TEMPTATION BOX

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
EVERYBODY SAY YEAH! TOMOMI,尾上文 大久保友裕 川口圭太  
太陽と君が描くSTORY TOMOMI,田中秀典 田中秀典 藤井丈司,川口圭太 6thシングル 最高10位 売上1.5万枚
瞬間センチメンタル SCANDAL,小林夏海 田鹿祐一 川口圭太 5thシングル 最高7位 売上3.1万枚
放課後1H TOMOMI,依布サラサ 南ヤスヒロ 南ヤスヒロ TOMOMIメインボーカル
涙のリグレット 近藤ひさし 渡辺未来 渡辺未来 7thシングル 最高14位 売上1.2万枚
Hi-Hi-Hi TOMOMI 田鹿祐一 川口圭太  
少女M MAMI,田鹿祐一 田鹿祐一 川口圭太,田鹿祐一 MAMIメインボーカル
GIRLism TOMOMI,尾上文 大久保友裕 大久保友裕  
プレイボーイPartU RINA ツキダタダシ 川口圭太  
10 Hello! Hello! SCANDAL,田中秀典 田中秀典 川口圭太  
11 会いたい HARUNA,尾上文 大久保友裕 大久保友裕  
12 さよならMy Friend TOMOMI,Hiroshi Inui Hiroshi Inui 川口圭太  

 

disc2:DVD(初回限定盤のみ)
『瞬間サクラゼンセンTOUR〜2010 SPRING〜』DIGEST MOVIE
『SCANDALサミットVol.1〜2』総集編

 

完全生産限定盤のみ
蜷川実花による116ページ写真集付

リリースデータ

2010年8月11日 初登場3位 売上5.6万枚 Epic Records

メンバー

Vocal&Guitar HARUNA
Guitar&Vocal MAMI
Bass&Vocal TOMOMI
Drums&Vocal RINA

SCANDAL2ndアルバム。前作から10ヶ月でのリリース。前作同様に初回限定DVD付、完全限定生産写真集付の2パターン複数商法で発売された。これまで全編通しての単独ボーカルが無かったTOMOMI、MAMIのメインボーカル曲が収録されている。RINAだけはドラムに専念している状態でソロパートも無い。

CD
前作よりもポップになったとメンバーも語っている通りに、基本はギターが鳴っているロックサウンドだがわりといろんな曲調が入っている。MAMIの「少女M」は完全に打ち込みだがここまで極端な曲は無く、基本はバンド編成。ただキーボードサウンドなどもメインにはなっていないが取り入れている。シングルが序盤で出てしまい、シングル以上の名曲はないが前作同様にそれなりに勢いがあって一気に聞ける内容。個人的には概ね期待通りだった。MAMIのメインボーカルは素朴感と本人の少し変わったキャラクターでなかなかに面白い感じになっているが、TOMOMIは普段の甘い声を120%増しにした超激甘ボイスで歌唱しているので好みが分かれそうである。何でいきなりキャラクターソングが収録されているのかと思ったほどだ。

ライブ活動もけっこう熱心だし、アルバム1枚しかないと選曲的にいっぱいいっぱいなので早めに2枚目ってことなんだろうけどこれでライブも幅が広がるんじゃないだろうか?バンドカラーという意味ではインディーズの頃はガレージとか言ってたので、もはや面影が無い気もするけどそもそも自作もしてないわけでカラーが定まるのはもう少し後でいいのだろう。本人たちは「自作もしたい」と語っているが、作詞でさえ外部介入されまくりな現状を考えると、まだまだ先になるのかな。作詞くらい多少拙くとも介入なしで等身大の言葉を届けてほしいものだが、何だかデビュー当初より介入されまくってるような…。アレンジだってインディーズとデビュー曲にはバンド名義で共同名義で入ってたのに一切無くなってしまったし。いや、ソニー的にはWhiteberryの「夏祭り」、ZONE「secert base」のリリースを当初猛反対した(メンバー事務所サイドがごり押しして発売、大ヒット)というガールズバンドに対するズレた大人のセンスによる過去の愚行が伝えられているのでどうにも心配。

DVD
前作はPV集だったがあれっきりPVを一切リリースしていないのでいずれ単独でPV集発売という方針に変えたものと思われる。そんなわけで今回は春に行われたツアードキュメントと公式でネット生放送されたトーク番組「SCANDALサミット」の1回目と2回目を編集して収録している。ツアーダイジェストは基本的に裏側だが、一部ライブシーンも収録されている。我らがさいたまのHEAVEN'S ROCKでもライブが行われているが、メンバーはここでのライブがかなり好感触だったようで比較的他の会場に比べてもいい扱いになっているにで地元的に嬉しい(DEENの時は埼玉会場がほとんど何も無いのでネタにならず、スタジアムだけ映してすっ飛ばされた事があるからな…)。SCANDALサミットは09年秋と10年冬に行われたトーク番組。TOMOMIとMAMIが自由すぎ、RINAは最年少で進行という感じではないので年長リーダーのHARUNAがほぼ1人で進行、まとめ役となっている様子が垣間見える。これを見ればよく分かってない人でもメンバーの顔と名前は一致するものと思われる。

写真集
前作はまともに写ってないピンボケ、被写体なしの写真が8割がたというあまりに酷い内容で酷評の嵐となったが、今回は屋外で太陽の下で撮影されたまともな写真集。何故か発売数日前まで内容が一切不明のままだった。蜷川実花というのは最近ではAKB48『ヘビーローテーション』のジャケットプロデュースとPV監督を担当している。けっこう印象的にカラフルというのが共通しているかな?あと男性目線じゃなくて全体的にさわやか〜な感じに仕上がっているところも共通しているのでこの人の作風なのだろう。無駄にでかいだけで何も写ってなかった前作よりもサイズが小さくなって見やすくなったし、写真集と聞いて期待通りの内容である。今回はCDもセットに組み込まれており、写真集と同じサイズの厚紙にCDが挟み込まれる巨大紙ジャケ仕様になっており、歌詞カードも大きな紙1枚仕様となっている。そのためDVD付や通常盤とは根本的に全てのデザインが異なっている(前作はジャケ写がバリエーション違いだけのプラケースCDが入ってただけ)。DVD付か写真集付か両方選ぶかは選ぶ人次第だ。

TEMPTATION BOX(初回生産限定盤)(DVD付) 初回盤DVD付  TEMPTATION BOX(初回生産限定盤)(フォトブック付) 生産限定写真集付  TEMPTATION BOX 通常盤 

印象度★★★★☆

戻る