼られて機械人形みたいな動きをするが、それが逆にメンバー不在感を倍増させる。「ちぇりーじゃむ」は都会の街並みをバックに紙人形がストップモーションするという内容。どちらも映像系専門学校の学生課題作品みたいな内容で正直ガッカリした。最後のダンスムービーもメンバーがファンだという芸人が出てくるがあまりの素人っぽさに最初は悪乗り好きなスタッフがハイテンションで登場したのかと思ったほど。大振りな振付を伝授されるが、こんな手をブンブン振り回すようなマネ、スカスカのライブハウスで無い限りは隣の人にドカドカ当たってしまい実現不可能なのでは…。というわけで初回盤はメイキングが見たいかどうかだけを判断基準にすることを推奨する。そのメイキングもレコーディングの様子は無いのでバンドとしてのSCANDALだけでいいなら通常盤でいいと思う…が、ネットで買う場合は割引等もあり初回DVD付の方が安かったりもする。

今回は初めてフォトブック仕様をスルーしたのでそちらの内容は不明。

Queens are trumps-切り札はクイーン-(初回生産限定盤)(DVD付) 初回盤DVD付  Queens are trumps-切り札はクイーン-(初回生産限定盤)(フォトブック付) 完全限定生産フォトブック仕様  Queens are trumps-切り札はクイーン- 通常盤 

印象度★★★★☆

戻る