OLDIES BEST ALBUM 1993 2000

DISC-1
No タイトル 作詞 作曲 備考
Melty Love(New Version) IZAM A・O・I 1stシングル 最高2位 売上69.9万枚 新録音
元々は2ndインディーズミニアルバム『Melty Cace』収録曲
Raspberry Time(New Version) IZAM A・O・I 1stシングルC/W 新録音
元々は3rdインディーズミニアルバム『Raspberry Time』収録曲
すみれSeptember Love(Single Version) 竜真知子 土屋昌巳 2ndシングル 最高2位 売上67.0万枚
一風堂のカバー
White Silent Night IZAM KUZUKI 3rdシングル(初回盤) 最高1位 売上55.3万枚
通常盤(1ヵ月遅れで発売され別集計) 最高30位 売上4.1万枚
SWEET HEART MEMORY IZAM A・O・I 4thシングル 最高2位 売上57.9万枚
恋人 IZAM A・O・I 7thシングル 最高6位 売上10.4万枚
AQUA IZAM 浅倉大介 2ndアルバム『PURE HEARTS』収録曲
11thシングル(シングル扱いだがリミックスミニアルバムとしての発売) 最高45位 売上0.7万枚
Love is Alive IZAM KUZUKI,
SHAZNA&
佐藤宣彦
6thシングル 最高6位 売上16.8万枚
SWEET ANGEL(New Version) IZAM NIY 1stアルバム『GOLD SUN AND SILVER MOON』収録曲 新録音
10 True Love(New Version) 竜真知子 Randy 2ndアルバム『PURE HEARTS』収録曲 新録音
11 PINK IZAM A・O・I 8thシングル 最高15位 売上4.1万枚
12 PIECE OF LOVE IZAMU KUZUKI 9thシングル 最高17位 売上4.0万枚

 

DISC-2
No タイトル 作詞 作曲 備考
シェリーに口づけ IZAM MICHEL POLNAREFF 10thシングルC/W
ミッシェル・ポルナレフのカバー
Tokyo Ballet Reprise 竜真知子&IZAM 土屋昌巳,成田忍&A・O・I 10thシングル 最高20位 売上1.9万枚
一風堂のリニューアルカバー(カバー+オリジナル)
PURENESS IZAM KUZUKI,SHAZNA 5thシングル 最高4位 売上22.3万枚
Dear LOVE(New Version) IZAM A・O・I 6thシングル両A面曲 新録音
C'est la vie IZAM A・O・I 2ndシングルC/W
Virgin IZAM A・O・I 7thシングル両A面曲
MAGENTA STORY IZAM A・O・I 1stアルバム『GOLD SUN AND SILVER MOON』収録曲
I miss you…(New Version) IZAM A・O・I 3rdインディーズミニアルバム『Raspberry Time』収録曲 新録音
TOPAZ(New Version) IZAM NIY&A・O・I 2ndインディーズミニアルバム『Melty Cace』収録曲
4thインディーズミニアルバム『Promise Eve』収録曲 新録音
10 PEARL(New Version) IZAM A・O・I 4thインディーズミニアルバム『Promise Eve』収録曲 新録音
11 das Spiel IZAM IZAM,A・O・I 3rdシングルC/W
12 Shelly IZAM NIY&A・O・I 3rdシングルC/W(再録音) たぶんこっちの再録音バージョン収録
元々は3rdインディーズミニアルバム『Raspberry Time』収録曲
13 Winter's Review IZAM A・O・I 12thシングル 最高44位 売上0.9万枚

リリースデータ

2000年1月1日 初登場24位 売上3.4万枚 Sound Producer:Kazuhisa Yamaguchi,Masatoshi Sakanoue,SHAZNA 東芝EMI

メンバー

Vocal IZAM
Guitar A・O・I
Bass NIY

SHAZNA初のベストアルバム。メジャーデビュー後まだアルバム2枚しか出ていなかったが、いきなりのベスト盤となった。メジャーデビュー1年でBMGからEMIへ移籍していたが、メジャー以降の全シングル+アルバム曲、インディーズ時代の楽曲まで収録している。93年は結成であり、インディーズデビューでも96年(メジャーは97年)。インディーズ時代の楽曲及びメジャー以降でもいくつかの楽曲は再録音を行っている。1stアルバムこそミリオン突破したものの、当時はV系ブームが崩壊し、人気が大失速。99年6月の2ndアルバムが既にシングル大量収録となっていたにも関わらず4万程度に沈み、今作もあまり話題にならなかった。このままリリースが停止し、00年秋には活動休止を発表することとなる。06年に活動再開を発表。ライブを中心に活動を続け07年にはシングル、アルバム1枚ずつ発表。さらにメジャー時代のIZAMソロも含めたシングルを網羅した『SINGLE BEST SHAZNA&IZAM』を発売。いずれもチャートへの復帰はならず、08年に3人が共同で自叙伝を発表。この時にIZAMが事実上の解散を宣言し、SHAZNAの活動は09年3月のラストライブを持って終了した。

デビュー当時の女装のインパクトと楽曲のポップ性はすさまじく、当時中学1年だったが非常に鮮明に覚えている。いきなり大ヒットしたものの勢いがあったのは年明け直後までで、98年後半には影が薄くなり、99年になるともうすっかり忘却の彼方になっていたように記憶している。当時ベスト盤が出るのも話題になっていなかったので知らなかったが、当時購入した雑誌に広告が載っていたのであれ?出したの?なんて思った記憶はある。SHAZNAの消滅と共にあれほど溢れ返っていたV系バンドは残らずチャート上位から消えてしまった。SHAZNAがブームを加速させて終わらせたのか、たまたまブームの最後だったのかは不明だが、そんなわけで記憶にあったのは7枚目のシングルくらいまでだった。ドラムがいないので打ち込みに徹したポップな曲も多く、IZAMの甘い歌声もあって、当時上位に来ていたV系はキャッチーなのが多かったとはいえ、かなりポップに振り切っている印象。特に打ち込みポップの曲はあまりに甘すぎてアルバム2枚のボリュームだと少々辛かった。ただ決めるところは決めているというか今回再録音された『Melty Love』のタイトなバンドサウンドはかなりカッコいいし、他にもバシッとバンドで決めたカッコいい曲も多い。見た目の印象が強すぎたのと、シングル中心の活動だったのが原因で一気に飽きられてしまったんだと思うけど、シングルを急がず、アルバム中心の活動で3,4枚オリジナルを作っておけばもう少し後まで評価されたんじゃないだろうか。正直アルバム2枚でベスト2枚組はちょっと選びすぎで、少しダレる上に、オリジナルに手を出す気にならなくなってしまうが、SHAZNAを1作で一気に振り返る(改めてちゃんと聞く)にはけっこう最適な作品だと思う。シングルだけでいいという人は『SINGLE BEST SHAZNA&IZAM』の方がシンプルにシングルを回収できるのでそっちを選べばよい。

OLDIES - SHAZNA BEST ALBUM 1993?2000

印象度★★★★☆

戻る