SIAM SHADE\ A-side Collection

No タイトル 作詞 作曲 備考
RAIN SIAM SHADE SIAM SHADE 1stシングル 最高49位 売上1.1万枚
TIME'S SIAM SHADE SIAM SHADE 2ndシングル(カット) 最高44位 売上1.9万枚
Why not? SIAM SHADE SIAM SHADE 3rdシングル(カット) 最高69位 売上0.5万枚
RISK SIAM SHADE
松井五郎
SIAM SHADE 4thシングル 最高42位 売上1.2万枚
PASSION SIAM SHADE SIAM SHADE 5thシングル 最高35位 売上1.9万枚
1/3の純情な感情 SIAM SHADE SIAM SHADE 6thシングル 最高3位 売上69.9万枚
グレイシャルLOVE SIAM SHADE SIAM SHADE 7thシングル 最高10位 売上17.3万枚
Dreams SIAM SHADE SIAM SHADE 8thシングル 最高4位 売上14.4万枚
NEVER END SIAM SHADE SIAM SHADE 9thシングル 最高9位 売上8.1万枚
10 曇りのち晴れ SIAM SHADE SIAM SHADE 10thシングル 最高8位 売上17.1万枚
11 BLACK SIAM SHADE SIAM SHADE 11thシングル 最高5位 売上7.9万枚
12 1999 SIAM SHADE SIAM SHADE 12thシングル 最高7位 売上6.3万枚
13 せつなさよりも遠くへ SIAM SHADE SIAM SHADE 13thシングル 最高10位 売上6.6万枚
14 Life SIAM SHADE SIAM SHADE 14thシングル 最高13位 売上4.2万枚
15 アドレナリン SIAM SHADE SIAM SHADE 15thシングル 最高14位 売上2.8万枚
16 LOVE SIAM SHADE SIAM SHADE 16thシングル 最高20位 売上2.2万枚

リリースデータ

2002年3月6日 初登場20位 売上3.2万枚 Produced by SIAM SHADE
5〜9Produced by 明石昌夫
ソニーレコード

メンバー

Vocal 栄喜
Vocal&Guitar KAZUMA
Guitar DAITA
Bass NATIN
Drums 敦士

SIAM SHADE9thアルバム、シングルコレクション。01年12月28日に念願の武道館ライブを達成。年明けに前作のB面集が出たが、この時期に解散を発表02年3月10日、再び日本武道館で解散ライブを行なって解散した。シングルA面を全曲リリース順に網羅したシングルコレクションになっている。ラストのほうのシングルの売上からしてもシングルA面のベスト盤ならもう少し売上が伸びてもいいと思うが既にファン以外には無風状態になっていたということだろうか。解散後はそれぞれソロ活動をするらしい。なおメジャーデビュー以降の作品を全部網羅したBOXが『SIAM SHADE]』としてこの後リリースされた。なお彼らを育てたチーフプロデューサーの中村新一が07年4月に亡くなり、追悼の意を込めて07年11月18日に日本武道館で一夜限りのライブを行なうために再結成している。それに合わせてファン投票による新たな2CD+DVDの3枚組ベスト『SIAM SHADE]T COMPLETE BEST〜HEART OF ROCK〜』もリリースされた。

全体通して聞くとハードなロックサウンドにポップで聞きやすいメロディーが乗った曲が多い。デビュー当初はハードロック路線だったが当時ビーイングを離脱したばかりの明石昌夫をプロデューサーに迎えアニメ『るろうに剣心』の主題歌の6でブレイクしてからはだいぶさわやかな感じが増してきてポップ寄りになっている。といってもハードなサウンドは一貫している。その後、明石昌夫が離れてからはまたハード寄りになってきててラスト3曲では実験的なややテンポ遅めの曲にチャレンジしている。ブレイク曲で売上も飛びぬけてダントツの6は個人的には改めて聞いてみるとそんなにいい曲でもないと思った。メロディーの良さやスピード感なら他にいい曲があるし初期の曲もなかなか。14のズンズン盛り上がっていく感じもかなりハマった。演奏力の高さでも評判の良い彼らだが、素人な俺でもかなり音がまとまっていてテクニカルなのが分かる。1発ヒットの印象が強いがもっと売れてもいいバンドだったのでは。

SIAM SHADE IX A-side Collection

印象度★★★★★

戻る