COLORS single collection vol.1

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
〜an epilogue〜「White Destiny」〜 T2ya T2ya T2ya 1stシングル『White』1曲目 最高30位 売上6.3万枚
2ndシングル収録Ver.
〜a prelude〜「Love Again」 T2ya T2ya T2ya 2ndシングル『RED』1曲目 最高14位 売上21.9万枚
5thシングル収録Ver.
〜an overture〜「friends」 shela 周防彰悟 T2ya 3rdシングル『purple』1曲目 最高14位 売上5.9万枚
1stアルバム『COLORLESS』収録(シークレットトラック)Ver.
Happy Birthday/sunny-side up 濱田真希 カナコ 水島康貴 sunny-side up 1stシングル両A面曲 200位圏外
19RED shela T2ya T2ya 2ndシングル『RED』3曲目
sepia 周防彰悟 周防彰悟 T2ya 5thシングル『sepia』1曲目 最高13位 売上4.3万枚(5万限定生産)
Dear my friends 千春 真白リョウ T2ya 13thシングル 最高13位 売上4.6万枚
feel ショーコ カナコ 木村玲 4thシングル『orange』1曲目 最高9位 売上16.1万枚
Fly away/sunny-side up カナコ/濱田真希 カナコ 木村玲 13thシングル両A面曲 sunny-side up名義
10 flower fallin'… T2ya T2ya T2ya 4thシングル『orange』3曲目 
11 eternity 畠光洋 畠光洋 畠光洋/中町俊自 3rdシングル『purple』4曲目
12 Wish T2ya T2ya T2ya 6thシングル『pink』1曲目 最高13位 売上5.0万枚
  クリスマス・イブ 山下達郎 山下達郎   6thシングル『pink』2曲目 山下達郎のカバー

オーケストラアレンジメント:村山達哉(1,2,3)

※05年発売の13thシングルのみ200位以内データ

DVD
No タイトル 備考
White Destiny 1stシングル『White』1曲目 PV
Love Again〜永遠の世界〜 2ndシングル『RED』1曲目 PV
friends 3rdシングル『purple』1曲目 PV
feel 4thシングル『orange』1曲目 PV
sepia 5thシングル『sepia』1曲目 PV

リリースデータ

2005年7月6日 初登場20位 売上1.9万枚 Produced by 周防彰悟 エイベックス

shela1stシングルコレクション。「2」と同時発売。色をタイトルにした楽曲を出していた1stシングルから1stアルバムを挟んで6thシングルまでが主な選曲対象となっている。03年までリリースが順調だったが、04年は1枚のみとなってしまい、1年2ヶ月ぶりに最新シングルがリリースされ健在ぶりを示したところでのいきなりのベスト盤だった。何故か『Dear my friends』は「2」にも収録されている。sunny-side upというのは周防彰悟プロデューサーとカナコとshelaの3人組ユニット。最初からDVD付でこの時期のシングルのPV5曲を収録している。今作リリース後は完全に放置されてしまい文字通り消えてしまったが09年にはamazon限定でアルバムを出すなどインディーズへ移動して復活している。なおsunny-side upも単独リリースした1stシングル(両A面1曲目は「2」に収録)がチャートインしない非常事態を受けてかそのまま活動が無くなってしまい、07年には別の女の子2人を連れてきてリリースしているがやはりそれっきりとなっている。

THE avexという感じの売れ線全開の楽曲が並んでいる。この時期の浜崎あゆみは割と暗黒だったが、浜崎のライトな部分を抽出したかのようなどこか浜崎のフォロワーみたいな流れがルックスや曲から感じていたのを覚えている。最も成功していたのがこの時期だが、やはり楽曲の気合もこの頃が1番入っていて耳に残る曲を連発していたように思う。久々にヒットした「Dear my friends」も当時の気合が帰ってきたような印象だ。ただこの時期の曲を聴くならまだ1stアルバムの方がまとまってて良いアルバム2枚でベスト2枚を出したため結局のところオリジナルアルバム2枚の再構成(「色」と「花」というテーマが同じ)みたいになってしまい、それを回避するために冒頭3曲を別バージョンにしたり、アルバム未収録だったシングル曲を引っ張ってきたりしているのだが…。冒頭3曲がオーケストラバージョンになってしまっているのは元のバージョンが特にいい3曲だったのになんだか物足りない。当初は色をテーマにした3,4曲収録のタイアップ満載のミニアルバム形式のシングルをリリースしていき、アルバムを出さない方針だったというが(1stアルバムリリース時の雑誌インタビューより)、それが結果的に1stアルバムでも今作でもシングルを網羅しきれないという何とも中途半端な事になってしまっている。『pink』の2曲は今回がアルバム初収録でここでしか聞けないものの、ぶっちゃけシングルを網羅したいなら1枚ずつ集めるのが1番分かりやすくて速いシングルコレクションと銘打つにはちょっと半端な内容だったと思う。まあ最低限、特に有名なシングル1曲目は冒頭3曲がバージョン違いでも一応網羅はされているので手っ取り早くはあるが…な〜んかやっつけ感があってあまり印象が良くないというところに尽きる。

COLORS-single collection vol.1(DVD付)

印象度★★★☆☆

戻る