SHISHAMO

No タイトル 作詞 作曲 編曲
1 僕に彼女ができたんだ 吉川美冴貴 宮崎朝子 SHISHAMO
2 行きたくない 宮崎朝子 宮崎朝子 SHISHAMO
3 あの子のバラード 宮崎朝子 宮崎朝子 SHISHAMO
4 こんな僕そんな君 宮崎朝子 宮崎朝子 SHISHAMO
5 休日 宮崎朝子 宮崎朝子 SHISHAMO
6 がたんごとん 宮崎朝子 宮崎朝子 SHISHAMO
7 深夜のラジオ 宮崎朝子 宮崎朝子 SHISHAMO
8 バンドマン 宮崎朝子 宮崎朝子 SHISHAMO
9 サブギターの歌 宮崎朝子 宮崎朝子 SHISHAMO
10 君との事 宮崎朝子 宮崎朝子 SHISHAMO
11 恋する 宮崎朝子 宮崎朝子 SHISHAMO

リリースデータ

2013年11月13日 初登場34位 売上0.5万枚 フェイスミュージック(GOOD GREATORS RECORDS)

メンバー

Gt.,Vo. 宮崎朝子
Ba. 松本彩
Dr. 吉川美冴貴

SHISHAMOデビューアルバム。2010年高校在学中に結成され、2012年にタワレコ限定で自主制作シングルをリリース、2013年1月には高校卒業前にアルバム『卒業制作』をリリースしていたが、事務所フェイスミュージックと契約して以降の今作がデビュー作とされている。ベースの松本彩は当初からバンド活動は20歳までと決めていたらしく翌年8月に20歳を迎えて9月に脱退したため、今作が初期メンバーでの最後のアルバムとなった(シングルは14年7月の1st「君と夏フェス」が最終参加)。今作と同時発売で『卒業制作』もフェイスミュージックから再発された。

粗削りながらストレートな3ピースロックバンド。ボーカルや曲の雰囲気は編成が同じ3人時代のチャットモンチーとaikoを足して2で割ったようなところがあり、基本的に3人時代のチャットモンチーとaikoが好きなら聞いて損は無い。これという突き抜けた曲は無いが、10代〜20代前半の主に学生の日常や感情を歌った歌詞は同世代の広い共感を呼びそうなもの。極端に明るくキラキラ前向きではなく、極端に後ろ向きで暗くもなく、本当に一般的な学生が日々考えたり思ったりしている普通の日常に寄り添っているんじゃないかなと。学生時代の実際ってこんなところだと思うし、この等身大っぽさ、普通っぽさが最大の魅力だと思う。

デビューアルバム「SHISHAMO」  

印象度★★★☆☆

2017.5.10更新

戻る