R-GIRL's ROCK!

No タイトル 作詞 作曲 編曲 原曲・備考
六本木心中 湯川れい子 NOBODY 川口圭太 アン・ルイス
恋人がサンタクロース 松任谷由実 松任谷由実 江口亮 松任谷由実
SINKY-YORK 破矢ジンタ 破矢ジンタ 川口圭太 JITTERIN'JINN
ロックンロール・ウィドウ 阿木燿子 宇崎竜童 宮永治郎・ユトリロン 山口百恵
DAYDREAM YUKI 恩田快人 イイジマケン JUDY AND MARY
『JUDY AND MARY 15th Anniversary Tribute Album』収録曲
4thシングル『夢見るつばさ』C/W
Sunny Day Sunday 赤羽奈津代 鈴木秋則 川口圭太 センチメンタル・バス
secret base〜君がくれたもの〜 町田紀彦 町田紀彦 宮永治郎 ZONE
着うた・着うたフル限定配信曲 初CD化

リリースデータ

2010年11月17日 初登場9位 売上1.8万枚 Epic Records

メンバー

Vocal&Guitar HARUNA
Guitar&Vocal MAMI
Bass&Vocal TOMOMI
Drums&Vocal RINA

SCADAL初のカバーミニアルバム。既に2度リリースされていた『DAYDREAM』、着うた限定だった『secret base〜君がくれたもの〜』に新たに収録した5曲を加えた内容。『恋人はサンタクロース』は09年にライブでカバーしていた(当日のライブの模様はDVD化されているがこの曲の部分だけカットされている)。選曲はメンバーとスタッフ推薦とされている。80年代4曲、90年代2曲、00年代1曲という構成。これまで一応Vocalクレジットはあったものの実際には1人だけボーカル参加していなかったRINAが『Sunny Day Sunday』では初めてメインボーカルを飾っている(ブログにてライブで少し歌ったりはしたけど歌入れレコーディングは初めてだったとコメント)。ジャケットからブックレットまで全部イラスト&手書きで統一されており、メンバー写真は使用されていない。初回盤には2010年以降のシングル初回盤に収録されていた冊子「超SCANDAL」のVol.5が封入されておりそこで写真が拝める。

年齢的に考えて実際にメンバーがリアルタイムで原曲を聞けたのはラスト2曲のみと思われる。ZONEの最年少MIYUとSCANDAL最年長HARUNAは同い年のためリアルタイムでヒットを見ていたのは確実で、『Sunny Day Sunday』はスクール時代に踊った思い出の曲と語られている。『DAYDREAM』に関しては生まれてはいるものの、当時ブレイク前のJUDY AND MARYを知っていたとは考えにくく、またトリビュート盤参加時にどこまで選択権があったか不明。それ以前は完全に生まれる前の曲(『SINKY-YORK』では一部メンバーは生まれた頃)なので、メンバーの親世代の曲である。インタビューでは『SINKY-YORK』は明確にスタッフ推薦とされており、また『ロックンロール・ウィドウ』は作詞作曲のコンビがこの時点での最新シングル提供者なのでその関係と思われ、『恋人がサンタクロース』はライブで披露している。背景が見えないのは結局『六本木心中』のみとなる。

ということで昭和歌謡ロック中心。商業的な意図も本人たち的な意図も個人的にはあまり見えず個人的には選曲が謎。ファンの世代を考えても知らない曲の方が多いんじゃないだろうか。ガールズロックのカバーというテーマでこの選曲は正直意味が分からない。ガールズロックリスペクトなのに大ヒットの先駆者的存在のプリンセス・プリンセスを筆頭にレベッカ、LINDBERG、パーソンズ、SHOW-YA辺りの90年前後のガールズバンドor女性ボーカルのロックバンドがすっぽり抜けているところが最大の違和感である。ガールズロック云々掲げるならまず敬意を払っておいたほうがよさそうなところをほぼ完全スルーし、ユーミンや百恵は収録するというのは…。明らかにメンバーよりもスタッフ世代が懐かしい曲を選んでいるような印象。ここで若い世代に知られてない曲を現代によみがえらせたい意図があったのだろうか。それとも昭和歌謡ロックだった「スキャンダルなんてブッ飛ばせ」モードの継続路線ということなのか。個々の楽曲やアレンジ自体はいつものSCANDALらしく、ガッツリと楽器が鳴り響きまくるロック路線で統一されており全部SCANDALの曲っぽくなってはいるのでアルバム全体のサウンドに関しては違和感は特にない。特に2ndアルバムが少しポップ気味だったのでもっと1stに近いロックを聞きたかったファンには満足だと思われる。が、やはり個人的にはどうにもしっくりこない内容だった。

R-GIRL’s ROCK!

印象度★★★☆☆

戻る